« 海外報道の過・疎ぶり | トップページ | 集団的自衛権と民主党 »

2014年5月16日 (金)

破綻ですね。集団的自衛権

 小泉首相時代、イラク派兵のおぜん立てをするなど向米一辺倒の柳井元駐米大使がキャップで、憲法学者が一人しか加わっていない安倍首相の私的諮問グループの「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」の報告書――、ここまでいうのに5行を費やしてしまった(笑)。

 それがでて、その日のうちに首相が骨子である集団的自衛権について記者会見を行った。報告書を読んでからではなく、その中身は首相の意向そのものであることを承知しているからこそ直ちに会見し、決められたシナリオに沿って発表となったのだろう。

 つまり、見え見えの茶番ということだ。報告書どおりではなく海外での軍事行動を否定して見せたのも、すでにリークして新聞にでていた内容である。ハプニングでも何でもない。集団的自衛権容認の解釈改憲に大反対の塾頭をうならせるような発言でもあるかと聞き耳を立てたのだが、それもなかった。

 これは、難しい問題なので、会見などで歴代の法制局長官組み立てた解釈をくつがえすような論拠は示せないし、その能力もない。国際情勢の変化というが、それと解釈見直しが具体的にどう結び付くのか、そこがスッポリ抜けている。

 目につくのが「海外の国民の命を守る責任」とか「救助をせずに見捨てるのか」という耳あたりのいい殺し文句の頻発である。そういったことに国民が流されやすく、それ以上のことには思いが至らないだろうという安倍流の戦術だとすれば、やはり危険だ。

 会見の反応を紹介する新聞の見出しに「筋が通らぬ」とか「机上の空論」というのがあったが、塾頭の持った印象も全くその通り。上記の懇談会の報告書をそのまま採用しなかったこともあって、どうしても一貫性に欠け安倍首相の真意がぼやけている。かりにそれが実現しても大勢に影響なしということになる。

 そうすると、公明党抱き込みのための猫だましか、国民向けの改憲ワクチンで、しかもそれがすぐばれてしまう低レベルのものだということになるだろう。最後に首相発言の最初の部分にだけ塾頭の疑問を掲げておこう。

 「今や海外に住む日本人は150万人。さらに年間1800万人の日本人が海外に出かけていく時代です。その場所で突然紛争が起こることも考えられます。そこから逃げようとする日本人を、同盟国である米国が救助で輸送しているとき、日本近海で攻撃があるかもしれない。このような場合でも、日本人自身が攻撃を受けていなければ日本人が乗っている米国の船を日本の自衛隊は守ることができない。これが憲法の現在の解釈です」

 150万人とか1800万人というのは、世界全体の話。それが一斉に引き上げてくるわけがない。また、アメリカの艦船に引き上げを頼むようになるまで放置するなら外務当局の怠慢である。その前に自発的に帰るか、残るという人はあくまでも残るという選択もある。

 「日本近海で攻撃があるかもしれない」というのは領海または公海上のことだろう。アメリカ船なら当然アメリカ人と日本人が乗っているはずだ。護衛は自衛権で立派に通るし、日米安保条約では、両国民を守る義務を双方に課している。あまり知られてないが、同条約にはこういったことを想定した「集団的自衛権」という文言がちゃんと入っている。

 日本人が引き上げを余儀なくされた国とは一体どこだろう。北朝鮮?中国?ロシア?、アメリカ船を攻撃する敵国と多分同じ国だと思うが、よく出港できたものである。頭の悪い塾頭にはよくわからない。つまり、ありえないお話だ。

 邦人保護というと、イラン米大使館人質奪回作戦などが思い起こされる。また、過去の大戦争の最初のきっかけや口実が、ほとんど邦人保護による出兵だった。しかし、これは集団的自衛権に関係がない。時間をかけて議論すれば必ずボロが出る性質のものだ。

|

« 海外報道の過・疎ぶり | トップページ | 集団的自衛権と民主党 »

安保」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

理研がインチキ臭い小保方さんのSTAP論文の最終報告書で幕引きを謀ったの日付がエイプリルフールの4月1日。
理研のホームページを見ると遅い3月になっているのです。理研の幹部ですが、発表する日付を一日遅らせて、わざと4月1日を選んでいた可能性があります。
今回の安倍晋三の集団自衛権の日付は5月15日。
ご指摘のように、
幾ら右翼仲間の気心が知れたの柳井俊二や北岡伸一のお友達の安保法制懇メンバーでも、報告を受けて即座に声明は発表したのでは、全く読んでいないし考えてもいないのが丸分かり。
本来なら批判されないように、最低でも翌日にずらします。
安倍晋三首相ですが、82年前の1932年(昭和7年)5月15日に犬養毅首相を『問答無用』と射殺した海軍急進派青年将校のクーデターの五・一五事件の日付を意識していますね。

