« 「やっぱりね」、2題 | トップページ | 2世紀前の事をいうのはやめよう »

2014年1月22日 (水)

元祖「勝手連」

 都知事選は明日23日の公示を控え、今日注目の細川陣営公約発表会見があるという。その全容は、すでにマスコミに渡っているようだ。報道で見る限り、原発に加え五輪、防災・景観、都市基盤整備、子供と高齢者にやさしい都市モデルの5項目としている。

 当塾はこれまでに、名護市長選の前なら、米軍基地(都内にも8か所14市区町村に存在)問題と地方自治体首長権限、議会や民意との整合性などを争点に、自公が推薦する舛添候補と大きな争点が作れる、と書いた。

 上記の5項目では、他候補との差を際立たせることが困難である。そして、よほどのハプニングが起きない限り、与党の意を受けたネガティブ・キャンペーンなどで苦戦は免れないとも述べた。そのハプニングのひとつが「勝手連」の活躍である。

 政治家では、菅直人元首相が、すでに街頭に立つなど大活躍している。彼のブログには、こうある。

今から30年前の1983年、北海道知事選で盤石といわれた自民党知事候補を破ったのは「横路孝弘と勝手に連帯する若者連合」、つまり「横路勝手連」だ。
 自民、公明、連合の支援を受け、資金的にも組織的にも盤石な舛添氏を打ち破るためには「細川勝手連」が必要。横路勝手連は札幌の夜の繁華街すすき野にも勝手連を立ち上げた。細川勝手連も新宿、銀座、池袋、渋谷といった繁華街に「勝手連」を立ち上げたい。いろいろなデザインの細川勝手連シールを作り、飲みに行った店に貼ってもらうことから始めよう。これなら呑み助も参加できる。

 そう、元祖「勝手連」の活躍は、元衆院議長・横路孝弘氏の応援団だった。政権交代で議長を降り、自由に動ける身だ。彼の掲げる政策は、  1.原発ゼロ社会へ、2.平和憲法9条を守る、3.子育て支援と教育の充実、4.安定した雇用の創出、5.女性の社会進出を促進、6.医療、年金、介護の充実、 7.TPP参加より国内産業を守る、と原発がトップだ。

 彼が議長時代、福島第一原発国会事故調査委員会の報告をまとめた実績がバックにある。細川氏にとっては力強い「勝手連」だ。塾頭が「勝手願望」するハプニングは、小泉純一郎、菅直人のほかに村山富市、福田康夫、鳩山由紀夫の総理経験者の登場だ。

 鳩山氏は、平沼赳夫氏主宰の地下式原子力発電所政策推進議員連盟などに名を連ねていたことや、普天間移転先などの失政の自己批判が前提になるが、まだ知名度は低くない。ほかには、森喜朗、麻生太郎、羽田孜などの各氏がいるが自民党現役か健康上の問題がある人には望めない。

 前段に上げた首相経験者は、いずれも安倍首相独走態勢の現状に危惧の念を持っているに違いない、と塾頭は思っている。なんとかお灸をすえる側に立ってもらえないものか。これだけそろい踏みをすれば、ちょっと舛添氏では歯が立たない。

 オット忘れていた。前首相・野田佳彦氏である。彼は、長浜博行参院議員などとともに細川氏の日本新党創設当時親身な精神的、資金的応援を受けてめざす政治家になることが実現した。何があっても応援に駆けつけなければならない恩義がある。

 彼のブログでも「足手まといにならぬように勝手連として全力で応援するつもりです」と書いている。しかし、細川氏の悲願であった政権交代の可能な保守2大政党の実現を、小沢一郎氏とともに、支持率一けた政党に凋落させる原動力になってしまった。

 ここは、小沢氏同様、「足手まといにならぬように」 心の隅で応援するのが賢明であろう。

|

« 「やっぱりね」、2題 | トップページ | 2世紀前の事をいうのはやめよう »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

細川元首相ですが、本当に首都東京のトップになる気なのでしょうか。
私の知る範囲では、首都の市長が国のトップになる例は聞くが、逆の例は初めての椿事。
出馬会見では、『今の国の目指している方向、その進め方に何か危ういものを感じる』
と日本に対する『危機感』らしいのですが・・・
これを小泉純一郎が全面支援しているが、旗印は「脱原発』
何か動きが胡散臭い。
脱原発で細川支持を表明しているのに、元外務省国際情報局長の孫崎享氏は自分のツイッターで、
『私は小泉首相最悪、細川疑念だが、この最大課題でどう戦うかの選択する時と思っています。』
と呟く始末。
『小泉首相最悪、細川疑念』なのに、何で支持になるのでしょうか。
不思議な胡散臭すぎる選挙戦です。

