« インド合意の評価、各紙に差 | トップページ | 「あき」2題 »

2014年9月 4日 (木)

イギリスが大変

 安倍改造内閣の顔ぶれに新味がなく、なにか書いてみようという気もおきない。そこで、「イギリスが大変」――なことになりそうだ、ということを書く。

 今月18日のイギリス・スコットランド地方の住民投票で、日本にしてみれば東北地方全体が独立を決定するかもしれないという騒ぎになっている。仮にそうなれば、独立した方はポンド圏を抜けEUに加盟してユーロー圏に入る、残った方はEU脱退……などという可能性がある。ヨーロッパは、ロシアを相手にウクライナなどにかまけていられなくなる。

 クリミアの独立でであれほど大騒ぎしたのに、イギリスとなると日本のマスコミはなぜか落ちつきはらっている。そんなことにはならない、と高をくくっているのだろうか。もし、スコットランド独立が実現すれば、世界中にあやかりたいと思うところがわんさとでてくる。影響は無視できない。

 中東はクルド族、中国のチベットなど自治区。日本だって、辺野古の新基地に反対する知事が当選し、民意が確定してなお政府がそれを無視し続けるような態度を続ければ、「独立派」が前面に出てこないとは限らない。

 イギリスは、同盟国であったり敵国であったりしたことはあるが、明治以来日本にとって手本とすべきなじみ深い国であった。しかし同国の正式名称を知っている人はどれくらいいるだろうか。正式には「United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」で、イギリスという言葉はどこにも出てこない。

 グレートブリテンとは、イングランド、スコットランド、ウェールズからなるグレートブリテン島を指し、それにアイルランド島北部6州で同国に帰属する部分を指す。「イギリス」は多分イングランドからきたものであろう。

 スコットランドが抜ければ、国土の約3分の一がなくなり、国名も変えなくてはならないという大事になる。ちなみに、独立国だったスコットランドがイギリスに編入されたのは307年前、アイルランドが国民投票にかけて独立国家に転換したのが1938年で、イギリスの歴史にはこのような離合集散の歴史があるのだ。

 スコットランドのイギリス編入は307年前だったが、沖縄はまだ135年しかたっていない。新入閣の山口俊一沖縄・北方、科学技術大臣や、石破茂地方創生、国家戦略特区担当大臣など他の閣僚も含め、そこまで考えているとはとても思えない。

 スコットランドは、伝統的な古い文化を持っており、宗教はカソリックが多いとされる。政治的には金融資本の集まるロンドンの新自由主義的政策より、鉱工業発展に重きを置く労働党の勢力が有力だ。所得格差があるといっても、それらが国を分けるほどの問題なのだろうか。

 選挙見通しについては、以下のロイター電を転載する。

[エジンバラ/ロンドン 2日 ロイター] - スコットランド独立の是非を問う住民投票が2週間後の18日に迫る中、世論調査で独立賛成派が初めて40%を超えたことが分かった。調査会社ユーゴブ(YouGov)が明らかにした。
 
反対派のリードは1カ月前の22ポイントから6ポイントまで縮小した。
 
世論調査は8月28日―9月1日に実施された。回答者は1063人。
 
これによると、42%が独立に賛成、48%が反対、8%が態度を決めかねているとし、2%は投票に行かないと回答した。ユーゴブの調査で独立賛成派が40%を超え、反対派が50%を下回ったのは初めて。
 
態度保留などを除くと、賛成派は47%、反対派は53%となった。
 
ユーゴブのプレジデント、ピーター・ケルナー氏は「今や賛成派の勝利は現実に起こり得るところまで来た」との見方を表明。住民投票は接戦になると予想した。

|

« インド合意の評価、各紙に差 | トップページ | 「あき」2題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

後醍醐天皇の皇子の護良親王ゆかりの大塔村も五条市になるなるなど、
平成の大合併では歴史はあっても小さな自治体は存続出来ずに、なくなって仕舞う。
トンデモナイ田舎の村が何故か表記だけは『市』なのですが、行政効率だけなら向上したかもしれないが、大きな基礎自治体は少しも地元住民の利益とは成らない。
数年前の紀伊半島の大豪雨被害では、近くに役場が無くなった、これらの合併した元村や町の損害が大きい。
イギリスだけではなく日本にも言えるが中心にある首都だけは栄えるが、周辺部の東北地方とかスコットランドなど地方は衰退するばかりです。

昨日の3日放送のNHK歴史秘話ヒストリア「はるかなる琉球王国〜南の島の失 われた記憶〜」
ですが、今のNHKをは思えない驚きの内容だったのです。琉球ですが日本の外れの僻地であることを最大限利用して、中国や東南アジアとの交易で栄えていた。
本土のヤマトの王権とは別の文化を持つ琉球王国が500年間も存在していたが、廃藩置県で日本軍が武力で合併してしまうと言う、日本の偏狭な右翼が湯気を出して怒りそうな内容だったのです。

投稿: 宗純 | 2014年9月 4日 (木) 17時25分

宗純 さま
コメントありがとうございました。

福島もそうですが、結局は金目でしょ、というのが中央の発想です。

その裏には、いざとなれば切り捨ててもいいという地方差別があります。

琉球処分で沖縄を日本編入するかわりに先島諸島を中国に差し出そうとした明治政府、本土決戦を前に沖縄に犠牲を強いた軍部、講和後もアメリカ施政下に置き、本土並み返還に反する密約までした欺瞞。

沖縄には、先祖が源為朝という伝説があり、縄文人と共通するDNAという日本に対する親近感があります。

それを平気で裏切られたら誰だって考えてしまうでしょう。

投稿: ましま | 2014年9月 4日 (木) 19時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57273039

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスが大変:

» 内閣改造に想う。 [岩下俊三のブログ]
僕の棲んでいるこの薩州で歴史上の有名人はなにも西郷隆盛だけでなく綺羅星のごとくいるのだが、世界的に有名なのはタイムの表紙をかざった東郷平八郎だろう。 また この東郷 ... [続きを読む]

受信: 2014年9月 4日 (木) 12時33分

« インド合意の評価、各紙に差 | トップページ | 「あき」2題 »