« 再生不能廃棄物0増5減 | トップページ | 北ミサイル、今日はないね »

2013年4月 7日 (日)

これが基地負担軽減策?

Basemap
 「日米両政府は5日、沖縄県の米軍嘉手納基地より南の6米軍施設・区域について、次期と手順を初めて明記した返還計画を発表しました……」そんな報道を耳にして、「ほう、これで沖縄の基地負担は軽くなるな」と感じた人は多いだろう。

 塾頭も一瞬そう思った。しかし新聞をよく読むと、どうひいき目に見ても「これはひどい!」といった内容だ。仲井間知事は防衛大臣など何度も足を運ぶ政府要人に対し「大変努力をしていただき感謝してます」といった挨拶をしている。しかし、これはウチナー精神の発揮で遠くから来た客人への社交辞令。

 まず「いつまでに返します」とは一言もいってない。「○○年度、またはその後」という文面になっている。「借金は来月かまたはそれ以降に返しますよ」と言われれば、無期限に――というのと同じではないか。

 これら南部の基地は沖縄の心臓部にあって、普天間をはじめ住宅地や道路、あるいは海岸をふさぐような形で配置されている。沖縄の基地負担を象徴するような存在であることはたしかだ。

 ただし「返還」とはっきり表現されているのは、それらの基地のあっちから1ヘクタール、こっちから2ヘクタールと片隅をへつるように寄せ集めた55ヘクタールで、普天間基地の10分の1強にすぎない。あとの大部分は、最大の嘉手納基地をはじめそのまま残すか、普天間のように沖縄県内に代替地ができれば移転、という内容である。

 地図を見ていただきたい(地図をクリックすると字が読めます)。沖縄には中部・北部の主に山林地域に広大な基地を有している。これはほとんどが演習地であって施設といった程の物はごくわずかだ。したがって、辺野古のように海を埋め立てるか、山林を開拓すれば新施設がいくらでも作れる。つまり、南部の汚染源を全県に拡散すると同じになってしまう。

 また沖縄は、何ヘクタールという土地面積だけで負担を云々するのも間違っている。安倍首相は口癖のように「戦後レジーム」を言うが、米軍に占領され続けているような精神的負担になぜ耐えていかなければいけないのかということである。
 
 尖閣が占領されたらそれを奪還するための海兵隊などいらない。そんなことをすれば、敵は発進元の沖縄を叩きに来る。アメリカもそんな危険なところへ海兵隊を大勢張りつけておきたくないというのが本音だ。だから沖縄人が安倍・自民や野田・民主と話すより直接アメリカと話し合う方が早道だと感じても無理がない。

|

« 再生不能廃棄物0増5減 | トップページ | 北ミサイル、今日はないね »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

小学生3年生の息子も
「戦争はよくない!」と
実家の近くには厚木基地があり、
騒音に悩まされています。
父の故郷である沖縄へ行くと
基地だらけ。
北朝鮮も怖いけど、
ここは、まだ戦争が終わっていない。

投稿: 飛鳥未明 | 2013年4月 7日 (日) 10時21分

飛鳥未明 さま

こんにちは。
昨日の天気予報にそむくような晴天です。ただし南風が強く洗濯物など吹き飛ばされそう。

羽田に着陸する飛行機は風に向かってことさら低空飛行。私は耳が遠いので気になりませんが家内はひっきのなしの轟音に「大丈夫かしら?」。

グラマンという艦載機が飛んできて機銃掃射されないよう、草むらに身を伏せたのは、60何年か前の登校途中でした。

そんな話、息子さんには遠い遠い伝説になってほしいです。

投稿: ましま | 2013年4月 7日 (日) 11時18分

私の記憶だと、沖縄県民が一番問題にしているのは基地が存在していることより、そこで暮らす米兵の問題、つまり「地位協定見直し改正」だったはずですが日米両政府で話を合わせ、基地の移動移設にすり替えて目先を変えようとしている気がしてなりません。

それは、原発立地の地域や処理施設の地域に国の予算で道路整備や補助金などを出して目先を変えるやり方に酷似して見えます

投稿: 玉井人ひろた | 2013年4月 8日 (月) 20時01分

玉井ひろた さま

私の乏しい経験と観察ですが、変質は沖縄県民の側にもあります。

米兵の犯罪等、北部の県民は南部に比べて接する機会も少なく、かつては地位協定への関心も比較的低かったように感じられました。また、基地による経済効果を期待するような感触もありました。

それが普天間の辺野古移転計画が強引に推し進められ、またオスプレーの一方的配備もあって、米軍のというより本土政府の都合による政治的要請を押し付けられているという感が強まり、沖縄被差別の意識が急速に高まったように見えます。

そんなことから対米軍が対政府・本土という感じになり県全体の結束に変化したように感じられます。

安全保障のために必要なら本土でも応分の犠牲を払えということです。県外で受け入れないことは、県内でもダメということです。

現政府にこの問題を解決する力はないでしょうね。

投稿: ましま | 2013年4月 8日 (月) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/51128706

この記事へのトラックバック一覧です: これが基地負担軽減策?:

» 安倍政権発足100日「止まった針動き始めた」? [政治Ⅱ]
政治家が無茶苦茶し失敗した後にすることと言えば大体戦争なのです。 国民は今本当に気を引き締めないといけないと思います。 反戦の意識を強く持つ必要があると思います。 安倍政権発足100日「止まっ...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 8日 (月) 16時36分

» 不必要な甲状腺摘出手術(傷害罪)を行っている福島県?? [逝きし世の面影]
『福島県、3万8千人中で小児甲状腺癌3人目の摘出手術』 小児甲状腺癌の検査を行っていた福島県健康管理調査検討委員会が2月12日の北朝鮮核実験によるマスコミの大騒動に紛れて、翌日の13日に『3人目の小児甲状腺癌が判明』と発表するが、事実は3人の小児甲状...... [続きを読む]

受信: 2013年4月 9日 (火) 09時01分

« 再生不能廃棄物0増5減 | トップページ | 北ミサイル、今日はないね »