投稿: 宗純 | 2014年5月16日 (金) 17時23分

五・一五事件ですか。
気が付きませんでした。

札付きの右翼テロリスト、青年将校、生指を添えた犯人助命の嘆願書――。

総ての点で二・二六より悪質で気味の悪い事件でした。

塾頭は〇歳でした。

投稿: ましま | 2014年5月16日 (金) 19時20分

報道ステーションの古舘にしては、GJだった。あの『いかにも』母子のパネル、安倍の命令で作り直させたのだと言っていた。もっとデカく描き直せと指示、徹夜でやり直したんだって。
本日の毎日新聞朝刊二面に『パネルで俺は勝負する』とも、この経緯を記していた。
ガッキー、ガキだな、こいつは!とっちゃん坊やって、死語なのかは知らないが、それしか形容できない。
同じく毎日だが、元関西学院大学の豊下さんのコメント、これが最も私の心に響いた。
安倍や御用学者どものロジックならば、ベトナムと中国が紛争になり…これは現実味、少なくないぞ…ベトナムからヘルプが要請されたらどうなるか?
軍事支援を安倍が拒否れば、中国は『弱腰』と喜ぶだけ(笑)。馬鹿のひとつ覚えで宣う安倍ぴょんたちの『抑止力』は、一気に失われる。
じゃあ、援軍を出したらどうなるか(笑)?
日中紛争は必至ですな!
詳しくは社会面にあるので割愛する。しかし、政治的も危険極まりないテーマを、あんなイラストで情にのみ、訴えかける安倍って男、マジキチですな。キチ○イに刃物、怖いですよ!
豊下さんの指摘は至極もっともだが、何だが、石破の一連の発言は、この先生のツッコミを補うためにありとも思えた。
交戦規定がない憲法、軍法会議なんてセッティングできない憲法…。石破は、だから、作り直そうと言うわけだ。
塾頭氏には公明党について、意地悪なことをコメントしたが、考え直したい。山口党首の戦術的支援に、私も舵を切り直す所存(笑)。
本日の東京新聞『特報』欄での、デスクメモ、その通りだ!
世論で『動かす』のだ。
ダメもとでも、常識的にも過去の度重なる所業からしても、無駄とはわかっている。しかし、今なら大作さんの靴でもキスできるよ、いやマジで!
来るところまで来てしまった。
それにつけても、西岡、西といった学者どもを全面的に活用する読売グループ。許すまじ!

投稿: 暇 | 2014年5月16日 (金) 21時32分

今朝の石破が出演している番組で、読売の編集局長だったかが、「護憲派だったと思われる人が、解釈改憲でなく改憲で行くべきだといっている」と笑っていたが、そ~ら言わんこっちゃない。

