« 日・中・韓の劣情 | トップページ | 粗雑な安倍流集団的自衛権 »

2013年1月 6日 (日)

原発事故避難者を震災被災者でくくるな

 どーもおかしいな、と思うことは放っておけないから書いておく。この前の選挙でどの候補者も政党も異口同音に公約に入れたのが、「東日本大震災の復興」であり「被災者の救援促進」である。

 救援とか助成、あるいは「絆」などの言葉は、民間のボランティアやNGOがいうのはいいが、福島原発事故で居住地に戻れない人11万人をどうして「大震災の被災者」にしてしまうのだろう。この人たちは地震や津波の自然災害で家に帰れないのではない。

 家や田畑はそのままであっても原発事故による放射能汚染のため避難させられたのだ。この人たちが置かれている状況は、日本国憲法が保障する国民の権利を不法行為により何重にも侵されている。

 国や自治体から助けてもらういわれは全くない。一方、加害者である国・与党による謝罪も聞いたことがない。これだけ法律違反があれば、当然の権利として補償金・罰金・慰謝料の請求ができる。ふたたびいうが「東日本大震災の被災者」とは全く別で、助成を受けて感謝するのではなく、権利として加害者たる政府・原子力村構成者を相手取って訴訟を起こしてもいい案件のはずだ。

 裁判では時間がかかるから、より迅速な措置を取ることが必要だが、福島原発事故を東日本大震災でくくって、自然災害のような言い方をするのは即刻止めにしてほしい。

【憲法の条文】
第17条 何人も、公務員の不法行為により、損害を受けたときは、法律の定めるところにより、国又は公共団体に、その賠償を求めることができる。

第22条 何人も、公共の福祉に反しない限り、居住、移転及び職業選択の自由を有する。

第25条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 ② 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

第27条 すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負う。

第29条 財産権は、これを侵してはならない。

|

« 日・中・韓の劣情 | トップページ | 粗雑な安倍流集団的自衛権 »

石油・エネルギー」カテゴリの記事

コメント

原発事故さえなければ福島県でも地震や津波直後に救助活動が行えて大震災の犠牲者が助かっていた可能性が高い。
現在、被害者遺族など13000人が東京電力を強制捜査するように訴えているのですが、警察も原発位事故発生から2年近く経った今頃やっと捜査するかどうかと、思案しているようですが、1日も早く差し押さえて証拠を保全しないと駄目でしょう。
普通なら口裏合わせをしないように出来る限り早く逮捕する必要もある。

投稿: 宗純 | 2013年1月 7日 (月) 11時30分

東京電力は「謝るのも仕事のうち」とばかり、誠意のない謝罪は何度でも繰り返している。政党や国はそうでないですね。

また、東電はすでに債務超過状態だから本来なら倒産を前にした資産差し押さえが必要なところ。しかし、大口資産だった原発も軒並み負債になってしまった。

今差し押さえをするとすれば、中堅以下の技術員ですね。メーカーや他国に引き抜かれないようしっかりと赤紙を張っておくべきだ。

投稿: ましま | 2013年1月 7日 (月) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48625674

この記事へのトラックバック一覧です: 原発事故避難者を震災被災者でくくるな:

« 日・中・韓の劣情 | トップページ | 粗雑な安倍流集団的自衛権 »