« 法制局長官人事に考える | トップページ | 自衛隊の誇りや士気について »

2013年8月11日 (日)

この暑さ!

 この暑さ!。病み上がりにはつらい。とはいっても、別に病んでいて2週間も入院したわけではない。腸を一部切り取って短くした手術を受けたことによる。予後が大切とはいうものの、運動しなければ体力が落ちるだろうし、10分も歩いたら滝のような汗でふらふらする。

 テレビは、こわれたレコードのように――この意味、今の若者に通じないだろうなあ――「熱中症にご注意を」といいつづける。また、「適切な冷房を」ともいい、去年までのように「温度を1度あげて節電を」とはいわない。原発が必要なのは電力会社の利益ねん出のためということがわかってきた。

 天気予報では「これまでに経験したことのないような大雨」とか「身を守ることを第一に」といった表現を使うようになった。安倍タカ派政権の戦争に向けた危険度警報も、こんな調子でやってほしいなあ。

|

« 法制局長官人事に考える | トップページ | 自衛隊の誇りや士気について »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

もし、自分の国が必要であるならば、自分の国は自分自身で守れ。
虎の威を借る狐になるな。狐の根性が汚い。

力は正義である。(Might is right).
もしも、自分に正義が必要であるならば、自分自身の力を示すこともまた必要なことである。
力を顕す主護神を持たずして、法を説く者はむなしい。歌詠みは、ごまめの歯ぎしりとなるか。

自分の死に場所を探す兵士ばかりでは、戦に勝てない。戦場に屍をさらせば、敵の戦果の証拠品となる。
兵卒は有能、参謀は無能。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、南の島に雪が降る。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2013年8月11日 (日) 17時26分

無防備中立は幻想。

投稿: ましま | 2013年8月11日 (日) 18時07分

 玉井人さんからのブログから失礼します。

「戦争に向けた危険度警報」、面白い発想です。
同感です。

http://queue-pin.tea-nifty.com/

投稿: あね | 2013年8月12日 (月) 08時50分

>こわれたレコードのように

いや~、何気なく私も使っていました。今は針が無いから飛ばないですよね

CDなどもあまり何度も聴くと飛ぶことはあるようですが、同じところを繰り返して回ることは無いようです

投稿: 玉井人ひろた | 2013年8月13日 (火) 06時31分

あね さま
いらっしゃいませ!

天気予報には、雨、風、雷、気温などがあり、気象庁は地震、津波も担当します。

安倍内閣の戦争度やアベミクス、消費税上げ、TPP先行きどっちに向かうのやら。絵解きで詳しくかつやさしく説明する番組企画、どこかの局で買わないかなあ。

投稿: ましま | 2013年8月13日 (火) 11時00分

玉井人ひろた さま
パソコン歴は古い方なんですが、
テ-プ、フロッピー8”~3.5”、CD、DVD、ブルーレイ、その他メモリーなど各種。

もういけません。お手上げです。

アナログ時代が何とも懐かしい。

投稿: ましま | 2013年8月13日 (火) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/52835970

この記事へのトラックバック一覧です: この暑さ!:

« 法制局長官人事に考える | トップページ | 自衛隊の誇りや士気について »