« 出てこい出てこい池の鯉 | トップページ | 経産役人高笑い »

2014年10月20日 (月)

小渕大臣と死せる孔明

 小渕経産大臣辞任の記者発表があった。自らの政治資金の私的使用はなかったと弁明したが、講演会の収支報告については、参加者全員からの会費入金は証拠書類コピーを提示したものの、その収支記帳はあったりなかったりで不明朗のまま、小渕大臣にも理由が分からず、第三者による調査委員会を設け調査するという。

 そうすると、この事件は監督責任のある小渕氏は別として、講演会幹部に大きく疑惑がかかってくるわけだが、会見の冒頭で「講演会の皆様にも大変お世話になっており、心からお詫びを」などと言って気配り優先だ。

 会見場の雰囲気は、安倍内閣で将来総理候補にもなれる、優秀で若い女性議員ということからか、一敗地に塗れた負け犬という追及の有様ではなかった。この先頑張るだろうが、残念ながら議員としてはすでに死に体である。

 そこで、やや遠い比喩になるが「死せる孔明、生ける仲達(司馬懿の字)を走らす」という『三国志演義』の文句を思い出した。テレビでは見せ場の映像がとれる会見だが、特番とするなど大騒ぎする内容ではない。

 蜀を支えた天才的軍師・諸葛孔明の死を隠し、木像を積んだ車を戦場に向けたところ、それを恐れた魏軍が攻撃をやめて散りぢりになってしまったという故事だ。記者は、後援会のあり方を含め、原発再開やTPPなどもっと安倍内閣の今後に関する影響についても追及すべきだった。

|

« 出てこい出てこい池の鯉 | トップページ | 経産役人高笑い »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57732575

この記事へのトラックバック一覧です: 小渕大臣と死せる孔明:

» 市民に告ぐ:「小渕優子や松島みどりが真の敵ではないのだ」 [岩下俊三のブログ]
はなはだ失礼であるが、なるべくなら見たくないもの思い出したくないもの、想像すらしたくないもののランキングが、もしあるとすれば松島みどりのチアガール姿はかなり上位を占め ... [続きを読む]

受信: 2014年10月20日 (月) 14時27分

» 小渕経産相、松島法相が相次ぎ辞任 [虎哲徒然日記]
 安倍晋三首相は20日午後、小渕優子経済産業相と松島みどり法相の辞任について「任命したのは私で、任命責任は私にある。こうした事態になったことを国民に深くおわびする」と ... [続きを読む]

受信: 2014年10月20日 (月) 19時38分

« 出てこい出てこい池の鯉 | トップページ | 経産役人高笑い »