« 金正恩を拉致? | トップページ | 自民党改憲案の「イエ」観 »

2013年4月15日 (月)

教育勅語

教育勅語

朕惟フニ我カ皇祖皇宗國ヲ肇ムルコト宏遠ニ德ヲ樹ツルコト深厚ナリ我カ臣民克ク忠ニ克ク孝ニ億兆心ヲ一ニシテ世世厥ノ美ヲ濟セルハ此レ我カ國體ノ精華ニシテ教育ノ淵源亦實ニ此ニ存ス

爾臣民父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ恭儉己レヲ持シ博愛衆ニ及ホシ學ヲ修メ業ヲ習ヒ以テ智能ヲ啓發シ德器ヲ成就シ進テ公益ヲ廣メ世務ヲ開キ常ニ國憲ヲ重シ國法ニ遵ヒ一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ以テ天壤無窮ノ皇運ヲ扶翼スヘシ是ノ如キハ獨リ朕カ忠良ノ臣民タルノミナラス又以テ爾祖先ノ遺風ヲ顯彰スルニ足ラン

斯ノ道ハ實ニ我カ皇祖皇宗ノ遺訓ニシテ子孫臣民ノ倶ニ遵守スヘキ所之ヲ古今ニ通シテ謬ラス之ヲ中外ニ施シテ悖ラス朕爾臣民ト倶ニ拳々服膺シテ咸其德ヲ一ニセンコトヲ庶幾フ

明治二十三年十月三十日
  御名御璽

---------------------------------------
(塾頭 敬白)
 次回予定の”自民党改憲案の「イエ意識」”の参考とするため取り上げました。↓の「読み」は、塾頭小学生の頃校長の肉声で年に何度も聞かされたものですから正しいはずです。巻物にした勅語を火災で焼失した学校では、校長が自殺するような時代です。校長は命がけで間違いないように読んだはずです。実直な校長は書いてある通り濁音を使わずに読んだほどでした。
 なお、この勅語は終戦後は朗読されたのを聞いたことがなく、自然消滅のような感じでしたが、昭和23年ころ国会決議を経て失効しました。
---------------------------------------

朕(ちん)思うに我が皇祖・皇宗(こうそこうそう)国を始むること宏遠に、徳を立つること深厚なり。我が臣民、よく忠によく孝に億兆心を一(いつ)にして、世々(よよ)その美を成せるは、これ我が国体の精華にして教育の淵源また実にここに存す。

なんじ臣民、父母に孝に兄弟(けいてい)に友(ゆう)に夫婦相(あい)和し朋友相信じ恭倹己れを持し博愛衆に及ぼし学を修め業を習い、以て知能を啓発し徳器(とっき)を成就し進みて公益を広め世務(せいむ)を開き常に国憲を重んじ国法に従い、一旦緩急あれば義勇公(ぎゆうこう)に奉じ以て天壌無窮(てんじょうむきゅう)の皇運を扶翼すべし。

 かくの如きはひとり朕が忠良の臣民たるのみならず、また以てなんじ祖先の遺風を顕彰するに足らん。この道は実に我が皇祖皇宗の遺訓にして子孫臣民のともに遵守すべきところ、之を古今に通じて謬(あやま)らず、之を中外に施(ほどこ)して悖(もと)らず、朕なんじ臣民と倶(とも)に拳々服膺(けんけんふくよう)して咸(みな)その徳を一にせんことを庶幾(こいねが)う。

明治二十三年十月三十日
  御名御璽(ぎょめいぎょじ)

|

« 金正恩を拉致? | トップページ | 自民党改憲案の「イエ」観 »

戦中・戦後」カテゴリの記事

コメント

 1889(明治22)年2月発布の大日本帝国憲法には国民と言う言葉は無く,臣民(天皇の奴隷)しかいません。天皇のもと四民(士農工商)平等と言ったって基本的人権(Human Rights)など認められてはいませんでした。そういう奴隷の教育用に下賜されたのが「教育勅語」ですよ。この学校で男子の使うべき2人称が「君(Master)」,1人称が「僕(Slave)」。一見従順な奴隷は教育できるでしょうが,いざ,という時には何にもできない。これを1945年に日本人は嫌というほど味わった筈なのに,今また同じことを繰り返そうとしている?
 江川太郎左衛門英龍の最大の功績は,大名から成る上院,旗本から成る下院という2院制議会をつくり,其処での選挙で将軍(つまり大統領)を選ぶという共和政治を発案し,幕閣に働きかけたことでしょう。水戸の徳川斉昭に代表される守旧派の妨害に遭って実現しませんでしたが,もし実現しておれば,明治と言う時代は無く,したがって1945年以降の「憂き目」も見ずに済んだであろうことはほぼ間違いありません。
 我が祖は,それを見越していたからこそ反射炉・大砲・お台場築造の資金稼ぎの駿河湾の鮮魚を江戸に急送する事業に熱を入れたし,明治になってからも曽祖父は自由民権運動の闘士だったし,昭和初期に大原社会問題研究所に入所した叔父もいた次第です。

投稿: 弥勒魁 | 2013年5月12日 (日) 06時47分

明治初頭の著作物を見ると「人民」という言葉がたくさん出てきます。

教育勅語普及は、ピープルに相当する言葉を消してしまいました。古くは「おおみたから」「たみくさ」といった言葉もありました。

塾頭は明治維新を「革命」としたことがありますがこれは民の立場からすると誤りで、また「維新」という言葉も当時はまだ普及しておらず、通用語「ご一新」が当を得ているように思います。

投稿: ましま | 2013年5月12日 (日) 07時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/51238305

この記事へのトラックバック一覧です: 教育勅語:

» リアルなイスラエルのイラン奇襲攻撃危機、バーチャルな北朝鮮危機 [逝きし世の面影]
『世襲3代目の北朝鮮の危険度』 日本のマスコミや世論では『何をするか分からない不気味な国』『不思議な北朝鮮』との意見が一般的だが、今の北朝鮮に一番近い『似ている国家』とは、なんと!68年前までは日本列島を本拠にして東アジアの周辺国家を恫喝、支配した当...... [続きを読む]

受信: 2013年4月16日 (火) 10時06分

« 金正恩を拉致? | トップページ | 自民党改憲案の「イエ」観 »