« 辺野古工事に大成建設? | トップページ | エボラ出血熱の脅威に考える »

2014年8月10日 (日)

9条の会にお願いしました

Dscf4247 先月末、本塾でなかにし礼さんの詩「平和の申し子たちへ!」を紹介しましたが、集団的自衛権の危険をすこしでも若い人に知ってもらいたいなあと感じ、地元「九条の会市川」」に協力をお願いしました。

 その希望が叶い、下記のようなメールをいただきました。また、チラシの内容も添付されていました。

 集団的自衛権の解釈変更反対の世論は水面下ですこしつづつ増えている感じです。このブログも来年4月で10年目を迎えますが、ストップ ザ アベが実現するまで頑張り続けます。

----------------------------------
なかにし礼さんの詩を、今日の「9の日」宣伝(市川駅北口:午後3時から)の チラシに使いましたので、参考まで添付します。 また、「九条の会」全国一斉行動の呼びかけに応え、「九条の会市川」は、10/25(土) 大洲防災公園で 「九条の会・全国一斉アクション 市川 いちかわ ICHIKAWA・・・・」 を開くことになり、そこでも、なかにし礼さんの詩を朗読することを企画しています。

公園で開くのは、市川市内の300人以上収容のホールが少なく、借りるのが 困難なためですが、閉会後に、市川駅までのデモ(パレード?)を行います。

-------------------------------------
【再掲】
二〇一四年七月一日火曜日
集団的自衛権が閣議決定された
この日 日本の誇るべき
たった一つの宝物
平和憲法は粉砕された
つまり君たち若者もまた
圧殺されたのである
こんな憲法違反にたいして
最高裁はなんの文句も言わない
かくして君たちの日本は
その長い歴史の中の
どんな時代よりも禍々(まがまが)しい
暗黒時代へともどっていく
そしてまたあの 醜悪と愚劣 残酷と恐怖の
戦争が始まるだろう ああ、若き友たちよ!
巨大な歯車がひとたびぐらっと
回り始めたら最後
君もその中に巻き込まれる
いやがおうでも巻き込まれる
しかし君に戦う理由などあるのか
国のため? 大義のため?
そんなもののために
君は銃で人を狙えるのか
君は銃剣で人を刺せるのか
君は人々の上に爆弾を落とせるのか
若き友たちよ!
君は戦場に行ってはならない
なぜなら君は戦争にむいていないからだ
世界史上類例のない
六十九年間も平和がつづいた
理想の国に生まれたんだもの
平和しか知らないんだ
平和の申し子なんだ
平和こそが君の故郷であり
生活であり存在理由なんだ
平和ぼけ? なんとでも言わしておけ
戦争など真っ平ごめんだ
人殺しどころか喧嘩もしたくない
たとえ国家といえども
俺の人生にかまわないでくれ
俺は臆病なんだ 俺は弱虫なんだ
卑怯者? そうかも知れない
しかし俺は平和が好きなんだ
それのどこが悪い?
弱くあることも 勇気のいることなんだぜ
そう言って胸をはれば
なにか清々(すがすが)しい風が吹くじゃないか
怖れるものはなにもない
愛する平和の申し子たちよ
この世に生まれた時
君は命の歓喜の産声を上げた
君の命より大切なものはない
生き抜かなければならない
死んではならない
が 殺してもいけない
だから今こそ!
もっともか弱きものとして
産声をあげる赤児のように
泣きながら抵抗を始めよう
泣きながら抵抗をしつづけるのだ
泣くことを一生やめてはならない
平和のために!

|

« 辺野古工事に大成建設? | トップページ | エボラ出血熱の脅威に考える »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/57043010

この記事へのトラックバック一覧です: 9条の会にお願いしました:

« 辺野古工事に大成建設? | トップページ | エボラ出血熱の脅威に考える »