« チャーリー・チャプリン | トップページ | 反原発へ転向宣言 »

2013年5月14日 (火)

橋下発言効果

  日本維新の会の橋下徹共同代表が、13日午前、午後の2回にわたって記者団に語った歴史認識が大きく報道されている。投げかけられた質問は、村山談話と慰安婦問題で、発言要旨を比較的くわしい朝日の記事から拾って見る。

【村山談話関連】

.敗戦の結果として侵略だということはしっかりと受け止めないといけない。実際に多大な苦痛と損害を周辺諸国に与えたことも間違いない。反省とおわびはしなければいけない。

 侵略の定義がない、という安倍首相の発言を意識してか、侵略のあるなしは「勝てば官軍だろ」と正面衝突をさけた言い方だが、NHKでの高市早苗発言を後退させようという政府方針の援護射撃とも言えそうだ。しかし波紋を広げているのは慰安婦問題の方である。

【慰安婦問題】

日本は「レイプ国家」だと、国をあげて強制的に慰安婦を拉致し、職業に就かせたと世界は非難している。その点についてはやっぱり、違うところは違うと言わないといけない。意に反して慰安婦になってしまった方は、戦争の悲劇の結果でもある。戦争の責任は日本国にもある。心情をしっかりと理解して、優しく配慮していくことが必要だ。

 この部分については、塾頭は全く賛成なのである。その他の軍の制度としてこういった施設の存在を肯定する部分は、全く日本の恥の上塗りで、諸外国の反発を高めるだけでなく、橋下の評価をさげ、選挙で維新の会の女性票を多く逃がすことなるだろう。

 現在、国内に「姓奴隷」云々の言葉を含む市民団体があるようだが、これは、日本人・朝鮮人を問わず慰安婦であった多くの人の人権や尊厳を無視し軽蔑する言い方だ。花柳界の娼婦は、賤業と言われる反面、花魁高尾太夫ではないが非常にプライドが高いという観点が抜けている。

 戦時中の小説の中で、出典は忘れたが、「わたし、こんなところでのうのうとお茶をひいているくらいなら、お国のために戦っている兵隊さんのように志願して戦地へ行こうかしら……」というセリフがあったように記憶している。

 韓国でも、キーセン(妓生)と呼ばれる官女が存在し、日本よりはるかに古い伝統があった。従って日本以上にプライドの高い職業だったと思う。朴正煕大統領(現大統領の父)時代と記憶しているが、塾頭は韓国の経済紙の記者と懇談する機会があった。

 韓国は、外貨獲得にこのキーセンを最大限に活用し、キーセン外交とかキーセン観光といわれるほどになっているが、ほかに経済発展の妙手はないのか、という質問に対し、彼は困ったような顔で「計画はあるがまず国内の政治を安定させるのが第一」と答えたような気がする。

 日本の方が一歩先に売春禁止法を制定していたが、制度そのものは両国とも一種の文化だったのである。しかしそれが詐欺まがいの勧誘や強制連行で集めたものなら、当然犯罪であり、戦時中の朝鮮にそれがあったのなら、関与した業者や官憲は処罰される。

 塾頭は真相を知る由がない。当時小学生だった塾頭は、同級生にも多い朝鮮人に対し、差別や蔑視の言動をしてはいけないということを先生から強く指導されていた。戦争の緊迫により人的資源(いやな言葉だ)として、それまでなかった朝鮮人の徴兵・徴用を活発化するためだろう。

 そういった状況で、朝鮮人の反感を買う強制連行などが、国の政策として存在したとは考えられないのである。前述したとおり、塾頭は見たわけではない。この問題を「謝れば済む」と考えるのは浅薄で、いつまであっても「あった、なかった」で一致点はないだろう。

 橋下市長が言うように、そういった戦争犠牲者の存在は証拠がなくても否定はできない。日本人の中に、前にもまして戦争責任を否定する動きのが出てきたことは、靖国問題同様、外国に対してではなく国内で決着をつけなければならない問題だ。そんな議論の引き金になったとすれば、橋下氏の思惑とは違っても、最大の橋下発言効果だろう。

