« 桜開花日 | トップページ | 歴史認識が合わないわけ »

2013年3月17日 (日)

大衆行動の奇習

 TPP交渉参加に抗議する自民党系の抗議活動のような映像がTVに写っていた。そろいのはっぴに鉢巻をしめた姿が会場の舞台と客席にあふれている。そこへ石破幹事長が背広姿で演題に現れた。

 「鉢巻を締めてこい!」とヤジが飛ぶ。塾頭は、大勢が鉢巻を締めて引きつった顔をしている姿は嫌いだ。戦時中の女子挺身隊(従軍慰安婦ではない)を思い出すからだ。

 最後に、司会者の掛け声で全員がこぶしを突き上げるようなしぐさ。これは、確か三井三池炭鉱の争議で労働者がやったのが始まりではないか?。今は自民党でも民主党でも慣用している。これも嫌いだ。

 別にTPPに賛成しているからではない。塾頭の意見は、参加して後悔するのと、参加しないで後悔するのを比較した場合、後者の方がダメージが大きいのではないかという程度である。

 ああ、また両方から非難されるなあ……。

|

« 桜開花日 | トップページ | 歴史認識が合わないわけ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

私はTPPは交渉入りすら反対です。何故ならTPPの最も恐るべきは国民健康保険の民営化、つまり健康保険の実質的取り上げだからです。アメリカみたく、一度大病したら大金持ちでない限り一発で貧困層へ転落です。しかもISD条項と言うものがあって、外資系の企業が日本政府の法律政策についてどっかに訴えることが出るというのです。勿論外資系企業と裁判所はグルです。例えば政府系金融機関の低利融資は市場メカニズムをゆがめるからやめろとか。
これらが議題に入っている以上、絶対に突っぱねるべきです。少なくとも政府はこれが議題に入っていることは周知徹底させるべきです。
本当はこれらに対する国民的反対運動が必要です。東京で起きた反原発デモクラスのデモが起きればいいのですが。

投稿: けんちゃん | 2013年3月23日 (土) 00時05分

アメリカの医薬品業界や保険業界などの要求を受け入れるような交渉なら即決裂ですね。そうしないと、ライフル協会まで銃規制をなくしろなどといいかねない。

オバマですら首を縦に振らないようなことに従う必要は毛頭ありません。交渉当事者が安倍米資本従属内閣だから信用できない、というのならわかりますが。

関税障壁の低減以外の国政関与を無理強いするようなら、元・松岡外相のように脱退宣言をして帰ってくればいいのです。それで戦争になることはないでしょう。

投稿: ましま | 2013年3月23日 (土) 07時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/50811740

この記事へのトラックバック一覧です: 大衆行動の奇習:

« 桜開花日 | トップページ | 歴史認識が合わないわけ »