« シェール革命がやってきた | トップページ | 反戦塾乗13/1/24 »

2013年1月22日 (火)

橋下独壇場をどこまで許すのか

 橋下大阪市長が私立桜宮高校の体罰事件に関連して市教育委員会に出席し、彼の一定限度の体罰容認論などから態度を急変させ、入試の中止や教員の総入れ替えなど、彼の言いだしたことを実現するよう圧力を加えました。

 その結果は、委員長自身が「看板架け替え」と言ってる入試方法の変更を短時間で決め、橋下氏は「いい案をだしていただきました」とご満悦です。普通の感覚の持ち主ならとんでもない姑息な「おべんちゃら」決議ですが、それが橋下さんに投票したような人の間では通ってしまう。

 さすがに度重なる朝令暮改に「おかしいんじゃないの」という人も増えてきたようですが決定打にはなりません。日本中がこうなってしまってはたまりません。以下は、文部科学省のホームページから抜粋したものですが、国会進出したら「こんなのやめさせてしまえ」とも言いかねません。「くわばらくわばら」です。

------------------------------------
[教育委員会制度の意義]
   政治的中立性の確保

  ◎  個人の精神的な価値の形成を目指して行われる教育においては、その内容は、中立公正であることは極めて重要。
 このため、教育行政の執行に当たっても、個人的な価値判断や特定の党派的影響力から中立性を確保することが必要。

 継続性、安定性の確保

  ◎  教育は、子どもの健全な成長発達のため、学習期間を通じて一貫した方針の下、安定的に行われることが必要。
 また、教育は、結果が出るまで時間がかかり、その結果も把握しにくい特性から、学校運営の方針変更などの改革・改善は漸進的なものであることが必要。

 地域住民の意向の反映

  ◎  教育は、地域住民にとって身近で関心の高い行政分野であり、専門家のみが担うのではなく、広く地域住民の意向を踏まえて行われることが必要。

[教育委員会制度の特性]
   首長からの独立性

  ◎  行政委員会の一つとして、独立した機関を置き、教育行政を担当させることにより、首長への権限の集中を防止し、中立的・専門的な行政運営を担保。

 合議制

  ◎  多様な属性を持った複数の委員による合議により、様々な意見や立場を集約した中立的な意思決定を行う。

 住民による意思決定(レイマンコントロール)

  ◎  住民が専門的な行政官で構成される事務局を指揮監督する、いわゆるレイマンコントロールの仕組みにより、専門家の判断のみによらない、広く地域住民の意向を反映した教育行政を実現。
----------------------------

|

« シェール革命がやってきた | トップページ | 反戦塾乗13/1/24 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

さすがですね。

これまでもその[教育委員会制度の意義]を愚直に守って真の意味での教育を貫いたおかげで橋下のような首長などにどれだけの貴重な人材がパージされていったのだろうか。

これ以上その[教育委員会制度の意義]無視がつづくのであれば、これからは、「愚直」であればあるほど地域住民の物笑いにされること間違いなし。本村

投稿: 本村安彦 | 2013年1月22日 (火) 14時03分

100パーセントの国民は、公序良俗に基づく国民生活の聖域職=教職=官憲職=公僕の下働きで以って→庶民が自由競争の原理の名の下で得た利益のほとんどを税金●2千万円の退職金として優遇させている。

公僕へ搾取させてはじめて庶民生活自らの自由が得られる。

だから、そんな公僕の身が”ずる”したら許せない。本村

投稿: 本村安彦 | 2013年1月24日 (木) 00時21分

はじめまして
教育関係に少し係わるものです。
橋下君を持ち上げるかの報道にも困ったものですが、一方で彼の言う教育委員会にも困ったものなんです。

どちらも一方的だなと感じます。綱引きと同じで引っ張り合っているだけ

教育委員会もつまりは原発と同じで村を作ってしまい
人の言うことを聞くはずもありません、さまざまな意見を持ってやってきますから一々それらを聞はずはありません。かりにそれが正論でメリットがある話でもです。

一方現場はというとモンスターペアレントはじめ、引きこもり、多くの障害児、膨れる一方の無駄な書類と仕事に忙殺され教師は学校に一日13時間勤務+もち帰り仕事に追われ、何かあれば責任を被せわれます。

さあ市民はといいますと隣の芝生・・教師は給料がよくていい。公務委員は守られていいという。
組合は取ることも出来ない休暇をまだ死守しようとし、その組合は自給千円!と叫びながら自らの組合の職員を維持できなくなり解雇もしくは勤務時間短縮で逃れようとしています。
ではその活動費を他で稼いではどうかと提案しても、私たちの仕事ではないという・・・どれもみんな無茶苦茶

結局誰一人も責任を取りたくない話ではないのでしょうか?
経営者は自分が腹を切らなければならないからそりゃある意味橋下のようになりますよね、合議で会社が持てばいいですがそれは責任逃れにしかなりませんもの。