 最後に毎日新聞に載った識者の声で、現代史家秦郁彦さんの考えが塾頭にもっとも近いと思われるので引用しておく。

朝鮮戦争で韓国軍が慰安所を管理していたことは韓国陸軍の戦史にも書かれている。ベトナム戦争でも米軍が慰安所を利用しており、発言の事実関係はだいたいその通り。慰安所は兵士の性犯罪を防ぐ意味があった」と話した。その上で「こういう発言は専門家からよほど問題点を聞いた上で、きちんと説明しなければ誤解を招きかねない」と疑問も投げかけた

|

« チャーリー・チャプリン | トップページ | 反原発へ転向宣言 »

戦争責任」カテゴリの記事

コメント

いずれにしても、いつも思うのですが「慰安婦」という言葉は‘戦後に作られた言葉である’ことの意味をもっと考えるべきなのかもしれません

投稿: 玉井人ひろた | 2013年5月14日 (火) 21時45分

私も正直なところ「慰安婦」問題については確たる答えを持っていない人間です。韓国における歴史絡みの対日認識の厳しさは当然のことと考えるのですが、最近の「慰安婦」問題を侵略の象徴のごとく語るような当地の傾向には、当惑する部分なしとしません。

が、今回のような発言が強い国際的反発を招く要因とは、おそらく「慰安婦の強制性如何」そのものというより、侵略の歴史を全否定するような日本国内の歴史修正主義的な風潮にあるのでしょう。その点で、対外的に今「慰安婦の強制性は証明されていない」と真っ向から抗弁したところで、真意を勘ぐられるばかりで、日本の立場が有利になるとは思えないですね。橋下氏あたりが「心情をしっかりと理解して、優しく配慮していくことが必要」などともっともらしく付け足したところで、所詮口先の綺麗事としか受け取られないだろうし、実際おそらくその通りなんでしょうから。

また各所で指摘されているとおり、欧米ではこの問題は歴史問題というよりは、アメリカの過去の奴隷制と同様の人道主義的な問題と受け止められているようで、此方が「歴史的事実」をあげつらっても「やっぱり修正主義だ」と納得されて、日本の信望を貶めるだけだと思います。

結局のところ、修正主義的な政治家や識者・メディア人が多数を占める日本の現状では、国内の排外意識を煽ることはできても、国際的に同意を得ることは難しいと思いますね。まずは疑惑を招くような偏狭な歴史認識を政治・言論の表舞台から排することです。・・・などと口で言うのは簡単ですが、まあ現実は絶望的ですね。自称「愛国的」な人々が、結局はまたぞろ日本の国益を大きく損なうことになるのでしょう。

投稿: ちどり | 2013年5月15日 (水) 00時46分

玉井人ひろた さま
そういえば、こういった施設・人に対する決まった名称がなく複雑ですね。

江戸時代「岡場所」、昔、「ジョウロカイ」という言葉が子供の間で通用しました。「女郎買い」なのが「女郎界」なのかいまだにわかりません。

いずれにしても、晴れがましい存在でなく符牒めいた言い方です。戦後「パンパン」「三業地」「赤線」「青線」、橋下さんは「風俗」。

だけど「性奴隷」、これほど不都合で女性蔑視の言葉はありません。

投稿: ましま | 2013年5月15日 (水) 09時46分

ちどり さま

当塾も長い間この問題を避けてきました。というのは「時代の差」(これをしっかり把握することも「時代認識」のひとつなのですが)で何を言っても誤解を受けブラスにならない、と思ったからです。

でも、そういったことにふたをして「謝れ謝れ」「謝ればいいんでしょ」では、何も相互理解につながりません。

橋下発言はそういった点で、はっきり分けて考えるべきだという問題提起の部分を塾頭は買ったわけです。ただ「国家として謝れ」といった点で沖縄の米軍のことまでことまで持ち出して今昔をごっちゃにして論じてしまい、台無しにしてしまいました。

