« 国民世論は、「難しい」 だ | トップページ | 徴兵検査 »

2014年7月 8日 (火)

菅古鳥

 菅直人オフィシャルブログから引かせてもらう。
http://ameblo.jp/n-kan-blog/

 昨年の参院選の時も、原発立地県に原発ゼロの遊説に出かけようとすると、いくつかの県の民主党から「地元で反発があるから遠慮してくれ」という声が上がった。原子力ムラは原発ゼロキャンペーンを沈黙させるために、経済界、労働界を通して影響力を行使する。

 40代、50代の政治家は、60代以上の政治家よりも将来のことを考え、経済界や労働界に睨まれることを避けようとする傾向が強い。集団的自衛権についても60代以上の政治家の方が若い世代の政治家より反対の姿勢が明確だ。

 かつては若い世代がラジカルで反体制的であったが、今は若い世代の方が一般的に体制的だ。

 数年前、団塊世代を中心とした「団塊党構想」を進めたがとん挫した。もっと幅広く、「孫の世代を心配するオーバーシックステイの会」、略称オバシーの会でも考えるか。

 半畳を入れる気はさらさらないが、一国の総理大臣を経験し、海千山千の政治家経験が長い大物議員だろ。それだけの菅録があるのに、「オバシー」ではちょっと情けないのでは。先輩として後輩の間違いは正し、全国民の負託にこたえるよう訓戒し、ハッパをかけるようでなければ……。

 ――オーバエーの会員より――

|

« 国民世論は、「難しい」 だ | トップページ | 徴兵検査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/56726089

この記事へのトラックバック一覧です: 菅古鳥:

» 日本人の心得 [岩下俊三のブログ]
我々日本国民は我が国のこの内閣総理大臣のご真影を拝したてまつり、かたじけなくもその尊大なお姿にみな敬意を払わなければなりません。 また 大手マスコミのカメラマンの方 ... [続きを読む]

受信: 2014年7月 9日 (水) 10時33分

« 国民世論は、「難しい」 だ | トップページ | 徴兵検査 »