« 中国は攻めてくるか | トップページ | 共産党風は吹くか? »

2013年6月23日 (日)

「石破は教養がある……」

 BS朝日で田原総一朗が司会する憲法関連の番組を見ていたら、96条堅持を主張している憲法学者・小林節先生、安倍ファンなどから最近は左翼呼ばわりされているのか、先生独特の怪気炎だ。

 「自民党・石破議員、民主党長島昭久議員などは教養があるが、教養のない議員が多すぎる」などと喝破。石破幹事長はわかるような気がしないでもないが、慶大のかつての恩師の主張を聞くや、たちまち96条先行改憲案の自説を撤回した政治家が「教養」があるというのはどうも……。

 しかも長島先生、東京文化短大で「憲法学」の教鞭をとっていたとか。憲法学者といえば「天皇機関説」の故・美濃部達吉教授。もちろんお会いしたことなどないが、自説を曲げず教授を負われてしまった先覚に、あふれんばかりの教養を感じてしまう。

 それにしても、軽口とはいえ、小林先生から「教養がない」といわれるような政治家の過半数で、簡単に改憲されてしまうことにでもなれば、日本のお先真っ暗だ。

|

« 中国は攻めてくるか | トップページ | 共産党風は吹くか? »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/52152792

この記事へのトラックバック一覧です: 「石破は教養がある……」:

« 中国は攻めてくるか | トップページ | 共産党風は吹くか? »