結局、マスコミ論調も街の反応も「橋下効果」は現れませんでした。残念。

投稿: ましま | 2013年5月15日 (水) 10時11分

第二次世界大戦の日本人の戦争犠牲者の数は310万とされているが、これは敗戦から十数年も経ってから厚生省援護局が発表したもの。
敗戦時に軍関係の資料をことごとく焼却してしまったので正確な数字が無かったので困難を極めたが、日本は何故か過去の歴史に対しては無頓着。
大事にしない。
政府は河野談話を出すに当たって従軍慰安婦の政府資料を調べたが無かったとされているが、敗戦時に不都合な資料はすべて消しているのですね。
「民族の歴史』というのはその都度都合よく変えたら駄目で、良いものも悪いものも例外なく全てがかけがえのない貴重な遺産であるとの考えが無い。
日本書紀や古事記が日本では最古の資料なのですが、実はそれ以前の推古天皇時代に聖徳太子と蘇我馬子が編纂して成立したとされる国記と天皇記は、乙巳の変の際の政変で消失。
国記はバックアップ資料まで完全に無くなっているので、クーデターを起こして蘇我蝦夷殺害した中大兄皇子側が不都合な記載があるので、日本敗戦時の軍関連資料と同じ運命で燃やして仕舞ったのでしょうね。
歴史資料を燃やして『無かった事にする』悪習はそろそろ止めにしないと、日本が文明国としての厚みが無くなるばかりです。

投稿: 宗純 | 2013年5月15日 (水) 10時48分

宗純 さま

終戦時にわが中学でも機銃の隠匿、グライダーや書類の焼却が試みられましたが、急なことと素人の悲しさ、頭隠してしり隠さずのようなケースが続出、結局不完全のままでした。

公文書の焼却といっても完璧であることはむつかしい。公文書のほかに私文書あり日記あり証言あり、そういったもので歴史は組み立てられるのです。

公文書を隠滅するだけで歴史改ざんはできません。古代史でも考古学、金石文などで史料を補完することで真実に迫ることができます。消された証拠の傍証が一切ないというのも不思議なことです。

投稿: ましま | 2013年5月15日 (水) 11時31分

従軍慰安所ですが数々の証拠や証言で存在は明らかです。
これは今回橋下徹が主張したように日本だけの現象ではなくて実は世界共通のことなのですが、なぜか日本だけが叩かれている。
前回の第一次安倍政権時には米議会の対日非難決議が可決されるなど大騒ぎになっているが、去年の安倍政権前夜の時期に出されたアーミテージ・ナイ報告Ⅲでも、主要なテーマが何と従軍慰安婦。
そして今回の橋下徹の馬鹿話ですが、彼は以前から同じ主張をしていたのですから、今回だけ突然大きく報道したマスコミの動きが不思議なのです。
そもそも今回の橋下徹発言とは、日本の侵略戦争を否定した高市早苗自民党政調会長発言を擁護したものですよ。
本来なら高市発言の方がより悪質でしょう。
ところが橋下徹発言でマスコミが従軍慰安婦だけを摘み食いして大騒ぎするので、高市発言が吹っ飛んだ。
自民党筋では『橋下は(高市を隠す)楯になった』と評価しているとか。
橋下はカジノ構想で、全国から博奕打ちと売春婦を集めて大阪を活性化させるというのが持論なのですから沖縄で米軍に進言するのは当然であった。
テレビタレントになる前には大阪最大の遊郭で今でも売春で有名な飛田の売春業者の顧問弁護士をしていた橋下徹としては当然すぎる発言で、
今まで問題にせず、今回突然問題にしだしたマスコミの態度は変ですよ。
何か、報道とは別の思惑が考えられます。

