« 春の光 | トップページ | 石油帝国主義の終焉 »

2014年3月19日 (水)

今回はロシアに応援

 帝政ロシアにしろ拡張主義ソ連にしろ、塾頭があまり好きになれない国である。ただ、今回のクリミア独立に対するプーチンの動きには(今のところ)肩をもちたい。

 現地に立ってみないと本当のことは分からないが、好戦的な言動をを繰り返しているのはウクライナ暫定政権でありオバマ・アメリカなど欧米諸国である。ロシアの軍事的強圧があったのはたしかだったとしても、銃をつきつけてあれだけ多数の住民が賛成票を投じたわけではなし、平穏な住民投票の中で決まったと見ていい。

 一方暫定政権の方だが、以前からネオナチや民族主義者、左派までさまざまな勢力からなり、それはいいとしても、きっかけの動乱がスナイパーを雇いデモ隊や警官隊に発砲させ、デモが過激になるきっかけをつくったという噂があり、直近のニュースでもクリミア内部で銃撃さわぎがあり1人が死んだという。

 「範囲を限定して経済制裁をする」「G8をやめ、G7にしてロシアを仲間外れにする」など、「住民の意思を尊重する」というロシアに対してなんともせこい対応だ。「投票がウクライナ憲法に違反しているから不法」など、他国が干渉すべき問題ではないし、むしろアメリカ流の民主主義を忠実に実行した結果といっていいのではないか。

 クロアチアのユーゴスラビアからの独立、NATOが軍事介入してまで独立を果させてボスニア独立など、ロシアから明らかなダブルスタンダードではないのかと言われても反論できないのではないか。困ったのは日本と中国である。

 ロシアに近づきたい安倍首相か、「自由と民主主義」のためにロシア制裁に加わらないといってプーチンを応援すれば立派だが、アメリカのポチから抜けだす勇気はとてもないだろう。

 中国の方は、今朝のテレビで「軍事力をかさに尖閣を奪える口実になるからロシアに賛成する」などと発言した評論家がいたが、ロシア流で台湾やチベット独立が合法化される方がよほど怖いはずである。バカかも休み休みに言ってもらいたい。

|

« 春の光 | トップページ | 石油帝国主義の終焉 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ましまさん

中国がチベットの独立宣言を怖がるわけ無いでしょう。
どうしてこういうハチャメチャな論を展開しますかね。

クリミアのロシアへの編入はロシアの武力を背景としたものですよ。
武力が一切無いチベットが独立宣言をして、核兵器を持っている中国が怖がるわけがないでしょう。
馬鹿も休み休み言ってもらいたい。

ダライラマ法王の後継者とされていた少年は、家族ともども中国政府に連れ去られいまだに行方不明なんですよ。
そういう異常なことをやる恐ろしい国なんですよ。
断種政策で、チベット人の中国人化も進んでいます。
何でこんな国のチベット侵略の肩を持つのかさっぱり分かりません。

こうやって自分の意見を否定されると、すぐに揚げ足取りと断定するんでしょうね。

そう決め付ける前に、自分の言っていることが理論的かどうかを再考したらどうですか。

投稿: makoto | 2014年3月20日 (木) 15時40分

チベットをテーマにしていません。そこは「国際社会にそういう(住民投票による)ルールができること」を恐れていると読むのです。

投稿: ましま | 2014年3月20日 (木) 16時35分

わたしも、今回は全く塾長と全く同じことを思ったのです。

西側諸国の論理は‘ロシア流は全て悪い’と決めつけているとしか見えず、ものすごく疑問を持っていました。

これが、欧米諸国が独立容認をしたものだったら、ウクライナの暫定政府がの憲法などを持ち出しても何も問題にならなかったと思います。

投稿: 玉井人ひろた | 2014年3月20日 (木) 18時15分

玉井人ひろた さま

独立から、ロシア連邦入りは急速に進みそうです。クリミアはそうしないと不安なんでしょう。

ロシアはウクライナの他の地域のロシア編入や独立は望んでいないといっており、これまでのスターリン。ブレジネフ、フルシチョフなと゜と比べてもすごく自制がきいているように見えます。

逆に強力なプーチンだからこれができているとすれば、残念ながらオバマをはじめ西側指導者が一枚下に見えてしまいます。

投稿: ましま | 2014年3月20日 (木) 19時58分

オバマは軍事力の行使は無い、ウクライナはロシアの安全保障に密接に関連している語っていて、暗に現在のプーチンの肩を持つ姿勢です。口先だけの介入ですね、
本音と建前(スローガン)とが別々なのです。
もっと不思議なのはウクライナの反政府勢力で、1ヶ月も前にヤヌコビッチ政権を打倒したのですから広場を占拠する意味が無くなっている筈なのに未だに占拠を止めないで居座っている。
報道されていない、何かの裏事情があるようなのです。
報道されないと言えば、選挙監視団で、アメリカなど23カ国が百数十人も派遣してした。選挙は無効との欧米の建前(マスコミ報道)と本音の間の距離が大きすぎます。

投稿: 宗純 | 2014年3月21日 (金) 08時39分

宗純さん、そうだったんですか。それで安心しました。
アメリカがロシアに委託して宇宙ステーションに行っている若田光一さんらアメリカの宇宙飛行士たちが帰ってこれなくなるのではと心配していました

投稿: 玉井人ひろた | 2014年3月21日 (金) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/55431933

この記事へのトラックバック一覧です: 今回はロシアに応援:

» 屈従: ウクライナ国会議員と暴漢、国営TV局会長を殴打し辞任させる [マスコミに載らない海外記事]
Russia Today公開日時: 2014年3月18日 23:58編集日時: 2014年3月20日 12:27 ウクライナ民族主義国会議員と助っ人集団が、ウクライナ国営TVの暫定会長に乱暴し、脅した。 彼らは、暫定会長を反ウクライナ的だと非難し、自分たちは新マスコミ規制当局のメンバーだと主張し、暫定会長に辞表を書くよ... [続きを読む]

受信: 2014年3月21日 (金) 21時31分

» 欧米マスコミが伝えようとしないこと。クリミア・タタール人もウクライナ人もロシア編入に投票 [マスコミに載らない海外記事]
Prof Michel Chossudovsky Global Research 2014年3月18日 3月16日、我々は選択する ネオナチ・ウクライナ あるいはロシア 16 марта мы выбираем или 写真:“3月16日、我々は選択する”: ネオナチ・ウクライナ“あるいは”ロシア? マスコミ報道は、ク... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 08時34分

» Dr.中川のがんの時代を暮らす終了(福島第一原発事故から3年でご臨終) [逝きし世の面影]
『御用学者ではないと強調したドクター中川の最後』 東京大学医学部附属病院の中川恵一准教授は最早助からない末期がんなどの緩和ケアの専門家であるが、いまだ収束の気配すら見えない福島第1原発事故で、大量に飛散した放射性物質の存在は、人体や食物への影響が心配さ...... [続きを読む]

受信: 2014年3月22日 (土) 09時28分

« 春の光 | トップページ | 石油帝国主義の終焉 »