« 安倍・自民流”グローバル” | トップページ | 逸ノ城は怪物? »

2014年11月 4日 (火)

高砂駅

 久しぶりで「男はつらいよ」シリーズの本拠地・柴又に行って見たくなり、京成電鉄に乗った。上野方面からは、かつて柴又駅がある金町行直通電車があったが、たいていは高砂駅で支線乗換となる。降りたホームの反対側から短い編成で発車する。

 降りたらどうも前と様子が違っており、金町線は5番線とある。階段を昇らなければ行けない構造だ。すると出口に向かう改札口しかない。駅員に聞くと5番線はそこを出ないと行けないという。 

 出てもわからないので、再び駅員に聞く。するとその先にある別の改札口をもう一度通らないと行けないことが分かった。同じ会社線の乗り換えで、2度も改札口を通させるなど聞いたことがない。

 しかも、この駅は北総鉄道など他社線も発着するが、その方は、改札なしだ。金町線は高砂の次が柴又駅で、駅前やホームや電車はたびたびロケに使われたので、ご記憶の方も多いと思う。高砂乗り換えを含め、その風情は郊外電車そのもののだった。

 帰りもそこを使う。異様に高い新ホームから2度改札を通って今度は成田方向に行く。途中にあった、電光掲示板で快速成田行の次が普通津田沼行とありそれに乗るつもりで階段を下りた。

 すると、普通津田沼行と表示された電車が待っており、それに乗って腰かけた。するとまもなく、反対側ホームに同じ普通津田沼行表示の電車が到着した。変だぞ、と思って降りたのがよかった。

 乗っていた電車はいつの間にか快速電車に表示が変わっている。これは詐欺だ。そのまま乗っていれば、降車駅を通過されるところだった。この駅は、6方向へ行く電車が交錯し、その上各駅停車ら快速・急行・特急・成田空港特急など、プロ級の知識がないと使いこなせない。

 なのに掲示は不親切で、駅員もすくない。ひなびた地元密着型の郊外電車がどうしてこうなってしまったのだろう。塾頭の思うところ、都心・成田空港・羽田空港間や、遠距離通銀客確保を目的とした企業間競争の激化だ。

 いやでも利用せざるを得ない地元住民は二の次、利益優先策としかうつらない。社会の公器という言葉が、あらゆる方面で手の届かないところへ行ってしまうようなさびしい気がした。寅さんなら何んというだろう。

|

« 安倍・自民流”グローバル” | トップページ | 逸ノ城は怪物? »

散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57883780

この記事へのトラックバック一覧です: 高砂駅:

« 安倍・自民流”グローバル” | トップページ | 逸ノ城は怪物? »