« アメリカにいるアサド | トップページ | 祝・維新敗退(堺市) »

2013年9月29日 (日)

暴言官僚、罰軽すぎ

  民間なら決してこれで済むわけない。

Dscf3976_3  解雇の条件として「会社の名誉を著しく汚した場合」などと労働契約に書いてある。テレビでこんなに報道され、名誉も信用もなくすれば即クビだ。激しい競争のもと、売り上げに影響することは必定。決算に影響するかも知れない。

 停職2カ月で、その先居づらくなってもきっと天下り先が用意されることになるのだろう。公務員は、法律で身分が保証され、めったなことではクビにならない。特に中央官庁の東大出キャリアとなれば神様のようなものだ。

 一方で、常識のない「とんでも」がいることも事実。「ITのリテラシーがなかった」などと英語を使って言い訳しているが、ブログといえば文書以上の文書。官僚が文書の重みを知らなかったなど、あきれてものが言えない。

 飲み屋でおだを上げるのと同じ感覚だったのだろう。こんな官僚を税金で養い、おまけに大切な仕事にたずさわらせるのでは、国民がたまったものではない……\(*`∧´)/ 。(画像:テレビ朝日)

|

« アメリカにいるアサド | トップページ | 祝・維新敗退(堺市) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/53432951

この記事へのトラックバック一覧です: 暴言官僚、罰軽すぎ:

« アメリカにいるアサド | トップページ | 祝・維新敗退(堺市) »