« 「若い人」に期待! | トップページ | アメリカの心変わり 1 »

2013年11月 4日 (月)

反戦塾乗13/11/4

楽天の優勝
 震災復興とリンクして大騒ぎ。それはそれでいいけど、もし巨人が勝ったらどうなるのか。まさか「東北の人をがっかりさせて怪しからん」とはいえないだろう。結構なことでも同じ画面を何度も見せられるのは苦痛なものだ。前回記事にした開沼博氏の著作『フクシマの正義』の影響か。

園遊会直訴
 山本太郎参院議員が天皇に園遊会で手紙を手渡したということ。これがそんなに大騒ぎすることか。自民党の一部で「政治利用だ」「懲罰だ」と騒ぐ輩がいるのは、無所属で票を集められる氏へのやっかみだとしても、日本一の大新聞が社説にするようなことではあるまい。会場のエピソードで終わりの話である。

世間をお騒がせ
 JR北海道の保安体制不備、銀行の暴力団不正融資、ホテル等のメニュー不適表示、それに東電の汚染水処理などなど。長テーブルを前に、幹部一同がん首をそろえてお詫びする最敬礼映像はほとんど毎日。せめて相撲放送のように、下から、真上から、斜めからといろいろ角度を変えてみたら。「世間をお騒がせ」というが、貧乏人でそんなところへは行けないおいらは何も騒いでいないよ。

大砂嵐
 相撲といえば大砂嵐。新聞曰く、「外国人力士としては最速の幕内に」だと。「最速」とはこなれない用語だなと思ったら、変換で「催促」の次に出てきた。塾頭の方が古いのか。「出世頭(しゅっせがしら)」としたほうがはるかに「かっこよかった」のに。次回エントリーは、中東の政治外交「大砂嵐」にしようかな。 

|

« 「若い人」に期待! | トップページ | アメリカの心変わり 1 »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/53823735

この記事へのトラックバック一覧です: 反戦塾乗13/11/4:

» 日本国憲法16条(請願権)を知らなかった自民党政府や産経、読売 [逝きし世の面影]
『市民の「請願」を基本権として保障している日本憲法の精神』 『何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、 何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない』 (日本国憲...... [続きを読む]

受信: 2013年11月 6日 (水) 09時44分

« 「若い人」に期待! | トップページ | アメリカの心変わり 1 »