« 大雪と都知事選 | トップページ | ケネディ大使に熱い目 »

2014年2月11日 (火)

在日米軍の性犯罪処分、なぜか甘い

 共同通信が次のように伝える。

 【ワシントン共同】AP通信は10日までに、2005年から13年前半にかけて在日米軍が性犯罪で処分した米兵の中で、処分の詳細が分かった244人のうち、3分の2近くは収監されず、除隊や降格、罰金などの処分にとどまっていたことが分かったと報じた。懲戒の書簡を渡すだけだったケースも30件以上に上った。(以下略)

 ブログ・「マスコミに載らない海外記事」さんは、この全文を邦訳している。それによると、国防省によるデータでは、軍全体の軍法会議にかけられた件数が2009年の42%から、2012の間68%に増えているのに、上記記事の期間では、在日米軍がわずかに24%と大幅にすくない。

 通信社は、駐留地、海軍、空軍、海兵隊などで扱いに大きな差が出ていることに対し「混とん状態に瀕している」と非難し、国防省も問題があることは認めている。また議会でもこういったことを深刻に考え軍法会議の改革を考える議員も出てきているが、軍内部には抵抗を示す幹部もいるようだ。

 日本が甘い処分で済ませる住みよい基地なのかどうか。安倍総理大臣どのは、公海上の他国の軍艦を援けるより、基地周辺の国民を助ける方をさきにしなくてはならないと思うのだが――。

 「ええっ、そうではない!?」。
 
 塾頭「つい、言っちゃった。それが本音でしょうね」。

|

« 大雪と都知事選 | トップページ | ケネディ大使に熱い目 »

安保」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/54951155

この記事へのトラックバック一覧です: 在日米軍の性犯罪処分、なぜか甘い:

» 日本では性的虐待加害者米兵の三分の二は服役していない [マスコミに載らない海外記事]
公開日時: 2014年2月9日 21:21 Reuters / Brennan Linsley 沖縄宜野湾アメリカ海兵隊普天間航空基地でKC-130Jハーキュリーズに搭乗する海兵隊員(Reuters / Lance Cpl. David N. Hersey) 日本のアメリカ軍基地の大半の性犯罪加害者は、その犯罪のかどで... [続きを読む]

受信: 2014年2月11日 (火) 14時31分

» 「特殊詐欺」和製ベートーベンやら人間のくずやら脱原発やら [逝きし世の面影]
『耳をすませ、ばか』一字違いで大違い だます阿呆に、だまされる阿呆。『耳をすませば』ならアニメの巨匠宮崎駿の最新作品なのだが、今回は一字違いで大違い。 ベートーベンの有名な逸話は、数々の名曲を残した大作曲家の耳が晩年になって聞こえなくなった話である。 ...... [続きを読む]

受信: 2014年2月13日 (木) 10時35分

« 大雪と都知事選 | トップページ | ケネディ大使に熱い目 »