« 木の花は | トップページ | 愛着と愛情 »

2013年2月13日 (水)

北朝鮮核実験で打つ手なし

 北朝鮮は3回目の核実験をやらかした。塾頭は去年のミサイル発射に「人工衛星打ちあげ成功オメデトウ」と言っておけばいいと皮肉ったが、今度はそうはいかない。自ら核兵器の技術開発に成功、と発表しているのだから平和利用の口実は一切通らない。

 中国も今度はあいまいにできないだろう。自国の軍隊を手なずけるのに精いっぱいなところへ、北まで面倒を見る余裕はない。今のところ両国の軍の微妙な関係から「制裁を科す」とまで言っていないが、いずれ「勝手な真似は許さない」ということになりそうだ。もともと両国は心底仲がいい間柄ではないのだ。

 アメリカにはもう一つ、イランに核開発問題がある。似てるようで全く違うのは、イランにはイスラエルというはっきりとした敵対国があり、イスラエルがそれを中止させるため空爆するという危険があるということと、同じようにドイツなどを含む6か国協議があって話し合いの場を残しているということだ。その点、北は全く世界で孤立する道を選んでしまった。孤立というのは決して安全を意味しない。

 アメリカに届くミサイルといってもアメリカ本土に打ち込む力はない。理論上可能であっても、ロシアとかアラスカ・カナダの上空を飛ばすことになる。日本には、アメリカに向けた弾道ミサイルも撃ち落とせないようでは困るから「集団的自衛権を」という議論があるが、これを称して「的外れ」という。

 ロシアは許さないだろうし、迎撃ミサイルならアラスカに設置する所はいくらでもある。それより前に、発射の前後に海軍を使ってミサイルを撃破することなど簡単だ。だから、アメリカが北朝鮮の脅しに屈服するようなことなどない。

 北朝鮮は「核抑止力を持つことができた」といい、「攻撃力」とは言っていない。北を侵略するとすれば韓国による武力統一しかない。「抑止力」が働くとすれば韓国に限られるはずだ。ということは即、同盟国で基地を置いている米軍を指すことになり、日本も埒外ではない。

 韓国は敏感にそれに反応している。まず毎日新聞の2月13日付け朝刊より。

 【ソウル西脇真一】3度目の核実験強行を受け、韓国では北朝鮮が李明博(イ・ミョンバク)大統領から朴槿恵(パク・クネ)氏への政権移行期を狙い追加挑発に出る可能性もあるとみて、韓米両軍などが厳重な警戒態勢をとっている。李大統領は核実験実施から約1時間後の12日午後1時、国家安全保障会議を緊急招集。その後、朴氏とも緊急会談し対応を協議した。

 国家安全保障会議終了後、青瓦台(大統領府)の千英宇(チョン・ヨンウ)外交安保首席秘書官が「政府声明」を発表。北朝鮮の核実験強行を非難すると同時に、「現在開発中の北朝鮮全土を射程圏に収めるミサイルを早期に配備するなど軍事的影響を拡充させる」と、北朝鮮を強くけん制した。

 このミサイルの射程距離は800Kmだという。北朝鮮には日本全土に達する中距離弾道弾ノドン、一説によれば280基がすでに配備されているという。この方がはるかに危険で、本塾でも過去再三指摘してきた。

 しかし、これに対する日本の姿勢は明確にされていない。安倍首相が今回国会で答弁したことは次のようなものである。(2月13日(水)1時32分配信 読売新聞

 安倍首相は12日に行われた衆院予算委員会の集中審議で、北朝鮮の弾道ミサイルに対処するための「敵基地攻撃能力」について、「国民の生命と財産を守るために何をすべきかという観点からは、様々な検討を行っていくべきだ」と述べ、検討の必要性に言及した。

 首相は「他に手段がないと認められるものに限り、敵の誘導弾などの基地を攻撃することは憲法が認める自衛の範囲内に含まれる」と従来の政府見解を踏襲。「敵基地攻撃能力を保有することは現時点では考えていないが、憲法上は許される」とも指摘した。

 「検討の必要性」とは、韓国に比べてなんとものんきな話だ。在日朝鮮人団体の役員再入国禁止が「制裁措置」強化だという。いずれもアメリカさまにすがっていればそれでよし、とする自主性のない態度だ。

 上の答弁も、憲法9条を変えて他国を侵略できる国にしようとする安倍自民党が言うから断乎反対なので、国是として9条の精神を維持しきるという政治のもとにあってこそ許されることがらであろう。

|

« 木の花は | トップページ | 愛着と愛情 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/49385751

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮核実験で打つ手なし:

» 写真:北朝鮮のヘアカタログ [九州男児的北京交流部]
写真は北朝鮮の行政側が作った国民にオススメする髪型だそうだ。「西側からの影響力を制限する」という目的だそうやが、あくまで‘オススメ’で、強制ではないそうな。北朝鮮 金日... [続きを読む]

受信: 2013年2月23日 (土) 14時40分

« 木の花は | トップページ | 愛着と愛情 »