« 新・千夜一夜② | トップページ | 「次世代」の終焉 »

2014年12月19日 (金)

電力会社が違えば?

 鹿児島県の川内原発と福井県の高浜原発が地元の賛同を得て運転再開に向けた準備を進めている。

 今日の毎日新聞でこんな記事を見た。

 東京電力は18日、春日部(埼玉県)、川崎(神奈川県)、三島(静岡県)の3支社で昨年7月〜今年9月、ケーブル埋設や電線設置などの工事を国や自治体に無許可で11件行っていたと発表した。各支社で書類の申請担当だった20〜50代の男性社員3人が、公道の占用許可を得るための申請書や、占用許可書を社内提出用に偽造していたという。埼玉県警などは公文書や有印私文書の偽造に当たる疑いもあるとみて関係者から事情を聴いている。

 その前の日の17日、東電では福島第1原発の汚染水処理設備(ALPS)から出た約6トンが土壌やトレンチ(電源ケーブルを通すトンネル)に流出したと発表している。原因は本来の移送ラインではない施工中の配管に誤ってバルブを開いたかららしい。

 流出汚染水には、半減期が30年に近く、ベータ線を出すストロンチウム90が含まれている。こんな会社に原発の再開や新設を認めるには、福島県民でなくとも相当勇気が必要だ。いくら原子力規制委員会が「安全だ」といっても、そんな人為的ミスや脱法行為まで見届けられるわけがない。

 関電や九電なら「そんなことは絶対にない」、と言いきれるのだろうか?。

|

« 新・千夜一夜② | トップページ | 「次世代」の終焉 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/58313004

この記事へのトラックバック一覧です: 電力会社が違えば?:

» 「馬鹿は死ななきゃ〜」第二弾 [岩下俊三のブログ]
本州最北端にある大間町は当然青森県より北海道文化圏という肌合いが強い。 それゆえ 大きな買い物、つまり街へ行くというときはどうしても距離的に近い函館に行ってしまうし ... [続きを読む]

受信: 2014年12月19日 (金) 17時24分

» 楢山節考 [岩下俊三のブログ]
日本国は「今」ただ暮れなずむのに任せて黄昏ているのだけれど、この借金大国、放射能蔓延の少子高齢化社会にも「未来」は「ひょっとして」あるのかもしれない。 いくら安倍晋三 ... [続きを読む]

受信: 2014年12月20日 (土) 12時25分

« 新・千夜一夜② | トップページ | 「次世代」の終焉 »