« 不粋な安倍首相 | トップページ | 侵略に定義はないという安倍流 »

2014年4月23日 (水)

歌麿「深川の雪」を見て

 見て……といっても、現物はまだ見ていない。4/22日のTVによる紹介・解説番組を見ただけである。この絵があることは、モノクロ写真の存在でわかっていたがこの度実物が国内で発見された。縦199cm×横341cmという肉筆大作で、深川遊郭に降る雪の日の遊女など、27名の姿がえがかれている。

Dscf4211  三部作で、他の「吉原の花」「品川の月」はアメリカに渡り、現在、それぞれ別の美術館に保管されている。右の写真はカタログの表紙でそのほんの一部だか、ジャンケン遊びをしている数人をはじめ、明るく生き生きとした表情は楽しそうで、その場に引き込まれそうな迫力がある(画面を2度クリックしてみてください)。

 同時に、歌麿の芸術に対する執念と、題材となった女性の健康な美が余すとこなく伝わってくる。遊女・芸者、踊り子言い方はいろいろあるが、幕府公認の吉原の花魁より格下とされる売春施設の女性には変わりなかった。

 深川芸者は、戦後の売春禁止法以降姿を消していったが、「かっぽれ踊り」など芸事の伝統をしばらくは持ち続けた。話は変るが、文豪・永井荷風も浅草のストリップ小屋に通い「踊子」を書いた。また、格下である向島の売春宿をえがく「墨東奇談」という作品もある。

 これらは、歌麿の絵につながる日本の文化の一端を示したものである。もちろん日本にも「身を投ずる」とか「賤業」という言葉があるように、売春がほめられた職業ではないとされていたことは、いうまでもない。

 しかし、人としてのプライドを高めるため教養を身につけ、芸事に専念し、明るくふるまう姿を、彼女らの境遇を知る歌麿や荷風は、安倍首相ではないが「尊崇の念」をもって見ていたのではないだろうか。

 女性蔑視とか、差別とか、性奴隷とは全く逆の理念である。朝鮮にもキーセンという独特な文化があった。だからといって従軍慰安婦問題と結びつけるつもりはない。なぜならば、戦争末期の軍部の狂気や、不法が当たり前の最前線ては何が起こったか分からないからである。

 西欧の一部から見ればどう映るかわからないが、日本国内では募集、衛生に関する規制、廃業の自由など、人権に配慮した法律があり、人種差別は強くいましめられていたことを知っている。従軍慰安婦問題があったとすれば、南京事件同様国法にそむく戦争犯罪といっていいだろう。

 ただ、今さら日本文化を言って見ても、海外はもとより国内ですら通用せず、いいわけのように思われるから、日本男性としてくやしいが「河野談話で止めておきましょう」ということだ。

|

« 不粋な安倍首相 | トップページ | 侵略に定義はないという安倍流 »

エッセイ」カテゴリの記事

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

朝鮮人の従軍慰安婦だけが問題とされているが、中国戦線には大量の日本人従軍慰安婦が送られているが軍票での支払いなので敗戦で全部が紙切れになるが、この保障は何も無し。
慰安婦ですが実質的に軍による徴用なのですが、軍属とは看做されないのです。
まだしも朝鮮人慰安婦には民間基金名目で支払われているのですが、これは時期的にアメリカの日本人強制収用の保証金と金額的にも同じだったし多分意味も『戦後処理』で同じです。
本来はアメリカの例にならって日本政府として行うべきだったが、安倍晋三など右翼勢力の妨害を恐れて民間基金名目で行って、このことを理由にして反対運動が起きて、韓国では成功しなかった。
これが未だに揉めている原因であり、今回も連休明けには、河野談話の検証の報告が国会に送られる予定。この検証メンバーはお友達の桜井よし子らなのですから、最初から結論はでている。間違いなく大騒ぎに成ります。
戦後処理ですが、78年前の中国船の徴用問題で貨物船の差し押さえが起きている。これは日本側が裁判で負けて二十数億円の支払い命令が出たが、これに不服で支払っていなかったらしい。差し押さえた船は超巨大で支払額の数百倍の値打ちがあるのです。商売としては企業として支払った方が安上がりだが、如何も日本政府が先例を作ることを嫌がったらしいのです。

投稿: 宗純 | 2014年4月23日 (水) 16時22分

宗純さま コメントありがとうございました。

投稿: ましま | 2014年4月23日 (水) 17時34分

『東京の下層社会』紀田順一郎著 に、その時代のリアルが(深川と、江戸から変わったばかりの東京の違いはありますけれど)記録されていますね。親に売られ、逃げて警察署に駆け込んでも警官に説教をされ連れ戻される。そして、雇い主から暴行を受ける。性病を患い頭髪が抜け落ちても医療を受けられず、カツラをかぶって客をとらされる。そんな女性たちを救おうとする弁護士の活動が記されています。
まあ、芸術は芸術として楽しめばいいんでしょうね。
液晶の小さな画面で見ても、美しい絵です。

投稿: 元谷駅前 | 2014年4月23日 (水) 18時42分

業者にとって女性は商品です。その商品を台無しにするような背徳業者というのはやはり異常ですね。警察がつるんでいれば別ですが。

警察沙汰になるのは、業者にとっても警察にとっても得策ではありません。客が寄り付かなくなります。

投稿: ましま | 2014年4月23日 (水) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/55901577

この記事へのトラックバック一覧です: 歌麿「深川の雪」を見て:

» 「アジア外交、転換のとき」オバマ大統領来日 [逝きし世の面影]
『尖閣でアメリカが認めているのは施政権だけ。主権は一切認めていない』 4月25日安倍総理との1時間半の会談を終えたオバマ大統領は恒例の共同記者会見には応じたが『共同声明』の方は出されずじまい。 26日の帰国時までに何らかの『共同声明』文の発表が無い場合...... [続きを読む]

受信: 2014年4月26日 (土) 10時21分

» どうも安倍晋三くんは喧嘩の仕方を知らないようだ。 [岩下俊三のブログ]
始めに断っておくが僕は韓国人と中国人は知己もいるが基本的に好きではない。その上であえていう。 日本は敗戦国である。 そして歴史は戦勝国によって編まれるのであるから歴 ... [続きを読む]

受信: 2014年4月26日 (土) 16時30分

« 不粋な安倍首相 | トップページ | 侵略に定義はないという安倍流 »