« 橋下人気のかげり  | トップページ | アブハジア »

2014年2月 5日 (水)

麻原彰晃か長谷川三千子か

 今日の毎日新聞トップのタイトルは次の通りだ。
「新聞社拳銃自殺事件」「NHK経営委員が礼賛」「メディアへの圧力評価」
である。

 これだけでは何のことかわからないだろうが、20年前の1993年10月、強迫罪で服役歴のある行動右翼・野村秋介が朝日新聞に押し入り、社会風刺の似顔絵作家・山藤章二氏の作品を週刊朝日が採用するのはけしからん、といって拳銃自殺を遂げた事件がある。

 山藤氏は夕刊フジにも常連としてでており、朝日の件で直接抗議を受けたときは、作者が詫びをいれ了解されたされていたという。要は何のことか分からないというのが、この事件だった。その野村氏に追悼文を贈っていたのが埼玉大の名誉教授で、去年11月からNHK経営委員会委員になった長谷川氏である。

 新聞には、追悼文要旨が載っているが原文が見たくて同紙電子版の現物写真から判読した。以下がそれであり、旧仮名遣いとなっている。右翼がよく使いたがる旧仮名遣いは、戦時中も何度か改定を受けており日本古来のものではない。現在のものは、アメリカが押し付けたと言いたいのだろうが、これもお門違いである。それより、旧表現であっても、誤記・誤植([]内)はないようにしてほしいものだ。

 (前略)野村秋介氏が、朝日新聞東京本社で自栽を遂げたとき、彼は決して朝日新聞のために死んだりしたのではなかつた。彼らほど、人の死を受け取[受取]る資格に欠けた人々はゐない。人間が自らの死をもつて神と対話することができるなどといふことを露ほども信じてゐない連中の目の前で、野村秋介は神にその死をささげたのである。

 「すめらみこと いやさか」と彼が唱え[へ]たとき、彼がそこに呼び出[呼出?・敬語なし]したのは、日本の神々の遠い子孫であらせられると同時に、自らも現御神であらせられる天皇陛下であつた。そしてそのとき、たとへその一舜[瞬]のことであれ、我が国[我國]の今上陛下[平成天皇?]は(「人間宣言」が何と言はうと、日本国[國]憲法が何と言はうと)ふたたび現御神となられたのである(以下略)

 戦後生まれの長谷川教授と違って、小・中学と皇民教育に浸された塾頭でさえ、理解の範囲をこえるウルトラ張りである。これはもう「ボアで救済される」という、人命軽視の浅原彰晃の世界と同じだ。憲法尊重を繰り返し発言する平成天皇は、一瞬たりとも現御神(あきつかみ)だなどと考えたり感じたことはないだろう。それがコモンセンスというものだ。

 2月1日付で「コモン・センス」と題し7籾井NHK会長の発言を取り上げ、人選のずさんさを指摘した。しかし、このケースはもっとひどい。マスコミに対するテロリズムを称賛する人をNHK経営委員に任命しているのだ。これは、戦前に起きた5.15事件容認の時流を思いださせるのに十分だ。

 即刻解任すべきで、国立大学の教員をしていることすら大問題だ。与野党の政治家はこれに無神経であってはならない。

|

« 橋下人気のかげり  | トップページ | アブハジア »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/54872109

この記事へのトラックバック一覧です: 麻原彰晃か長谷川三千子か:

» こんなのしかいないの?〜NHK経営委員〜 [虎哲徒然日記]
1993年に抗議先の朝日新聞社で拳銃自殺した右翼団体元幹部について、NHK経営委員の長谷川三千子埼玉大学名誉教授(67)が昨年10月、この自殺を礼賛する追悼文を発表し ... [続きを読む]

受信: 2014年2月 5日 (水) 19時56分

» NHK経営委員発言:騒動収まらず  長谷川三千子は選民思想の持主? [自分なりの判断のご紹介:ミラー]
一応ジャーナリズムの一端を担うだろうNHKの会長としての発言はどういうものであるかを全く理解していない人間が出てきたことにより、それを選んだNHKの経営委員が注目を浴 ... [続きを読む]

受信: 2014年2月 9日 (日) 02時05分

« 橋下人気のかげり  | トップページ | アブハジア »