« 第2次冷戦待望? | トップページ | 未来がない「普通の国」 »

2014年5月24日 (土)

だまされるなよ、公明・結い

 まず、引用(毎日新聞5/24・東京朝刊)。

 集団的自衛権の行使容認など安全保障に関する法整備を検討している自民、公明両党は、武力攻撃に至らない「グレーゾーン事態」で、沖縄県・尖閣諸島を武装集団が占拠した場合を想定し、海上保安官の武器使用基準を緩和する方向で最終調整に入った。また、政府は27日の与党協議会に15事例を提示する。15事例のうち8事例が集団的自衛権に関係する「武力行使」で、公明党や世論の批判が強い行使容認で具体例を数多く示すことで理解を得たい考えだ。(以下略)

 この中身には全く反対でない。ただ、安倍首相の解釈改憲から軍創設の改憲に向けた「ニンジン」であること、なぜ急がさせられるのかを、公明党がどれでけ意識しているかだ。素人でさえ想定できること、政治家なら当然承知しているはずだが、これについてのにニュースをもう一件。(NHKニュースウエブ20日)

(前略)アメリカを訪れている自民党の河井元法務副大臣とみんなの党の中西政策調査会長が19日、ワシントンでラッセル国務次官補らと会談したあと、記者団に明らかにしたものです。
それによりますと、会談で、河井氏は、安倍総理大臣が先週、憲法解釈の変更による集団的自衛権の限定的な行使容認を視野に入れて、検討を進める考えを表明したことを説明しました。
これに対し、ラッセル次官補は「安倍総理大臣の取り組みを歓迎し、支持する」と述べたうえで、ことしの年末までに行う予定の日米防衛協力の指針=いわゆるガイドラインの見直し作業に、集団的自衛権の行使容認が反映されるのが望ましいという認識で一致しました。(後略)

 自民党と一体化を心待ちにしている「みんな」の名がでたので、そこから分かれた江田憲司氏など結いの党。日本維新との合流を目指す中で、石原慎太郎など太陽族と山田・中田両宏といった松下政経塾出の右翼議員が推進する「自主憲法制定」の文言に、がちんこ衝突。

 橋下氏などは「改憲しようというのだから大した違いじゃないの」というが、大違いだ。大体、石原ら発想は、憲法が占領軍に押し付けられたものだから破棄してあらたに作ろう、という暴論だ。国民はそんな権限を議員に与えたことはない。

 「押し付けられた論」は、当塾の何度も否定してきたところで、当時の歴史的検証が進むにつれ一時ほどの勢いを失っていると思ったら、石頭はまだいるようだ。江田さん!ここは一番、頑張ってくださいよ。

|

« 第2次冷戦待望? | トップページ | 未来がない「普通の国」 »

憲法」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

改憲派の人々がよく例として挙げるのが史上最も古いアメリカ憲法、それの改正ですが、それは1万回以上提案され、ほんの何回か‘一部修正’ができたものです。

それに比べ、自民などが訴える改憲は党のホームページなどを見ると、現行憲法を100%新たなものに書き換えるというものであり、とうてい受け入れられないものだという考えの私です。

投稿: 玉井人ひろた | 2014年5月25日 (日) 20時23分

自民の改憲案は格調もなくひどいものですが、まだ、現憲法の改定という筋を踏んでます。押しつけとされる現憲法でさえ明治憲法改定の手順を踏んでいます。

 慎太郎のは、破棄して自主憲法制定をという、革命でもなければありえないような暴論です。あの人のために、尖閣など日本はえらい迷惑をこうむっているのですが、世間?はなにか腫れ物に触るような気がねをしてますね。

投稿: ましま | 2014年5月25日 (日) 21時11分

>石原ら発想は、憲法が占領軍に押し付けられたものだから破棄してあらたに作ろう、という暴論だ。

今も占領軍は日本に居続けているのに、
どうして彼等は、今だったら自主憲法を創る事が出来ると、考え得るのでしょうね。

本当に自主憲法を創りたいのだったら、
まず占領軍の帰国を求める所から始めねば、
筋が通らないと思いますのに・・・・・

投稿: 和久希世 | 2014年5月26日 (月) 11時29分

彼は、押しつけ憲法の表現の自由があったため露出魔めいた小説を書いて賞をとった。その憲法のルールに従って議員になり知事にもなった。

そんなことにはお構いなしの言辞がもてるのか、まだ政治を続けさせている。その一因が橋下さんなのにね。

投稿: ましま | 2014年5月26日 (月) 13時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/56295622

この記事へのトラックバック一覧です: だまされるなよ、公明・結い:

» ?遠隔操作マレーシア機失踪事件?遠隔操作ウイルス事件の笑う犯人 [逝きし世の面影]
『ドクター・マハティールの驚愕の爆弾発言』 マレーシアでは唯一22年間も政権トップに君臨したカリスマ政治家で、国内だけではなく世界的にも有名なマハティール元首相が自分のブログで現代の神隠しにあった『マレーシア航空370便は、・・・恐らくどこか(ディエ...... [続きを読む]

受信: 2014年5月25日 (日) 11時13分

» 安倍君に贈る言葉:「うそつきは泥棒の始まり」 [岩下俊三のブログ]
今我が国では解釈改憲を可能にするための自衛権の議論が盛んであるが、この論の前提となっている「我が国の自衛隊は発足以来一人も殺さず、一人も殺されていない」という自慢話自 ... [続きを読む]

受信: 2014年5月25日 (日) 12時24分

« 第2次冷戦待望? | トップページ | 未来がない「普通の国」 »