« 北朝鮮核実験で打つ手なし | トップページ | 安倍改憲に立ち向かうには »

2013年2月14日 (木)

愛着と愛情

塩原通緒訳、ダライ・ラマ14世『世界平和のために』ハルキ文庫、より。

私の西洋人の友人の中には、愛着をとても大事なものだと考えている人がいます。それがないと、人生が味気ないものになると思っているかのようです。愛着と愛情は区別されるべきでしょう。愛着より執着といったほうがいいかもしれませんが、これは悪い欲望であり、一方の愛情は、ほかの人の幸福を願う善い資質です。

 執着には偏見があります。これが私たちの意識を狭めてしまうので、状況の本当の姿が見えなくなり、しまいには不要な問題を起こしてしまいます。怒りや憎しみなどの否定的な感情と同様に、執着も有害なものです。

 私たちはもっと釣り合いのとれた意識を維持するように努めるべきでしょう。といっても、感情をもつなとか、なにごとにも無関心でいろというのではありません。私たちは、これは善くて、あれは悪いと認識することができます。それなら悪いものを退け、善いものを増やすように努めればいいのです。

 

|

« 北朝鮮核実験で打つ手なし | トップページ | 安倍改憲に立ち向かうには »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

仏教の教えの中に
「諸愛を解脱して涅槃に入る」というような言葉があるそうですね。
仏教では愛とは執着で厭うべきものであるとか。
今一般的に言われている愛(恋とは別)とは、
仏教では慈悲と言うのだと聞いたことがあります。

ダライラマ師はそういう意味で、
愛着と愛情を区別されたのでしょうね。

投稿: 和久希世 | 2013年2月15日 (金) 12時31分

和久希世 さま

翻訳のもとは英語でアメリカ人に話しかけられたもののようです。チベット仏教というとなにか異質のもののような気がしますが、漢語文化を経ていないだけで、大乗仏教という点では日本人にも理解しやすいのではないでしょうか。

中国共産党と修身自殺するチベットのお坊さんに聞いてほしいお話です。

投稿: ましま | 2013年2月15日 (金) 17時49分

とても共感できました。
私のブログにも、紹介させてください。m(_ _)m

投稿: 金木犀 | 2013年2月16日 (土) 16時25分

金木犀 さま

OKです。

ただし、中段後半に誤植がありました。

×否定的に
〇否定的な

恥ずかしながら訂正お願いします。wobbly

投稿: ましま | 2013年2月16日 (土) 18時08分

ありがとうございました。TB致しました。wink

投稿: 金木犀 | 2013年2月17日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/49407141

この記事へのトラックバック一覧です: 愛着と愛情:

» ダライ・ラマ14世の言葉より「愛情と愛着」 [虹色オリハルコン]
我田引水で恐縮ですが、いつも読ませていただいている「反戦塾」様の記事中のダライ・ラマ14世の言葉に、とても共感したので、ブログにクリップさせていただきたくて・・ ダライ・ラマ14世  私の西洋人の友人の中には、愛着をとても大事なものだと考えている人がいま...... [続きを読む]

受信: 2013年2月17日 (日) 11時26分

« 北朝鮮核実験で打つ手なし | トップページ | 安倍改憲に立ち向かうには »