本塾は、ズーット安倍自民党改憲策動に対抗するためには各党が改憲案を示しあい、どれが一番いいか国民に選んでもらうのが本当の護憲だ、といってきた。

民主は作れそうにもないし、社・共は「絶対許さない」「断固反対」の一本槍。それでは負けちゃうのが当たり前。今頼りにするのは敵失か大作の一喝だけ。

投稿: ましま | 2014年5月17日 (土) 10時05分

なら、大作の一喝ですな。一喝できる体力があるのか知りませんが。
それぞれが改憲案を出し合うと、どんな結末を迎えるか、お笑い草です。
たちどころに自民的なモノで調整され、おしまい。社共の絶対反対というのは、こと、その点において政治的に支持せざるをえない。また、そこがジレンマでもありますが(笑)、そうしたダーティさ、ファジーさを青臭い正論でけなしてもなあ。やっと、日頃は全くシカトしている憲法を見て、安倍はやばいぞと国民が感じ始めているのに。だから読売グループなんかが、巻き返しに図っているんですよ!怖いんですよ。橋下の慰安婦発言の時の『ミヤネ屋』と同じです!何十分も橋下擁護を橋本五郎たちがやりまくっていました。奴らとは、そういうもの!
まあ、どうでも改憲案出せなら、現行憲法の[よくある翻訳本の作り直し的な]厳しい点検入れた版にしますね。改憲したい右翼チックな奴らへの、あてつけですよ(笑)。馬鹿らしいってね。それでも焦点の九条なら、自国の領土、領海、領空のみ守るガチガチな専守防衛組織として、自衛隊を明記させる。
かつて、おバカな社会党信者とマスコミによって、そのタイトルだけが一人歩きした『非武装中立論』の石橋政嗣プランを叩き台にした、専守防衛と国際救助組織、サンダーバードみたいなものとかにするかなあ。金切り声で『非武装、中立!』って信者向けに言うのとは裏腹に、彼のプランは自衛隊をなかなか上手く捉えていた。九条という理想に向けての不断の軍縮、災害救助活動部隊という、国民の認識を掴み、かつ、究極的には国際連合にアレを差し出す展開まで考え、認めていた。まあ、それでも長きに亘るリーダー格としての責任は問われるか。違憲合法論なんて叫ぶから、揚げ足を取られたんだよ。公明や民社の方が、薄汚いけどよっぽど大人である。
話は逸れたが、そもそも改憲案出し合うって時点で、所謂改憲派にとっては、ウハウハなわけですからね。
まあ、それも民主主義っちゃー、民主主義なのかな(笑)。
ただ奴らよりも明らかにまともな現行憲法をごちゃごちゃいじる『対案』を出すこと、合理的ではない。改憲派を駆逐するって正論、橋下徹劇場に煽られてない?
社共を責めるべきポイントを完全に間違えています!自衛隊を合憲ととっとと認める、つまりは政治的な泥を真摯にかぶらなかったことが責められるべき点であります。解釈改憲と九条は自衛隊違憲だあという論をちゃんぽんにしている(笑)。竹ほうきやバットでミサイルは打ち払えませんという常識が、九条という理想から不幸にして産まれた自衛隊という鬼子を育んだのだ。九条という憲法の縛りで、特殊な軍事組織として今が[曲がりなりにも]あるのだ。
国民の大半は、自衛隊は現行憲法でアリだと認識している。逆に言えば、九条をリライトする必要性はない、専守防衛でいいじゃんである。
それを、読売グループが九十年代から青臭い正論を振り撒いて(笑)、自民党改憲案をサポートしているわけですよ。
村山が首相になった時『速やかに九条に従って自衛隊を解体せよ、さもなくば…』と、わざとらしく(笑)書生めいた主張で改憲論をしていましたね。
今じゃ、イケイケドンドンじゃん。調子こくなって言いたいです。
社共が馬鹿なのは千も承知ですが、こんなのっぴきならぬ時に、理想めいた正論をこく展開ではない!
私はアレを書き改める必要性は限りなく零だと思う。
あえて挑発すれば、死守ですね(笑)。
使いこなしてナンボですよ。環境権とか、幸福追求権を援用して現実社会に根付かせたわけで、加憲ってのは、おためごかしに利用されかねないリスキーさもありますな。
本当に数多の国民が現行憲法で息苦しいのか、弊害、トラブってるのか?
そこです。安倍たちみたいな理不尽案を、反戦を貫く対抗案でやっつけろってことなのかも知れませんが、私はこれ、飛んで火に入るあほうどり、いや、夏の虫にしか思えません。
社共をはじめ、所謂護憲派の『表現方法』が古臭い、ダサい、マンネリだというのは、いくらでもけなせばいいし、現に私もこうしてミソクソに言っている。
しかし、『やっぱり、変えてはならんよ』を置き土産に亡くなった、かつての積極的護憲論者、PKO法案国会で社共の牛歩を手厳しく叱った石川真澄さんの言葉は、胸に刺さっている。
岩見隆夫とは段違いでしたな。

投稿: 暇 | 2014年5月17日 (土) 16時20分

当塾の改憲案は次の通りです。

 現行9条の2項を改め、3項を追加する。

②前項の目的を達するため、外国の領土・領域における武力行使を目的とする軍隊は、これを保持しない。国の交戦権はこれを認めない。

③自衛隊・海上保安隊・警察隊・消防隊その他名称の如何を問わず、公務員が外国の領土・領域内で平和維持その他の国際協力を行う場合の手続きならびに装備等は、法律によりこれを定める。

 自衛隊は軍隊ではない。憲法にのせるなら、警察・消防も命がけの仕事。名前を載せなければ不公平。

投稿: ましま | 2014年5月18日 (日) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/56211129

この記事へのトラックバック一覧です: 破綻ですね。集団的自衛権:

» 内憂外患の場合、独裁者は決まって外患のみを際立たせるのだ。 [岩下俊三のブログ]
集団的自衛権については右や左の旦那様が相も変わらずワンパターンの論評を繰り返している。この陳腐な繰り返しでいったんマッドな学者・北岡伸一らの安保法制懇で極端な右傾化、 ... [続きを読む]

受信: 2014年5月16日 (金) 21時10分

» 「安保法制懇報告書」安倍首相 記者会見!! [王様の耳はロバの耳]
社説[安保法制懇報告書]戦争する国になるのか(沖縄タイムス) - goo ニュース 昨日15日「安保法制懇報告書」の提出を受け安倍首相は夕刻6時から記者会見しました。 偶然そのシーンを見ましたが難しい話を15分に渡って行いました。 難しい話は5分以上すると訳が分か...... [続きを読む]

受信: 2014年5月17日 (土) 08時14分

« 海外報道の過・疎ぶり | トップページ | 集団的自衛権と民主党 »