投稿: 宗純 | 2013年5月15日 (水) 11時58分

橋下の存在はマスコミにとっておいしいということでしょう。橋下もそのことをよく承知していて、タイミングを見てはサービスしている。

ネット社会も同様で、本塾もよしあしを問わず橋下パフォーマンスを無視することが多かった。

これがこれまで人気稼業として成功してきたのを、以後も続くと見ているところが悲劇ですね。それで今回は「橋下発言効果」という題にしたということもありました。

投稿: ましま | 2013年5月15日 (水) 13時00分

蛇足のようなコメントで恐縮ですが、念のためもう一言だけ失礼します。

>「謝れ謝れ」「謝ればいいんでしょ」では、何も相互理解につながりません

まったく同感です。ただ問題が「謝れ謝れ」という側にばかりあるとは限りません。むしろ「誤ればいいんでしょ」と口先で済ませる側に根本的な誤りがあるケースが多いように思います。相手の批判は決して「誤解」などではなく、本質を突いているケースも多いように思います。

(御記事の主旨と筋違いの話で、かつ無礼な勘ぐりかも知れませんが、例えばかつて塾頭様がかつての貧しかりし時代の韓国の記者に「キーセン観光以外に外貨獲得手段はないのか」と仰ったとのくだりに、私は大いに引っかかるのです。その場の雰囲気や前後の文脈を存じない立場からの憶測ですが、仮に前置きのないストレートな御発言とすれば、失礼ながら随分無神経な発言をなさったなぁ・・・と感じます。その場で韓国人記者氏がこらえる他なかった屈辱感や憤りを想像すると、ちょっといたたまれない気分になりますね。今の日韓の軋轢の背景には、こうした「無意識の傲慢」の積み重ねが間違いなくあるものと思います)。

何はともあれ、今回の橋下発言(の一部)は塾頭様御指摘の通り、確かに問題提起としてはそれなりの意味を持ったと思います。「軍隊や戦争に性の問題はつきものであり、慰安婦制度は必要だ」と持論に則って正直に指摘した点ですね。同様のことを沖縄の米軍幹部にも述べたようですから、真意なのでしょう。つまり維新や自民の目論みどおり改憲が実現され、晴れて「国防軍」が戦地へ赴く日には、当然それに類した何らかの措置を講じるべき、ということになるということでしょう。
果たして今の国民世論は、そんなことまでも併せ呑んで、彼らのような政治勢力を支持し続けるのでしょうか・・・?

投稿: ちどり | 2013年5月16日 (木) 00時05分

ちどり さま
私も一言だけ(*^-^)。

韓国新聞記者とのやりとり。

 当時この事実は日本の新聞でも公然と報道されており、韓国側も経済振興、近代化にハッパがかかっていた時期にあたります。

 日本から国交正常化後の緊急援助や、現在の開城工業団地ではないが、手作業を主とする委託加工などが進んでおり、日本も一緒になって考えるという環境にあって、ご指摘のようなことには全く気が付きませんでした。

 売春についても、決してほめたことではないが、食うためにはやむを得ないという、今の慰安婦問題で互いにぶつけあいをするような時代ではなかったように思います。

投稿: ましま | 2013年5月16日 (木) 13時52分

>売春についても、決してほめたことではないが、食うためにはやむを得ないという、今の慰安婦問題で互いにぶつけあいをするような時代ではなかったように思います。

重要な部分ですね。
今から見れば認められないが当時としては止むを得なかった…。
ここなんですよ、歴史認識の重要な点は。
アメリカの黒人奴隷も戦時中の慰安婦も戦後すぐのRAAも、現在から見ればとんでもないことですが、当時は止むを得なかった、或いは当時としては当然のことだった。
いや日本人同士で批判するのはいいのです。ああすればよかった、こうしたのは失敗だったと反省するのはいいのです。
しかし、外国に対し謝罪してはいけません。それは我々の父祖を裁くことになるからです。現在の価値観で過去を裁いてはいけません。
だいたい価値観というものは時代時代で変わるものです。1000年後の人々から、21世紀初頭の人たちは選挙で政治家を選ぶなんて原始的だったんだーとか、民主主義なんて野蛮なシステムを信じていたんだーとか、評されるかもしれません。そう考えれば戦前の指導者を糾弾したり大日本帝国憲法を貶すことがいかに愚かかわかります。

