« 台風一過 | トップページ | 拉致問題の政略化 »

2014年10月16日 (木)

太陽光発電に冷水

 原発に変る自然エネルギーのチャンピオンだった太陽光発電が、政府・電力会社の消極姿勢により早くもその座を脅かされている。九州電力など大手五社が送配電網の容量不足を理由に買い取り手続きを相次いで中断したためである。(以下、東京新聞2014年10月15日 夕刊)

経済産業省は十五日、有識者による新エネルギー小委員会に、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の新規の認定を凍結するなど、再生可能エネルギー固定価格買い取り制度の抜本見直しに向けた素案を示した。年内に一定の結論を出す。再生エネの拡大に貢献してきた制度は、準備を怠ってきた国と非協力的な電力会社の姿勢により二年余りで破綻、大幅に見直すことになった。再生エネ普及の象徴として各地に建設されてきたメガソーラーだが、計画の練り直しを迫られる可能性が出てきた。(後略)

再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度> 太陽光、風力、中小規模の水力、地熱、バイオマスの5種類の発電を、国が決めた価格で買い取る制度。民主党政権時の2012年7月に導入され、国の第三者委員会が採算がとれる価格を設定することで再エネ事業者の参入を促してきた。買い取りにかかった費用は「賦課金」として電気料金に上乗せされ、家庭や事業者などすべての電力利用者が負担する。4月からの買い取り価格は、企業などが設置する大規模な太陽光発電は1キロワット時当たり32円、風力は22円などとなっている。

 なにか、政府・電力会社は新エネルギーを目の敵にしているような感じがする。

 塾頭の所論だが、大規模太陽光発電を電力会社が買い取らないのなら、その分で水を電気分解し、電池として水素を作っておいたらどうか。水素は保管しておけるし運搬も可能だ。中学の理科の実験でもできる簡単な原理でコストは限りなくゼロに近い。

 来年には水素を積んだ燃料電池車が発売されるはずだ。車の中で酸素を反応させ再び電気に戻してモーターで走る。ただ、そう簡単にはいかないというのは、水素の容積を小さくするための圧縮や液体化、保管容器の腐食を防ぐ工夫などが必要になる。また、電気に転換するためには、高価な白金触媒を使わなければならない。

 しかし、これらは着々と克服される機運(下記参照)にあり、白金触媒のかわりにカーボンアロイ触媒を使う研究も進んでいる。これらの開発コストや設備費など、安全な新原発を作るための負担とは比較にならない額で済むはずだ。

 なお、水素は爆発するから危険だ、などという反対論者の発言をTVで聞いたが、気体の軽さから言えば、水素、都市ガス、空気、プロパンガスの順で、福島原発建屋のように洩れたガスが密閉された天井に滞留しない限り、爆発の危険は最も少ない。

【日本経済新聞 2013/8/8  記事】
水素を液体化、体積500分の1に 千代田化工建設の新技術を聞く

岡田佳巳・千代田化工建設技術開発ユニット技師長
 ――「SPERA(スペラ)水素」と商標登録された新技術の中身を説明してください。

 「有機溶剤のトルエンと水素を化学反応させメチルシクロヘキサン(MCH)という化学物質にして水素を貯蔵・輸送する技術だ。MCHは修正インクやボールペンのインクなどに日常的に使われている。例えばガソリンなどと同じようにためたり運んだりできる」

|

« 台風一過 | トップページ | 拉致問題の政略化 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57692813

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽光発電に冷水:

» 太陽電池引取拒否は詐欺か自己責任か [飯大蔵の言いたい事]
 ここに来て太陽光発電の引取拒否が発生したようだ。経済産業省は15日、総合資源エネルギー調査会新エネルギー小委員会(委員長・山地憲治東京大名誉教授)で再生可能エネルギー固定価格買い取り制度(FIT)の抜本的な見直しに向けた検討を本格的に始めた。九州電力など電力5社による再生エネの新規受け入れ停止で、再生エネ事業者には混乱が広がっており、経産省は早急な対策を迫られている。毎日 原発停止に伴って再生エネルギーを増大させるために行った政策で、余りに高い引取価格故に投機屋が参加したわけだ。それも増...... [続きを読む]

受信: 2014年10月17日 (金) 01時06分

« 台風一過 | トップページ | 拉致問題の政略化 »