« 枝野改憲私案に落胆 | トップページ | 米露協調時代は来るか »

2013年9月14日 (土)

ただいま戦争中

 自然現象の変化を予知すると、動物は異常な行動をとることがある。実は塾頭にもその癖がある。思案に余って一人街に出てぼんやりと世間を観察する癖である。これまでに3回あった。最初は昭和16年12月8日、日米英開戦の日の朝。いつもより人通りが少なく、近所の朝鮮人住宅街も異様なほど静まり返っていた。

 2度目は昭和20年8月15日午後、農村の祖父の家にいたが、終戦の玉音放送を聞いたあと自転車で駅の方へ。米屋の店内で女性が泣いているのを目にした。3度めが2年前の3.11。当日は1人で留守番をしていたので、外に出たのは翌日か翌々日だろう。

 バス停に、燃料欠乏のため定期運転できない旨張り紙があり、ガソリンスタンドはロープに「売り切れ」の札がぶらさがっている。前2回は戦争の始まりと終わり。それから世間が変わり、我が人生にも大きな変革をもたらした。

 3回目も、塾頭の感覚からするとやはり「戦争」に匹敵する。福島では数か町村が放射能に占領されたまま郷土を奪われ、どうかすると永遠に返還されるめどがつかない。戦いは続くが、現地東電守備軍は、汚染水総攻撃でいまや玉砕寸前の有様。

 しかし中央ではオリンピック開催決定に浮かれ、「制圧できている」という大本営発表を信じこませようとしている。アベノミクス、TPPの成功、いずれも「大東亜共栄圏」に聞こえる。

 今が戦時下にあること、安倍首相をはじめ、国民のほとんど気がついていない、という気がするのだが――。

|

« 枝野改憲私案に落胆 | トップページ | 米露協調時代は来るか »

エッセイ」カテゴリの記事

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

安全は大好きだ。神話も好きだ。安全神話作りは得意で、すぐに信じられる。広めるのもたやすい。
我が国の国策は、安全神話と深く関係しているに違いない。
だが、最悪のシナリオを想定するのはひどく難しい。恣意(本音)の人ならそうなる。
これは、平和ボケのようなものか。

太平洋戦争初期に、フィリピンの米比軍はキング少将もジョーンズ少将も投降して、75000人以上の将兵の命を救った。
太平洋戦争後期に、日本軍は米空軍の飛来をゆるし、1945年3月10日未明、東京の下町の江東地区がB29約300機による空襲をうけ、死者10万をこす被害を出した。
日本人の指導者には、作戦の成否を予測する力はないのか。
人命の尊重はどのように考えられていたのであろうか。

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。成り行き次第。

>親戚のじいちゃんはガ島で地獄を見てきた。
>「あれは決して国のために尊い命を落とす姿じゃ無かった」という言葉を忘れない。
兵卒は優秀。参謀は愚鈍。日本語脳の定めであるか。理不尽に耐える心を養うべきか。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。

不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

わかっている、わかっている。皆、わかっている。
ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
十二歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養 (洞察力) がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。
我々は、自らは望むことなく危機に陥る民族なのか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/


投稿: noga | 2013年9月14日 (土) 11時26分

やっぱり、いろんな形で「原発反対」や
「TPP反対」を訴えていくしかないのでは
ないかと思います。

http://queue-pin.tea-nifty.com/

投稿: あね | 2013年9月14日 (土) 21時51分

戦後ズートたったころ、戦前・戦中に反対しなかった「お前にも戦争責任がある」と言われ面くらいました。

当時はブログなどなかった。あっても「〇〇んちの〇〇ちゃん、戦争反対人の編集する俳句雑誌をとっていたから、特高にひっぱられたんだって。ひそひそ」の時代。

もう、そうなってからでは遅い……。

投稿: ましま | 2013年9月15日 (日) 09時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/53254446

この記事へのトラックバック一覧です: ただいま戦争中:

» 「幾ら何でも無理筋」の妄想と虚言、羞恥心と罪悪感と僅かの謝罪 [逝きし世の面影]
『原発の資材置き場のJヴィレッジでキャンプ。 20年五輪で田嶋副会長』 日本サッカー協会(JFA)の田嶋幸三副会長は12日、2020年東京五輪開催決定を受け、東日本大震災後に東京電力福島第1原発事故の対応拠点となっているナショナルトレーニングセンター...... [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 11時14分

» 「みのもんた」のバカ息子が何やろうと関係ないが、、、 [黄泉の国から]
そもそもニュース報道を商品にしたのが土台間違っていたのだ。商品であるからコスト感覚が生まれたり視聴率アップのために限りなくエンタテイメントになっていったのは当然のなり ... [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 15時51分

» 「復興した姿を見せる」・・・そうなの? [つぶやき古道(コミチ)]
2020年のオリンピックが東京開催と決定したニュースは今の日本にとって明るいニュースであることは間違いないと思います。 その決定につき安倍総理のコメントの冒頭は「東日本大震災から復興した日本の姿を見せ... [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 23時24分

» 2年5ヶ月ぶりでも、ともりゃいい [つぶやき古道(コミチ)]
全国的にはどれだけ報道されているんでしょうかね? >例えば、  岩手県石巻市の長面(ながつら)地区と尾崎(おのざき)地区で、東日本大震災以来2年5ヶ月ぶりの先月8月25日にやっと電気が復旧したのです。... [続きを読む]

受信: 2013年9月14日 (土) 23時25分

» 日本への信頼を奪う安倍総理の嘘 [虹色オリハルコン]
集会で 原発の再稼働反対を訴える大江健三郎さん =14日、東京都江東区の亀戸中央公園で(東京新聞) 大江さん「首相のうそ」批判 原発再稼働反対、9000人集会 2013年9月15日 07時00分 全国で唯一稼働中の大飯原発4号機(福井県おおい町)が十五日に定期検査...... [続きを読む]

受信: 2013年9月16日 (月) 12時45分

« 枝野改憲私案に落胆 | トップページ | 米露協調時代は来るか »