投稿: ミスター珍 | 2013年5月19日 (日) 22時42分

ミスター珍 さま

「敗戦」というのは「ごめんなさい」といって許してもらうことです。まずそれを認めなければなりません。さきの戦争でも、第1次大戦以後の大陸進出には「やむを得なかった」という部分はありません。なんとかなったのです。天皇も政府幹部もおおむね戦線拡大反対でした。

 頼まれもしないのによその家へ上り込んでその家の人が「侵略だ」と言えば侵略なんです。「侵略の定義がない」など言い訳にもなりません。それを認めて平和条約や講和条約を結べば、以後「謝れ」とはいわなくなるのが原則で、おしまいになります。

 それを、時がたってから「あれは止むをえなかった」とか「間違ってなかった」などと言いだすから「歴史認識」を疑われるのです。国民が敗戦で軍部を中心にした戦争指導者を追求し、平和と国民主権を中心に据えた憲法を喜んで受け入れ、存亡を疑われた日本再建に励んだのも戦死者の死を無駄にしないためです。

 選挙とか民主主義なども、長い歴史のが織りなす「歴史認識」の教訓の中で生まれてきたもので、多くの「反省」の上に立って生まれてきたものです。紆余曲折があったとしても先祖の残したものを人類滅亡に導くようなことをすれば、父祖の努力や願望をおとしめることになりませんか。

投稿: ましま | 2013年5月20日 (月) 11時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/51625802

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下発言効果:

» 【慰安婦問題】 橋下氏 「国を挙げて韓国女性を拉致して強制的に売春させた事実の証拠がないことも厳然たる事実だ」 [【2chまとめ】ニュース速報+]
1 :影の軍団子三兄弟ρ ★:2013/05/14(火) 11:54:55.91 ID:???0 日本維新の会の橋下共同代表は14日、自らの簡易投稿サイト「ツイッター」で、いわゆる従軍慰安婦問題について、「国を挙げて韓国女性を拉致し...... [続きを読む]

受信: 2013年5月14日 (火) 18時06分

» 「保守」の本音をむき出し〜橋下・高市発言〜 [虎哲徒然日記]
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は13日、戦時中の旧日本軍慰安婦について「銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的にも高ぶっている猛者集団 ... [続きを読む]

受信: 2013年5月14日 (火) 19時40分

» 日米関係: 議会にとっての論点 議会調査局報告 慰安婦問題だけではない!翻訳その2 [マスコミに載らない海外記事]
日本の原発政策 日本では原子力の将来に関して、日本で営業している企業、米日原子力協力、世界的な原子力安全性や非拡散措置にとっても大きな影響がある、国民的論議が続いている。思い返せば、2006年、一部は、外国エネルギー供給への依存を減らす方法として、また一部は、温室効果ガス排出を削減する為、“新・国家エネルギー戦略”が、... [続きを読む]

受信: 2013年5月17日 (金) 01時19分

» 安倍晋三と日の丸と戦闘機と「悪魔の飽食」731、唐突に始まった橋下従軍慰安婦騒動 [逝きし世の面影]
『世界の歴史認識に無知な安倍晋三、自業自得な合成の誤謬』 『組み合せが悪すぎる』 一つ一つは大きな問題ではなくても、幾つも重なると問題になる場合がある。 日本でも問題だが、日本以外の国では旧日本軍の731部隊の意味とは、ナチスドイツのアウシュビッツ強制...... [続きを読む]

受信: 2013年5月18日 (土) 08時39分

« チャーリー・チャプリン | トップページ | 反原発へ転向宣言 »