« 常任理事国入り?夢でしょ | トップページ | ノーベル平和賞:の反応 »

2014年10月 8日 (水)

”大志”はイスラム国兵

 「少年よ大志を抱け」。クラーク博士は泉下で泣いているだろう。明治維新、日本開拓の原点に立っていた北海道大学。少年の「大志」はイスラム国兵士志願。そして、軽率かつずさんな準備の果てあっさり御用。

 北海道大学の男子学生(26)=休学中=が、イスラム過激派組織「イスラム国」に戦闘員として参加するためシリアに渡航しようとした事件で、男子学生が最近、イスラム教に入信していたことが関係者への取材でわかった。学生が8月にもシリアへの渡航を計画し、断念していたことも判明。警視庁公安部は、学生がイスラム国の思想に傾倒し、シリア渡航に強くこだわっていたとみて詳しい経緯を調べている。(毎日新聞より)

 当塾は、「イスラム国」がマスコミをにぎわすようになってから、下記の通り数本の記事を書いてきた。イスラム教の歴史、教義、現状、戦争など様々だが北大生の信じられないような行動で、まともに書くのもばかばかしくなった。

・神・仏と正義を考える- 14/09/26 記事
・イスラム国に将来があるか- 14/09/23 記事
・イスラム国空爆は失敗必至 -14/09/16 記事
・米、イスラム国打倒へ- 14/08/23 記事

 彼は、現地に行ったにしても改宗は認められず、兵士採用では合格点が得られず、せいぜいでスパイ容疑で逮捕され、首をちょん切られる役を果たすのが精いっぱいだろう。クラークだけではない。北大まで出してくれた親の嘆き、日本国民の迷惑。26歳の命を犬死させなかったこの結末は、アッラーの神に感謝しなければならない。

|

« 常任理事国入り?夢でしょ | トップページ | ノーベル平和賞:の反応 »

中近東」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57606807

この記事へのトラックバック一覧です: ”大志”はイスラム国兵:

» 問題提起:「イスラム国」希望の日本人について。 [岩下俊三のブログ]
ぼくがIT不だから僻んでいってるのではないけれど、イスラム国こそがネット社会に咲いた「あだ花」だと思うのである。もとより善悪とは相対的なものであるから「僕」個人 ... [続きを読む]

受信: 2014年10月 8日 (水) 12時29分

« 常任理事国入り?夢でしょ | トップページ | ノーベル平和賞:の反応 »