« さよなら原発 | トップページ | 集団的自衛権は慎重審議で崩壊 »

2014年2月27日 (木)

アンネの日記破損犯は……

 ある右系のブログに、「アンネの日記破損犯は中国または韓国の諜報機関・工作員の仕業だ」とあるのを見た。そのような「陰謀説」は、マスコミでなくとも拙・反戦塾ですら、よほどの確証がない限り書けない。

 ただ、東京都内の少なくとも5区3市の38館、計300冊余や横浜市内でも発見されているという数の多さと、短時間(と思われる)のうちに実行された様子から、ユダヤ人を敵視しナチスを信奉する偏執的単独犯ではなさそうな気もしていた。

 毎日新聞の金子秀敏氏による「木語」は、先月末から今月末にかけ、安重根に関連して3週連続で本塾が取り上げた。今日の題は”「アンネの日記」事件”だ。そこに頭書のようなことが書いてあるわけではないが、「事件で警視庁は捜査本部を置いた。犯行の全容を解明しておかないと、のちのち大変なことになるかもしれない」というのが結論だ

 塾頭は、迷宮入りになることを含め、これに全面的な共感を覚える。再三再四になるが「木語」を取り上げ、以下にその前提となる部分を引用させていただく。

だれが、なんのために? いやな予感がする。

 まるで計算したようなタイミングだ。アンネ・フランクはオランダの少女。そのオランダで来月下旬、核安全保障サミットが開かれ、安倍晋三首相も出席する。

 前回の議長国は韓国だ。当然、朴槿恵(パククネ)大統領が出席し、議長国オランダと首脳会談をするだろう。オランダといえば、第二次大戦中、日本軍がインドネシアで捕虜収容所のオランダ人女性を慰安婦にした。従軍慰安婦問題で日本批判を続ける朴大統領が、この問題を取り上げないはずはない。

 その直前に「アンネの日記」事件が発覚した。

|

« さよなら原発 | トップページ | 集団的自衛権は慎重審議で崩壊 »

ニュース」カテゴリの記事

東アジア共同体」カテゴリの記事

コメント

本当に工作員がやっているとすれば、どちらかと言うと中国でしょう。

>ナチス敬愛組織が日本にもいる=日本は危険な国家=わが中国は軍備拡大をしないと危険

と言う理屈になりそうな気がします。

韓国なら、逆効果となる気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2014年2月28日 (金) 08時15分

中国の方が計算が合いますね。ヨーロッパではない、アメリカの方です。

靖国参拝で民主党を『失望』させた。
ユダヤ系アメリカ人の支持基盤はどちらかというと、共和党の方でしょう。イランの替りに日本憎しになればG2がぐっと近くなる。

①レイシズム団体の手柄争い
②ネオナチの出先
③個人愉快犯
④迷宮入り
⑤工作員

そんな順かな(笑)

投稿: ましま | 2014年2月28日 (金) 16時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/55157378

この記事へのトラックバック一覧です: アンネの日記破損犯は……:

» 気味の悪い事件〜「アンネの日記」関連図書損壊〜 [虎哲徒然日記]
「アンネの日記」や関連書籍が東京都内の図書館で相次いで破られた事件で、横浜市の中央図書館も被害に遭っていたことがわかった。同図書館によると、破られていたのは「アンネ・ ... [続きを読む]

受信: 2014年2月28日 (金) 15時41分

« さよなら原発 | トップページ | 集団的自衛権は慎重審議で崩壊 »