« 拝啓山口那津男さま | トップページ | 「維新」という名称 »

2013年12月 7日 (土)

危険すぎる日本の政治

 秘密保護法案強行可決→改憲への予行演習。露骨な恣意的人事、原発再生工作等々、それらの独断専行を阻止できない無能な野党。こんなに政治家の資質が劣化したことは、過去にあっただろうか。

 国民の安全が脅かされる事態に大半の国民が気付いていない。政治家が既にそうなのだ。会長交代を前にしたNHKの動向がやや気になりだしたが、幸いにして読売・産経をのぞく多くの新聞はそれに気がつき始めた。そんな中、今回はやや埒外に置かれたような外交での危険性に目を向けてみる。

 先月26日、「富国強兵と防空識別圏」という記事を書いたがその中で、日本は”「デン」と構えている”のが一番だ、と書いた。どうせロクな外交もできないのだから、そうするのが一番国益にかなっている。

 ところが日中ともにバイデンアメリカ副大統領の気を引くことに懸命で言葉の突っ張り合いだ。TVによく出てくる中国外務省などというのは、党や軍部の下働きのようなものなのに、日本は安倍首相がTVにでて「撤回を求める」などとむきになってお相手をする。

 果たしてバイデン氏は、習主席に撤回を求めるようなことはしなかった。日中ともに虎の威を借りる猫丸出しで、恥ずかしい限りだ。何かと騒ぎ立ててアジアに不安定要素をばらまく中国に対しては、「デン」と構えて相手にしないのが相手の孤立をより目立たせることになり効果的だ。

 アメリカや台湾は、民間航空会社の飛行計画書提出を自由に任せた。マスコミは日米間の中国に対する温度差、などとしているが塾頭は違うと思う。日本がやたら突っ張っているだけで、アメリカなどの考えがまっとうなのである。旅客を乗せた民間航空機は安全が第一。相手国の管制下にあると思えば、その管制を全面的に信頼して安全を期すのが常識だ。

 防空識別圏がどうあろうと、飛行計画を出した方がより安全なら民間はそうする。日本でもアメリカでも変わりがない。中国がそこを領空にしたとか領海にしたというわけではないのだ。ただ誰にも相談せず、突然ルールにはずれた行動で波乱を巻き起こしたというだけである。

 かつて、大韓航空機事件というのがあり、ソ連領空に紛れ込んで撃墜された。仮に政府が飛行計画提出を抑え込んで、そのような間違いが起きたら政府が責任をとるつもりか?。よけいなお節介は、乗客にとって非常に迷惑な話である。

 アメリカは、州によって法律が違うように、民間とか個人の判断・選択が尊重される国である。何かというと、「国」を表に出し、権力を集中したがる国とは体質が違う。国が最低限度関与しなければならないことは何か、必要欠くべからざるルールは何かだけを憲法で定めている。

 中国・韓国の宣伝戦の間違いに反論するのは当然だが、世界の常識にそった説明にとどめ、デンと構えていれば、各国の支持が自然に向いてくる。今の日本政府の危険性の方を、各国は警戒しているのだ。

|

« 拝啓山口那津男さま | トップページ | 「維新」という名称 »

東アジア共同体」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

自民党が政権を奪回してから危惧していたことが、
次々に現実のものとなっていて、
ニュースを聞くたびに暗澹たる気持ちになっております。
民意を無視したエネルギー政策には
開いた口がふさがらず・・・。Σ( ̄ロ ̄lll)
でも、無力感に苛まれて諦めてしまってはいけませんよね、子孫のためにも冷静に一段高い視点から、愚かしい政策の方向変換を現実化していかなくては・・・です。

投稿: ヨーコ | 2013年12月11日 (水) 12時46分

リニューアルした新車がかっこいいと思っていたら、あっちこち欠陥が目立ってきた。支持率は50%を切って急落。

このまま走るとどうも危険なようだ。1年かけて回収ができるかどうかが勝負です。

投稿: ましま | 2013年12月11日 (水) 17時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/54174118

この記事へのトラックバック一覧です: 危険すぎる日本の政治:

» 日没するアメリカの新札と日本の特定秘密、日出ずる国の月探査 [逝きし世の面影]
『新100ドル札と偽100ドル札スーパーノートの仁義なき戦い』 10月8日アメリカで偽造防止のため特別な印刷技術が施された新ドル紙幣が予定から2年遅れて発行された。 印刷トラブルなどにより流通が遅れたと発表されているが、100ドル紙幣は1ドル紙幣に次...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 7日 (土) 09時59分

» 特定秘密保護法〜まだ始まり〜 [虎哲徒然日記]
国の安全保障の秘密情報を漏らした公務員や民間人に厳罰を科す特定秘密保護法が6日深夜の参院本会議で、自民、公明両与党の賛成多数により可決、成立した(朝日新聞)。 与党以 ... [続きを読む]

受信: 2013年12月 7日 (土) 19時39分

» 「特定秘密保護法」成立に抗議声明  学者やジャーナリスト団体 [ネット社会、その光と影を追うー]
特定秘密保護法の成立から一夜明けた7日、学者やジャーナリスト [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 10時53分

» “お祭り騒ぎ”の中、ちゃっかりと合意 [つぶやき古道(コミチ)]
特定秘密保護法案(軍事機密法)の採決のお祭り騒ぎの陰で、ちゃっかりと自民党と公明党は憲法改正手続きの最終段階である「国民投票」その「法立」の一部改正に関する方針を事務者協議会で合意してしまいました。 ... [続きを読む]

受信: 2013年12月 8日 (日) 20時01分

» 安倍自民の擬似戒厳令布告(癌登録法は懲役2年の罰則付き) [逝きし世の面影]
『日本国の非常事態宣言か』 全国の病院にがん患者の情報提供を義務付けるがん登録推進法が12月6日午後の衆院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立した。(参議院は既に通過している) 癌登録法ですが、何時も読む新聞には1行ものっていません。 何...... [続きを読む]

受信: 2013年12月 9日 (月) 10時00分

« 拝啓山口那津男さま | トップページ | 「維新」という名称 »