« 韓国軍「銃弾、貸して!」 | トップページ | 生方影の沖縄担当相は辞任を »

2013年12月26日 (木)

正念場

 安倍首相は26日午前、靖国神社参拝を強行する。いや、もうしたかも知れない。株式市場では、国際関係悪化を嫌って売り材料となっている(ロイター)。塾頭は小泉首相時代から、靖国参拝はあくまで国内問題であるとし、首相の公式参拝やA級戦犯合祀に反対し続けてきた。

 
 また、安倍首相と会談した仲井真弘多知事は25日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請を承認する方向で最終調整に入った。明27日に県庁で記者会見し正式表明する見通しである。沖縄県民の願いを踏みにじり、元通産官僚としての中央(政治権力)志向に舵を切り替えたということだろう。

 こういった政界の右傾化は、日本国民のすくなくとも半数近くが憂慮しているところである。そういった傾向を促進させることに、中国・韓国の理不尽な日本中傷や行動が後押ししたことは、否定しようがない。

 沖縄の問題で危機的な状況を憂慮する社説を掲げたのは、中央紙で朝日だけ。沖縄県紙2社は、県知事批判を一斉に社説で゛批判している。

沖縄タイムス
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=59553
仲井真弘多知事は、まるで別人のようだった。菅義偉官房長官が作ったシナリオの上で踊らされているパペット(操り人形)のようにもみえた。 (中略)
首相の回答は、文書ではなく、すべて口頭だった。現時点では何も決められず、文書にすると政府が縛られるからだろう。これまでも閣議決定や総理大臣談話でさえほごにされているというのに、実現の担保がない「口約束」というしかない。

琉球新報
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-217159-storytopic-11.html
仲井真弘多知事が「驚くべき立派な内容を提示していただいた」と述べた。この知事の発言自体が、「驚くべき」発言だ。いったいどこが「立派な内容」なのか。
 首相官邸で会談した知事に対し、安倍晋三首相は基地の「負担軽減策」を説明した。だがどれも、新味のない従来の方策か、実現の担保のない口約束にすぎない。知事がなぜ高く持ち上げるのか理解できない。 

 来年1月の名護市長選もさることなにがら、沖縄の米軍基地反対闘争が「ヤンキー・ゴーホーム」に転化したり、「琉球独立」派が勢いを増すと日本政府はもっとかじ取りが難しくなる。中国・韓国の反応もより厳しくなる。

 これらが国際的に評価されることは全くない。孤立を深めるだけだということはたびたび当塾が指摘してきた。来年、そしてこれからの日本はどうなるのか。まさに正念場にさしかかっている。 

|

« 韓国軍「銃弾、貸して!」 | トップページ | 生方影の沖縄担当相は辞任を »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

まさに正念場ですね。それにしても・・・

>そういった傾向を促進させることに、中国・韓国の理不尽な日本中傷や行動が後押ししたことは、否定しようがない

前々から気になることですが、こうした言わずもがなのセリフが、ひょっとして塾頭様御自身「中国・韓国が悪いんだから開戦やむなし」と戦争支持に転じるための布石のような、嫌な予感がしています。「右傾化」の正体は、実はこういうことなのかもしれません。

中韓の「理不尽な中傷」がどこまで実際「理不尽」と断言できるものか、先方の論理をもう少し冷静に見る余裕がほしいものです。

私も最近知ったのですが、浅羽祐樹他『徹底検証 韓国論の通説・俗説』(中公新書ラクレ)という本を御覧になったでしょうか。未見でいらしたら、是非御一読くださいますよう。

投稿: ちどり | 2013年12月27日 (金) 00時52分

ちどり さま
こんにちは。

小生、「反戦」は墓場まで持っていきますからご心配なく(゚▽゚*)。

「理不尽」の中身ですが、『海と周辺国に向き合う日本人の歴史』という自著があるように、古代から現代にわたる3国の歴史研究に20年近くを費やしてきました。

 共産党史が重要な中国では清朝末期、韓国では国家の体をなしていなかった李朝末期の歴史に目をそらす傾向があります。(当塾のバックナンバー「INDEX」など参照)

 それは、安倍首相が戦争に至った、あるいは戦後占領期の歴史に目をつぶろうとしているのに似ています。中国の尖閣を中心とする発言・行動、日韓併合前後の史実解明に手を抜き、証拠のない慰安婦強制連行とか性奴隷キャンペーンを繰り返すことは、史料などにより公正に見て「理不尽」であるといわざるを得ません。

