« 武蔵野に見事な紅葉が | トップページ | 富国強兵と防空識別圏 »

2013年11月25日 (月)

猪瀬知事の古典的手口

 ○億○千万円、現金受け渡し、個人資金、妻名義、借入・返済、借用証書、政治資金、選挙……。どっかで聞いた話。そう、小沢一郎・陸山会の政治とカネにまつわり頻出する。秘書が逮捕され小沢本人は、不起訴不当などで取り調べや追及を受け裁判にかけられるなど、今や政界への影響力は無視していいほど低下した。

 似たような単語がポンポンでてくるのが、猪瀬東京都知事と医療法人徳洲会との間のカネのやりとりだ。陸山会の方は帳面につけてあったので不実記載とやらで立件できたが、ノートにつけてもないため、猪瀬の方は立件が困難、というのもおかしな話。

 猪瀬のしどろもどろの弁明はあまりにも見苦しい。素人でさえウソをついているということが見透かされるような、雑で厚みのない発言だ。両者を引き合わせ、カネの授受に立ち会っていたとされるのが新右翼・一水会の木村三浩氏である。

 塾頭は最近のことは知らないが、政治家なら安倍首相の父親・安倍晋太郎、青嵐会であばれていた石原慎太郎、新右翼木村氏の前の代・鈴木邦男氏の時代のことなら、そのカネ集めの実態について一部を見聞きしたことがある。

 今と違ってパーティーなど面倒なことはせず、半ば公然と企業・団体のカネが政治家に渡っていた。鈴木邦男氏には、『右翼は言論の敵か』という著書があるが、その中にある章立て、目次で中身をご想像願いたい。

第七章 右翼運動のカネと暴力
 1 右翼と資金集め
 ・恐喝もお国のため?
 ・「右翼は警察に強い」の深層
 ・裏返しの前衛意識

 右翼も当然運動のための浄財が必要であり、そういった仲介あっせんの中から分け前を得る仕組みのようだ。こういった仕組みはおそらく戦前からのもので、それを利用するのは政治家の器量でもあったわけだ。猪瀬氏がそういったことに疎かったとは到底思えない。それどころか、彼の前歴から熟知していなければおかしい。

 陸山会事件を知らないわけがなく、自分は石原都知事を含め安全圏にいるという思い上がりがあったのではないか。古い事ならよく知っている小沢氏が、「法に触れるようなことは何一つしていない」と言いきっても世間では通用しなかった。

 市民団体が告訴状を提出したというが、東京地検はどうする。石原氏に影武者の役目はつとまらない。握りつぶせればお見事!?。猪瀬氏が、政治の舞台から転げ落ちるのにそんなに時間はかからないだろう。

|

« 武蔵野に見事な紅葉が | トップページ | 富国強兵と防空識別圏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

個人的なら無罪だそうで、急に個人借入れになってきたようですね

選挙や政治活動に使っていた場合は完全な違反、特に東京都知事選挙というのは選挙運動費に「6050万円まで」という制限規定があるそうで、もうすでに億単位の金額だけで選挙違反になるようです。

投稿: 玉井人ひろた | 2013年11月25日 (月) 22時41分

作家の名誉のために言っておきます。物を書くときいろいろ資料に当たります。その中でも借用書というのはもっとも多い部類です。

利息や担保。不要なら不要と書きます。返済期限もない、こんな借用書は見たことがありません。そんなカネは、「ある時ばらいの催促なし」といって、もらったのと同じ扱いです。

こんなことを知らない作家なんているでしょうか。作家でなくとも世間常識ですよね。

投稿: ましま | 2013年11月26日 (火) 16時48分

私は幸いにして借用書を書いたことはないのでこのような文の作法すら知らないが、借用書って、あんなものでよいのだろうか?
口約束でもありと、安倍政権の広報放送ニュースでは解説してはいたから、これもありなのか。
いついつまでに返すとか、貸借関係すらわからない代物だった。
あの映像では、えっ、これって猪瀬が勝手に作成しただけ?と思えてしまう。
ただ理解できないのは、四百三十万を越える投票数だのを評価云々という解説。
こんな解説、無意味である。
ただ、残念なのは猪瀬が仮に辞任したら、もっと右翼チックな奴らが都知事になりかねない政治状況である。
さすがに桝添はないだろうが、小池百合子なんかが出てきたら、暗黒時代って感じ(笑)。
神は細部に宿り給い…ではないが、今や新自由主義と愛国無罪が程よくブレンドされた、お任せ民主主義の時代である。
せめて慎太郎も道連れにして欲しいものである。

投稿: 暇 | 2013年11月26日 (火) 23時55分

暇 さま
 こんにちは

口約束でもいいというのは、一般的に法律上の契約が成り立つ条件を言ったもので、「結婚しましょう」「喜んで」といいながらしなかったら契約不履行になるということです。

借金の場合は貸した、もらった、返せ、借りてないなどあとでいさかいのもとになることが多く、親子の間でも借用書をやりとりしますよね。

猪瀬知事は会見で「これはまさしく正本です」といったように聞こえましたが、普通の「金銭消費貸借契約書」では「本書正副2通を作成し各自その1通を保有する」などと書かれています。猪瀬氏はそんなことをよく承知しているその道のベテランだと告白したようなものでしょう。

投稿: ましま | 2013年11月27日 (水) 07時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/54045540

この記事へのトラックバック一覧です: 猪瀬知事の古典的手口:

» 閻魔自身の目撃情報:獅子頭はかって収録前のロケ弁にがっついていたけれど。 [黄泉の国から]
貧相な容姿のコンプレックスはしばしば上昇志向だけ強くて下品でけち臭い人格を形成する。しかし何と言ってもこの種の成り上がり者の一番の欠点は自己を過大に背伸びして見せるこ ... [続きを読む]

受信: 2013年12月11日 (水) 21時16分

« 武蔵野に見事な紅葉が | トップページ | 富国強兵と防空識別圏 »