« 第一次世界大戦年表② | トップページ | 第一次世界大戦年表④ »

2014年7月15日 (火)

第一次世界大戦年表③

Plc14071422580023n1q陸上自衛隊が14日、フランス革命記念日の軍事パレードに参加し、自衛官3人が日の丸を掲げてパリ中心部のシャンゼリゼ通りを行進した。今年は第一次大戦開戦から100年に当たり、当時、参戦した国などが招待された。自衛隊が単独で外国の軍事パレードに参加するのは初めて(記事・写真=産経msnより)。

1916(大正5)年
 3月 参謀本部、粛親王の宗社党を援助し満蒙独立
          運動を画策。
 4~5月 英・仏・露、中東・トルコ分割秘密協定取り
           決め。
 5/1 ベルリンで大規模な休戦要求デモ。
 6/6 袁世凱、没。
 7/1 ソンム(フランス北部)の戦い。11/19まで続く。
         英軍始めて戦車使用。会戦による死傷者、英軍
    40万・仏軍20万・独軍45万。
 7/3 第4回日露旧約調印。▼大戦は国家の総力をあ
    げた死闘となり、経済的、政治的苦境なたったロ
    シアの援助を連合国側から求められた。これに
    応じて攻守同盟を結ぶとともに、秘密協定でこれ
    まで日本の勢力範囲を満蒙としていたのを中国
    全土とすることを認めさせた

 8/13 中国奉天省の鄭家屯で日中両軍衝突、日本
     軍戦死者11人。
 9月 露軍の攻勢独オーストリア軍に阻まれる。死傷
    者100万人を数え軍隊の士気低下。
 12/12 独、対連合国和平交渉の意思を米へ伝達。
 12/13 独の講和提議により東京株式市場大暴落。
 12/18 ウイルソン米大統領、交戦国に和平条件提示
      を要請。
     ▼ウイルソンは1915年前半に腹心をヨーロッパ
     に派遣し軍縮や公海の自由、自由貿易などの
     実現を条件として和平を斡旋したが実らなかっ
     た。新興大国扱いされるアメリカの発言力には
     限界があったのだ。
      一方、1915年6月に発足したタフト前大統領ら
     が主導して「平和強制連盟(League to Enforce
     Peace )」が大戦の講和を機に戦争を予防する
     国際機関の設立を提唱していた。ウイルソンは
     これに支持を表明した。
      これがのちの「14カ条」提案や国際連盟提案
     にむすびついていったのは明らかであった。

|

« 第一次世界大戦年表② | トップページ | 第一次世界大戦年表④ »

データ・年表」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/56796376

この記事へのトラックバック一覧です: 第一次世界大戦年表③:

» 電気は足りている。足りないのは晋三の脳みそだけだ!! [岩下俊三のブログ]
僕は外国語が苦手であり外国が嫌いである。しかも外国人は信用ならない。ちなみに公共の場でテーブルや椅子に荷物を置いたまま「一瞬」席を外して、無事なのは日本だけである。場 ... [続きを読む]

受信: 2014年7月16日 (水) 14時40分

« 第一次世界大戦年表② | トップページ | 第一次世界大戦年表④ »