 そういった、「理不尽」の応酬が好戦的な軍部や右翼の暴発をまねいたこと、これも世界史上に多く史実です。だからこそ当塾はそういったことに激しく反応し、警告すべきだと思っているのです。

 

投稿: ましま | 2013年12月27日 (金) 10時47分

御返答ありがとうございます。

あまり枝葉に絡むような野暮はしたくないのですが、「韓国では国家の体をなしていなかった李朝末期の歴史に目をそらす傾向があります」とは何を根拠に仰っているんでしょうか?
以前も御指摘した通り、韓国で「李朝末期の腐敗堕落」は周知のことで、多かれ少なかれ追及も行われているのです。ただそのことを以て日本の帝国主義的侵略(御異論は承知ですが、私はこの定義で間違いないと存じています)を肯定するいわれはない、というだけのことです。立場を代えて考えれば、日本人にも決して不可解な話とは思わないのですが。

慰安婦問題については、先日申し上げた通り私も昨今の韓国政府の「国際キャンペーン」は私も行き過ぎと思っています。しかし「明確な証拠がない」ことを逆手に取って韓国側を「嘘つき」呼ばわりする昨今の日本の風潮も実に感情的で褒められたものではない、と感じています。塾頭様はじめ、理性的な人々までがこうした風潮に取り込まれつつある現状を心から憂いています。

投稿: ちどり | 2013年12月28日 (土) 00時43分

長年の懸案が決着したのだから「前進」と評価してよいのではないですか?
もし沖縄県知事が不承認で決裂していたら普天間移転は振り出しに戻り、基地周辺住民の危険な状況は際限なく続きかねない。
それが解決するのだから住民にとってもプラスだし、政府にとってもプラス。
靖国参拝とあわせ、内閣支持率は上昇するのでないかと思いますが。

投稿: ミスター珍 | 2013年12月30日 (月) 00時16分

キャンプシュワブなど、辺野古に近い現有基地にヘリポートなどを設け、仲井間提案のように5年以内に普天間を閉鎖すれば、仲井間合意を「前身」とみなします。

V字型滑走路は無用の長物化。そうなればいいですね。

投稿: ましま | 2013年12月30日 (月) 10時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/54385463

この記事へのトラックバック一覧です: 正念場:

» 就任一年目が一回忌となるか、大勝利となるか?「強制大国」に邁進する日本と北朝鮮 [黄泉の国から]
高橋哲哉さんというひととは仕事と関係なく個人的な付き合いで二人で寿司をつまみながら白ワインをあけたぐらいだから、「靖国」について彼の丁寧な分析と正当な意見はそれなりに ... [続きを読む]

受信: 2013年12月26日 (木) 15時44分

» 安倍政権をどうしたいのだろうか? [飯大蔵の言いたい事]
 この時期の安倍首相の靖国参拝はいったい何を意味するのか理解に苦しむ。 [続きを読む]

受信: 2013年12月26日 (木) 21時28分

» 安倍首相が靖国神社に参拝した件を前振りに、「新しい国へ 美しい国へ 完全版」 [ポロと旅する&あさちゃん。スポーツ2]
安倍晋三首相が昨日、東京・九段北の靖国神社に参拝。 公明党の山口那津男代表は「賛同できない」と反対したようですが、宗教的観点? 中国や韓国が文句を言うのは「知ってた」ですみますが… アメリカまで(´・ω・`)ガッカリ… というのは、首相の想定の範囲外? …... [続きを読む]

受信: 2013年12月28日 (土) 04時28分

» 安倍首相、靖国参拝 [りゅうちゃん別館]
安倍晋三首相が26日、靖国神社に参拝した。 現職の首相参拝は小泉以来7年ぶり。    【送料無料】靖国に祀られざる人々 [ 田中健之 ]価格:1,890円(税込、送料込) なぜこの時期なのか。 多くの人がいろんな憶測をするだろう。 「なぜこの時期」「有意義」…突然の…... [続きを読む]

受信: 2013年12月29日 (日) 00時14分

« 韓国軍「銃弾、貸して!」 | トップページ | 生方影の沖縄担当相は辞任を »