« 怖・読売の自主検閲② | トップページ | 南天は花 »

2014年6月21日 (土)

安倍食堂日替わりメニュー

 日替わりメニューどころか、次から次へ速射砲のように飛び出してくる。15事例、9原則、8事例、3要件、新3要件まだまだあるよ。(写真:左20日・夕、左21日・朝)

 Dscf4227_3


安倍改憲もどき食堂の、食えそうにもないがらくたメニュー。一度、女性・子供の入った絵を描いておいしそうに見せようとした。けど、効果はさんざんだったよね。公明党、食えそうにもないのにしかめっつらをして無理やり食べさせられている。可哀そうに「もうたくさん」と言えないのだ。

 集団的自衛権料理だと思っていたら、突然メニューにない集団安全保障料理がでてきた。これなら国民は知らないからまちがって食べてくれるかも知れない。ところが……。

 残念でした。塾頭でさえ、そんなのとっくに知ってるもん。守りから攻めへの大論理飛躍。また湾岸戦争でもあったら、イラクに真っ先に攻め込めるという魂胆でしょう。真っ先でなくとも機雷除去や物資輸送など大威張りで参戦し、アメリカさんにいい顔をしたいんだ。

 そんなに、戦争がしたければ、国会議員3分の2以上の賛成と国民投票で憲法を変えなくてはいけない。これが国民大多数の意見だ。それを20人足らずの閣僚だけで憲法解釈を勝手に変え、それに見合う法律を議員の過半数で成立させて「合憲です」ということにしてしまおうという、いままで誰も考えていないことを思いついた。

 思いつきだから下ごしらえはなく、味付けも仕上げもいい加減なものだ。お粗末な日替わりメニューや、ハプニング献立で人目をごまかそうとする。今書いたばかりの「集団安全保障」は、今朝の新聞でもう取り下げたらしい。

 あまりにも下心が見え見え、味もそっけもない速成料理に、一部の地方議会から「みっともないからやめたら」という声が上がり始めた。官僚も安倍ごのみのお利口さんだけではない。自民党内にもじれったくて仕方がない人がいる。

 公明党さんだけにつらい思いをさせては、申し訳ないものねえ。この日替わりメニューは、公明党をゆさぶるためだという解説もあるが、国民は明らかになめられている。「安倍さん。もう食事はとっくに済んでるよ」。みんなでそう声を上げようよ。

|

« 怖・読売の自主検閲② | トップページ | 南天は花 »

憲法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今朝のテレビを見ていて、あっと思い出されたことがありました。

湾岸戦争のころ、閣議採決で憲法9条を解釈し今と同じことを計画実行したのは小沢一郎氏だったことです。

つまり、あおのとき強引と批判を浴びた小沢一郎氏の考えをほぼ忠実に今の安倍政権で遂行しようとする結果となっているようなのです。

ということは、あおのときと共通のブレーンが存在しているということでしょうか?

投稿: 玉井人ひろた | 2014年6月22日 (日) 09時24分

小沢さんと云えば、竹下派会長代行の立場で、次期総裁候補の宮沢さん、渡辺ミッチー、光塚さんを個別に呼んで個人面接をするなど、大変な権勢を誇った頃ですよね。

 湾岸戦争では、何かしなければならないと焦っていた。今の安倍首相と違って、「国連軍としてなら」という発想の持ち主なので、角度は違うがなにか参加できる方法はないか、という発想なのでしょう。

投稿: ましま | 2014年6月22日 (日) 10時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/56565132

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍食堂日替わりメニュー:

» これはチクリではない。ひき逃げ犯のような都議に天誅を下しているのだ! [岩下俊三のブログ]
彼女の悔しさはよくわかる。 殺人だろうが、泥棒だろうがきっと何らかの「訳(わけ)」があり、それなりの悲しみや辛さのけっかであるから、それでも僕は寛容でありたいとおもっ ... [続きを読む]

受信: 2014年6月22日 (日) 11時27分

« 怖・読売の自主検閲② | トップページ | 南天は花 »