« 拉致問題の政略化 | トップページ | 出てこい出てこい池の鯉 »

2014年10月18日 (土)

靖国、断固反対に断固反対

2014.10.17 「産経ニュース」

安倍晋三首相が靖国神社に「真榊」を奉納し、超党派の議員連盟が参拝したことに関して「中国は、靖国神社に関する日本国内のマイナスの動向に対して、重大な関心を表明し断固反対する」との談話を発表した

 安倍首相をはじめ保守政治家たちもさることながら、中国外務省もすかさず判でついたように「断固反対」声明を出した。こういうばかなことは、いいかげんやめてほしい。首相の公式参拝に断固反対したり、A級戦犯の分祀などを考えるのは日本人がする。

 現に小泉首相の参拝後には、日本国内でそういった議論が沸騰し、いい線まで行っていたのだ。それが最近下火になって消えかかっているのは、敢えて言えば中国などの内政干渉的態度に一半の責任がある。

 ことあるごとに、靖国神社が宣伝をかねた記者発表をする。それを競ってマスコミ各社が賛否のいかんにかかわらず報道する。そうして中国などの反応を見てまたこれを書きたてる。中国では考えられない言論の自由が跳梁する世界だ。

 それを自国の基準で、多分国内向け効果も計算した上のことだろう。しかし、中国外務省の断固反対声明で最も喜ぶのが日本の右翼だ。度重なる反日声明で、ますます日本の批判勢力が委縮してしまう現状を考えているとは、とても思えない。

|

« 拉致問題の政略化 | トップページ | 出てこい出てこい池の鯉 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57712212

この記事へのトラックバック一覧です: 靖国、断固反対に断固反対:

» この女性たちは自分の子供を国に捧げられるのだろうか? [飯大蔵の言いたい事]
 今度は三人の女性閣僚の靖国参拝が大きく報道されている。その台詞はいつものごとく神経に障る。国難に際し命をささげられたみ霊に対し、心を込めてお参りをした。 国のために尊い命をささげられたご英霊に感謝の誠をささげた。 国策に殉じられて尊い命を落とし、国の存立を守ってくれた方々に対して、感謝の気持ちと哀悼の誠をささげてきた 百歩あるいは千歩譲って、最後に沖縄を攻められたとき、国難に対し戦った人たちを言うのなら、まだ分らないでもない。「国」という大きな概念の言葉を使って防衛戦争だと主張するな...... [続きを読む]

受信: 2014年10月18日 (土) 22時14分

« 拉致問題の政略化 | トップページ | 出てこい出てこい池の鯉 »