投稿: 宗純 | 2014年1月23日 (木) 16時41分

 反戦歴40年ですが、細川・小泉劇場を今回だけは支持します。関西からも関東近県からも、東京都民からも応援に行きたいと言われておりますが勝手連の連絡先がわかりません。至急で申し訳ありませんが、ご教授いただけたらと思います。細川・小泉劇場に賛同できない反原発派は、志立派ですから、宇都宮候補が升添・細川を上回る票を一般都民から得られるよう全力を尽くせばよいと思います。 大阪・秋元義夫

投稿: 宇都宮候補もも頑張ってほしいですが | 2014年1月23日 (木) 20時02分

秋元さま

私も詳しくありませんが、勝手連の一つとして下記があります。

「脱原発都知事を実現する会」
http://blogos.com/article/78419/?axis=g:0(参照)
この会はさよなら原発1000万人署名の呼びかけ人のルポライター鎌田慧さんと脱原発弁護団全国連絡会の河合弘之弁護士が共同代表

作家の瀬戸内寂聴さんも名を連ね、更に作家の広瀬隆さん、音楽評論家の湯川れい子さん、社会学者の宮台真司さん、脱原発首長の会の三上元湖西市市長、東電株主代表訴訟の木村結さんなど、長年脱原発を熱心に訴えてきた31名の識者が参加している。

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
連合会館1階 原水禁気付
「さようなら原発」一千万署名 市民の会
電話 03-5289-8224 /8222  FAX03-5289-8223

投稿: ましま | 2014年1月23日 (木) 20時52分

宗純さま

安倍政権の危うさに歯止めをかける人材・手段があればこんな姑息な方法に賛成しません。それほど日本は逼塞状態にあると思います。

孫崎さんの本は私も持っていますが、政治家を単純に反米・向米に区分したり、歴史の事実に誤認があるなど、基本的な面で評価していません。

投稿: ましま | 2014年1月23日 (木) 21時14分

孫崎さんの主張を丸々真実であると解釈するのは危険ですが外務省のキャリアだった天木さんと同じ意味で我々のような一般市民が窺い知れない現場を直接体験している経験は大きいでしょう。
政治家を単純に反米・向米に区分も、
『そのような見方も出来る』と解釈すれば良いのではありませんか。
岸首相を反米の物差しで高く評価しているのは、孫崎さんの特異な点であり、疑問点。
また今回の特定機密保護法では、最後のアメリカが止めてくれるかもしれないと、思っていたらしいですよ。
特定秘密保護法の最大の謎とは、まさに、この法案がアメリカ(オバマ)の指示だったことですね。
この部分が孫崎氏には、理解出来なかったらしい。
今んどの選挙でも同じで脱原発だとしているが、多分勘違いでしょう。
枡添ですが、自公の党本部が応援に及び腰。
最初から腰が引けていると言うか、何か変ですね。
裏では密かに小泉(細川)と通じている(両睨み)と言うことは無いのでしょうか。

投稿: 宗純 | 2014年1月24日 (金) 11時43分

孫崎さんは、吉田茂を向米派に挙げていますがその理由を敗戦後米軍向け慰安婦施設を外相として推進したとしていますが、それを作った8月27日はまだ閣外。

入閣したのは9月17日、名誉棄損も成り立つ大間違いです。吉田は、当時白足袋総理として大嫌いな人でしたが、ベテラン外交官として今では尊敬しています。

ベテラン外交官は「優秀」という先入観がありますが、松岡、加藤のように国を滅ぼすことをするというのも、また歴史の真相です。

投稿: ましま | 2014年1月24日 (金) 13時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/54703317

この記事へのトラックバック一覧です: 元祖「勝手連」:

» 名護市長選は、辺野古移設反対の稲嶺氏が勝利 [虹色オリハルコン]
名護市長選:再選の稲嶺氏「辺野古前提ならすべてお断り」 毎日新聞2014年1月20日(月)00:14  米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設の是非を最大争点とした同県名護市長選が19日投開票され、日米両政府が進める名護市辺野古への移設に反対する現職の稲嶺進氏...... [続きを読む]

受信: 2014年1月22日 (水) 15時17分

» 稲嶺進さん当選おめでとうございます [飯大蔵の言いたい事]
 稲嶺進氏の当選が確定したようだ。名護市長選挙の開票は終了しました。 ▽稲嶺進(無所属・現)、当選、1万9839票 ▽末松文信(無所属・新)、1万5684票NHK 先ずはおめでとうございます。... [続きを読む]

受信: 2014年1月22日 (水) 22時10分

» 細川さんなら危険な安倍政権の圧力になる [虹色オリハルコン]
日本と中国のリーダーが、喧嘩腰の対応をやめないので、二国間の政府の間でばかばかしくも愚かな緊張状態が続いている。 わざわざ、作らなくともいい軋轢を作っている「困ったさん」たちだが、放っておいて取り返しの付かないことになってしまうと笑い事ではなくなると、...... [続きを読む]

受信: 2014年1月24日 (金) 21時31分

« 「やっぱりね」、2題 | トップページ | 2世紀前の事をいうのはやめよう »