« 「石破は教養がある……」 | トップページ | 南無………… »

2013年6月24日 (月)

共産党風は吹くか?

 参院選の前哨戦とはやされた都議選だが、記事にしようという感興がさっぱりわかない。ちなみに、前回の民主躍進選挙時は2度にわたって書いている。今回は、投票率最低レベル、自民大勝、民主惨敗、第3極低迷、共産議席増と予測していた。

 ハプニングはたしかに起きなかった。しかし塾頭を驚かせたことがふたつある。ひとつは自民全勝というパーフェクトゲームで、最低でも1人か2人ぐらいは、民主が勝って自民おちこぼれというケースがあると思っていたことと共産倍増の大躍進である。

 自=59、公=23に次ぎ、民主15を上回る共=17は立派。これで野党第1党になれるわけだ。読売新聞は社説その他で、投票率が低く組織力がものをいう有利さ、と解説するが、大新聞に似合わぬいいかげんな分析だ。

 諸調査で明らかになっている同党の支持率をはるかに上回る得票を得ている、というのが真相だろう。読売は、自民党については「アベノミクス」が評価されたしするが、これも、ひいき党に対するひいき目に過ぎない。

 当塾は、16日に「野球の球とツイッター」と題する記事の中で、千葉県船橋市の市長選挙のことをとりあげた。その投票も昨日行われて、自公民推薦の松戸氏が勝つべくして勝ったわけだが、その中で共産党推薦の女性候補が6人中第3位を占めた。

 2位は維新の会推薦である。塾頭は、民主の凋落により、リベラル勢力に期待を寄せた有権者が行き場を失い、共産に流れたのではないかと見ている。憲法・原発・沖縄などで意思をしめすにはそれしかなくなったのだ。

 この傾向は、参院選まで続くと思う。投票したくても候補者のいない社民党などと違い、3人区などでは当選議員が出てきそうだ。それを、政治を変える「風」にするためには、政界再編までを視野に入れた共産党の「大脱皮」が必要だが、それは無理だろう。

|

« 「石破は教養がある……」 | トップページ | 南無………… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

以前なら、こう言う場合は旧社会党に流れたのですが、社民党となっての凋落ぶりは存在意義すらなくなった気がします

投稿: 玉井人ひろた | 2013年6月24日 (月) 22時34分

村山富市さんは今でも名誉党首だそうですから、最後の渾身の力で再生をはかってもらう。場合によれば土井おたかさんにも手伝ってもらって。

もうこれしかなさそうです。

投稿: ましま | 2013年6月25日 (火) 07時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/52159159

この記事へのトラックバック一覧です: 共産党風は吹くか?:

» 東京都議選、自公全勝 [虎哲徒然日記]
自公にとっては予想通り、というより予想以上の勝利だったのではないか。 東京都議選は自公が候補者全員当選を果たし、計82議席を獲得して圧勝した。公明はともかく、自民党も ... [続きを読む]

受信: 2013年6月24日 (月) 19時28分

» 「ふしぎなキリスト教」不思議な橋爪大三郎 [逝きし世の面影]
『羊頭狗肉、看板に偽り有り「ふしぎなキリスト教」』 西洋近代文明を理解するためにはまずキリスト教を理解しなければならないのは明確な事実である。 ところが歴史的に日本人は長年一番大事な『キリスト教』の理解を惰ってきた。 正しくは一生懸命真面目に、必死にな...... [続きを読む]

受信: 2013年6月26日 (水) 09時41分

» 毎日社説:都議選自民圧勝 民主党の危機的な凋落   民主、維新の自滅による共産躍進でしょう [自分なりの判断のご紹介]
都議選終了。 メディアはいつもの如く、 大勝利だの完敗など 報道しています。 毎日の今日の社説。 社説:都議選自民圧勝 民主党の危機的な凋落 空前の圧勝である。参院選の 先行指標として注...... [続きを読む]

受信: 2013年6月28日 (金) 12時50分

« 「石破は教養がある……」 | トップページ | 南無………… »