« 自虐史観 | トップページ | 政界再編の夢 »

2014年4月 3日 (木)

一億総幼稚化

 いろいろな調査に「年代別」という分類項目がある。本ブログのアクセス分析にもあるが、10歳刻みで40台まであり、それ以上は50台以上でひとまとめにされる。人口からすると圧倒的多数になるのに不公平ではないか。

 NHKの放送用語に関する意見聴取についてもその区分は同じである。70、80台は無視してもいいと言っているようで、「その年代は不要なのか」とひがみっぽくもなる。なぜこんな書き出しにしたかというと、最近、政治家にしろ学者にしろ超一流であるはずの人の発想・発言・表現の幼稚さが目立つからである。一昔前ならば、誰が聞いてもわかりそうな逃げ口上を人前にさらすようなことはあり得なかった。

 総理としては、森さんの「神の国発言」が有名だが、小泉さんのは「どこが戦闘区域など知るわけがない」など、まだギャグとかレトリックという受け止め方もできなくはなかった。幼稚というか無教養というか目に余るようになったのは、第一次安倍・麻生首相の頃からではないか。

 古賀誠・宏池会名誉会長が、集団的自衛権の行使容認にまい進する安倍首相を「自分が首相で権力者だから自分で決めるというのは愚かなお坊ちゃん的な考え方」とこき下ろしたと報じられたのは先月末である。当塾が「僕ちゃん、偉いんだ」と題した記事を書いたのは2月16日だった。

 総理以外でも続出だ。猪瀬前都知事、「政治は素人なので」「選挙を前に生活に不安があったので」。理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー、「データをきれいに見えるよう加工、悪意はない」←お化粧とは違う。最近では、みんなの党の渡辺代表だ。

 「大きめの熊手を買いました」もさることながら、「党勢拡大のために個人として借りたもので、違法性は無い」とし、DHCの吉田会長が明らかにしたメールについて「たとえ本物だとしても法律違反は無い」と反論。

 塾頭はこのメールは偽物だと思う。なぜならば、塾頭がTVで見たメールの現物という映像には、たしか「5憶円」と書いてあった。億ではなく、憶測の憶、記憶違いの憶である。金融担当特命大臣をつとめ、政党代表になるほどの人である。

 その人が億のつく金を借りるのに、文面をたしかめることもなくずさんなメールを送るはずがないではないか。もしかして江田 憲司一派の陰謀か。それもないだろう。それならもっと本物らしく装うはずだから。

 いずれにしてもこれから先、”一億総幼稚化現象”だけは見たくない塾頭である。

|

« 自虐史観 | トップページ | 政界再編の夢 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/55630545

この記事へのトラックバック一覧です: 一億総幼稚化:

» 集団的自衛権はこんな話? [飯大蔵の言いたい事]
 最近ニュースでこんな風な発言が。公明党に対し、集団的自衛権の行使は日本の安全保障に直接関係がある場合にかぎり、武力攻撃を受けた密接な関係にある国から要請があることなどを要件とすることで、実際に行使が必要なケースは極めて限られてくると説明し、理解を求めていくことで一致しました。NHK 限られるから集団自衛権は行使できるとの論理も無茶なのだが、これは問題の中心ではない。... [続きを読む]

受信: 2014年4月 3日 (木) 21時29分

» 国際司法裁判所で日本の南極海捕鯨が全面敗訴 [逝きし世の面影]
『○○だけど××と看做す(・・だということにする)日本的詭弁(小理屈)』 商業捕鯨のモラトリアム(全面禁猟)後も『科学調査目的』という偽装によって、日本国は南極海で捕鯨を継続していたが、2010年イギリス連邦加盟の反捕鯨国のオーストラリアに国際司法裁判所...... [続きを読む]

受信: 2014年4月 5日 (土) 09時07分

« 自虐史観 | トップページ | 政界再編の夢 »