« 党首討論は海江田完敗 | トップページ | 変る中東変わらぬアメリカ »

2014年6月13日 (金)

公明党の岐路

 集団的自衛権容認に関する自公の応酬は、ここへ来て安倍首相の強気な指示により、公明党側が何らかの譲歩を強いられ連立維持に向かう方向だという。

 これまで事例のひとつとして、米艦を公海上で自衛隊が防護するというものがあった。塾頭は、以前からあり得ない話としているが、自衛隊側による先制攻撃、または撃沈・撃退をせずにどう守るのだろう。領海内なら、安保条約とか国連憲章の自衛権でそういったことが可能である。

 公海上も日本の船が攻撃されるようなことがあれば、日本船上は領土と同じだから自衛権発動と称してもおかしくない。そこで、安倍首相は、米艦に日本人避難民が乗船して居たらなどといって絵解きをして見せた。

 敵軍はそんなことを承知しているはずはない。かりに公表されていても、交戦国が敵のいうことを信じる必要はない。4日の記事で、たとえ病院船であっても機材や兵員を輸送していると考えるのが「戦争」の非情さだという例をあげた。

 さて、安倍事例の場合、あるとすれば潜水艦による魚雷攻撃だろう。米軍の要請は、多分日本が世界に誇る哨戒能力だ。潜行中の敵艦発見は、それほど困難でない。しかし、領海内と違って浮上航行しない潜水艦を「怪しい」とするわけにいかないし、また敵艦にも航行する権利はある。

 ことわっておくが、ここまでは日本にとって敵国ではないのである。魚雷は発射後発見されれば命中前に破壊は不可能ではない。ただし夜間とか至近距離でそれが不可能なら相手潜水艦を攻撃沈没させるしかない。この瞬間、敵国になってしまうのだ。

 限定容認論は、拡大解釈の温床だ。程よく育てて9条改正への抵抗を無くしようという方向性であり、仮に上述のようなことが起きたとすれば、国民の改憲への抵抗が一挙になくなる。公明党はよほど気をつけてもらわないと、安倍改憲の術中にはめられかねない。

 
 今日(13日)になって自民党の高村副総裁は、新たな3要件を公明党に示した。3要件のうち、第1の要件が「集団的自衛権」の名をとりたい最大眼目で、「わが国か他国に対する武力攻撃が発生し、これにより、わが国の存立が脅かされ、国民の生命、自由および幸福追求の権利が根底から覆されるおそれがあること」としている。

 上述の引例も、明らかに北朝鮮・韓国をイメージしたものであろう。他国への武力攻撃であっても、限定された場合に集団的自衛権の行使も可能にすることを暗示してており、改憲のための大切な鍵となるものである。また公明党にとって立党の根幹をゆるがしかねない「要件」であろう。

|

« 党首討論は海江田完敗 | トップページ | 変る中東変わらぬアメリカ »

安保」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「阿波丸事件」、アメリカ軍はその非を認めましたが、戦闘とはそういうものでしょう。

公明党は、安倍政権から野党への“帰路”をちらつかされたのでしょうかね

投稿: 玉井人ひろた | 2014年6月15日 (日) 22時02分

阿波丸事件というのでしたか。
よく調べもせず、とぼしくなった記憶だけで書いたもので……(恥)。

まあ、嘘でなくてほっとしました。ありがとうございました。

公明党は太田さん。閣議議事録に花押を書くかどうか。どっちにしても歴史に残ります。

投稿: ましま | 2014年6月16日 (月) 16時26分

公明党ん腰砕けの原因ですが、6月10日にアメリカで飯島勳内閣官房参与(元小泉首相秘書官)が、創価学会と公明党の関係(政教分離)を合憲としていた今までの閣議決定を、内閣法制局長官の見解の解釈変更で、変えると脅したからだとか、あるいは今はフランス政府だけなので実害が少ない創価学会の破壊的カルト宗教認定を、アメリカ政府も行うとの脅しだったとか。
もしも二つの内で一つでも通ったら公明党は即座に崩壊します。

投稿: 宗純 | 2014年6月17日 (火) 16時14分

そういう噂はありますが今の段階ではあまり露骨すぎてできないでしょう。もう一つ東京都の宗教法人認可ですが、カルトにせよ政教分離にしろもっと先にやらなくてはならない団体は沢山あるようです。

投稿: ましま | 2014年6月17日 (火) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/56485562

この記事へのトラックバック一覧です: 公明党の岐路:

» 6/17(火)18:30~、大集会ー解釈で憲法をこわすな!ー [政治Ⅱ]
私は今の日本国憲法を守るべきだと思います。 今も正しい解釈をしているとは思えませんが、 更におかしなふうにするのには絶対に反対です。 安倍総理ならび自民党に強く抗議します。 【閣議決定で「戦争する国」にするな!】 6・17大集会ー解釈で憲法をこわすな!ー 日時 2014年6月17日(火)17:30開場/18:30 開演(18:00~プレ企画) ┗ 日比谷野外音楽堂、その後...... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 00時42分

» 山口 那津男の「才能」。 [岩下俊三のブログ]
ただでさえ「税金」という形で政治家に強奪され、見たくもない猿芝居に膨大な経費を払わされている。 おまけに「地球儀外交」という名の総理の物見遊山に政府専用機が使われ大勢 ... [続きを読む]

受信: 2014年6月14日 (土) 14時33分

« 党首討論は海江田完敗 | トップページ | 変る中東変わらぬアメリカ »