« 安倍さんに捧ぐ | トップページ | 『アンネ』&『黒い霧』 »

2014年3月 5日 (水)

軍事お××、安倍首相

 安倍晋三首相は4日の参院予算委員会で、集団的自衛権の行使容認に関する有識者懇談会の検討状況として、アフガニスタン戦争を例に「実際に戦争に参加するのではなく、そこに医薬品や弾薬を運ぶことができるかどうかを議論している」と明らかにした。紛争地で活動している他国部隊への武器などの輸送を実現したいとの考えを示唆したとみられる。(東京新聞電子版)

 終戦前年頃、こんな唄がはやった。

♪腰の軍刀にすがりつき
連れていきゃんせどこまでも
連れて行くのはやすけれど
女乗せない輸送船

♪さらばラバウルよ
また来る日まで
しばし別れの
涙が浮かぶ
……

 南方占領地などに対する、武器・弾薬・医療品・食料・兵員の海上輸送とそれへの護衛は、海軍の重要任務だった。敵に制空権を奪われ、輸送船が次々に撃沈されたため補給ができず、島々が自滅、日本は負けたのだ。

 陸軍は輜重(しちょう)兵。車も通れない悪路を重い荷物をかついで泥水をすすり足をとられながら何千里も行軍。敵から見てこれを絶てば勝ち。物陰から敵に狙撃されて死んでも戦功とは縁がない。塾頭はこれにだけはなりたくなかった。

 運ぶこと、即、戦争であることを知らない人が最高指揮官では、とても勝ち目がないね。

|

« 安倍さんに捧ぐ | トップページ | 『アンネ』&『黒い霧』 »

安保」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

「軍事お××」

タイトルで、軍事おバカ、軍事おんち、軍事おたく、などを連想しました。
で、記事を読んだら、最初の2つくらいが当てはまりそうですね。

現実を知らないリーダーは、怖いです。
でも、うっかりしたら、自衛隊員なんか、国の駒だから死んだっていい、そのために「靖国」があるから・・・なんて思っているかもしれません。

投稿: 金木犀 | 2014年3月 5日 (水) 11時41分

題名の連想ゲームにご参加いただきありがとうございました。

かつて「差別だ!」と怒られたことがあるので、正解はしばらく発表しません(゚m゚*)。

「軍事おごり」というのもあって、今でも世界に2~3人いるのかな?。本当はその仲間入りをしたいというのなら、野中さん、加藤さん、山崎さんなどにもお願いして、みんなで引きずり降ろさなければ大変なことになります。

投稿: ましま | 2014年3月 5日 (水) 13時11分

海上輸送とそれへの護衛は、海軍の重要任務だと、陸軍は考えていたのですが、当の海軍は「輸送船のおもり(護衛)など、軍人の仕事ではない。」と思っているどころか「恥」と考えていたのが実態です。

ですから、高速の駆逐艦など使うわけが無く潜水艦にも追いつけない民間船の改造船で護衛、というよりただ付いていていただけではアメリカの思うつぼでした。

海軍上層部は「米国の攻撃などで撃沈されるのは70隻程度」と見積もっていたようですが、じっさいはその4倍以上も沈められました。

海軍の無駄なプライドと、装備へのおごりが招いたことは、今の海上自衛隊に活かされているようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2014年3月 5日 (水) 15時58分

玉井人ひろた さま

詳細な解説ありがとうございました。

陸海軍の角逐、これがひどかったようですね。プロの東条でさえまとめ切れないでサイパンを落とした。

安部ではちょっとというよりとても無理なように思えます。

投稿: ましま | 2014年3月 5日 (水) 16時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/55242801

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事お××、安倍首相:

» 集団的自衛権って晋三の恣意でかってに「行使」できるの??? [黄泉の国から]
日本は約半世紀延々と続いてきた集団的自衛権の「行使」をどうするかという議論をしてきた。そして、、、 国連に加盟しており、国連が定めた集団的な自衛の権利は有しているが、 ... [続きを読む]

受信: 2014年3月 6日 (木) 22時58分

« 安倍さんに捧ぐ | トップページ | 『アンネ』&『黒い霧』 »