どちらも視野が狭く、村を作り、他人の話を聞かず、そして責任を取らないのだと痛感いたしております。

長文失礼しました。

投稿: たかし | 2013年1月24日 (木) 09時10分

たかし さま
はじめまして。コメントありがとうございました。

「昔先生をやったことがある」とどこかに書きましたが、ご存知でしょうが「代用教員」というやつで、高卒後無資格でなれたものです。(^-^;

それもわずか数か月、一所懸命に勤めましたが、牧歌的でいい思い出しか残っていません。お話によると大変なようですね。

ご指摘の現象は分かりますが、桜宮だけでなく、また大阪だけでなく全国的な現象なのでしょうか。各界リーダーを含め、小さい時からの自立精神の欠如に目を覆わんばかりです。

そう考えると橋下流は、まだマシだということになるのでしょうか。ただ、橋下に屈服した4人の教育委員とまやかしの入試実施案を一転「よし」と幕引きに走った橋下の不純さは覆うことができないですね。

投稿: ましま | 2013年1月24日 (木) 10時03分

その無責任な4人の教育委員と不純な橋下らを象徴とするたかし氏のおっしゃる大人社会の渦の中にあって、桜宮の8人のキャプテン、生徒のなんと自立していること。

そして、”いんペい”のため、国政政治をバックにした橋下や法曹界の一蓮托生での抑圧をはねのけ、所刑事告訴に踏み切った自立した桜宮の亡き生徒の自立したご両親。

その土壌が、ひとり抗った委員長と、発言を止めない地域住民父兄に垣間見られるのでは。

投稿: 本村安彦 | 2013年1月24日 (木) 11時00分

本村安彦 さま

<桜宮の8人のキャプテン、生徒のなんと自立していること

 彼らについて、尾木なんとかというにやけた感じの教育評論家がTVで「誰かうしろでそそのかしている人がいる」(局やことばは未確認)とコメントしていました。

 仮に、仮に、そうだとしても、そそのかされた内容は彼ら彼女らの心情から出たもので、芝居をうたされたとは思えません。

 こんなのが、現場教師をベースにスタートし時流に乗った「評論家」でマスコミをにぎわしていていいんでしょうか?。

投稿: ましま | 2013年1月24日 (木) 11時30分

ましま 様

その場面、私も見ていました。

そして直ぐ「変質」した、変わったと同時に直感もしました。

TV駆け出しの頃あんなに”庶民派”だったその、尾木なんとかというにやけた彼が”なぜ?”ーと考察をしていましていた。

原因はどうも、彼自身が大阪を知らないーという単なる”無知”のせいだけでもないようです。


貴殿の「ビンタ」ページに書いた:

「http://getnews.jp/archives/244478によると
「【大津いじめ】パフォーマンス捜査? 滋賀県警が強制捜査前に教育委員会へ電話し証拠隠滅の猶予を与えた疑い」-があるらしい」ーそれらを”いんペい”悪用する内閣官房「教育再生会議」の委員に、そうとは知らず急遽抜擢され、”庶民派”から乖離してしまっていった。(今日をもって、その会議が文部省から安部首相の内閣官房へ移された)

ーことと関係があるようです。

どうも、安部首相の内閣官房は彼ら彼女らの心情から出る”自立”が、その大阪の地域住民父兄らが「愚直」に[教育委員会制度の意義]を貫いて醸成、培った結晶であっては困るらしい。

何が何でも児童生徒の心までも”政治家”と”法曹界”が一番、と植え付けなければ気がすまないのでしょうね。きたるべく野心のために。

そこを突かない「評論家」がマスコミをにぎわしていていいはずがありません。

投稿: 本村安彦 | 2013年1月24日 (木) 12時38分

全国でかと言うことなので再びコメントさせて頂きますことご容赦ください。

当然文科省が下ろしてきてそれを県が市町村に下ろす訳ですから全国の現場教師は死ぬような目にあっています。で、これでは駄目だと組合は委員会にあげるが組合の話を聞くほど甘くない。先ほども書いたとおり、その組合は組合員が減るから金がない、考えは変わらずなくなるのを待つばかり。でも声高らかに「仕事を増やせ」と自分たちは作らず上には言います。

そのしわ寄せは現場教師と何より生徒にきます。
しかも、家庭は自分の責任を免れたいから教師のせいにしたいのが殆どで実態です。

今回のことも誠に気の毒な話ではありますが、何も死ぬことはなかったと思うし、そこまでさせた大人の責任は重大です。しかし亡くなった子は帰って来ません。
あとは二度とそのようなことがないように考え行動するべきなのですが・・・・結局ここでも村。
橋下市長も異常ですが、大阪で警察官をやっていた知人に言わすと、毒を持って…でないとあそこは変わらないとも言います。


共産党はじめ組合、組織また、どの議員にも具体的にこうゆうやり方で仕事を増やしたらどうですか?観光客を増やせばどうですか?と提案しても聞く耳など持ってません。聞くは自分の考えに基づいた人が来たときのみです。

共産党が自分たちの考えが間違っていないと思うなら、自分たちが事業を起こし、社員をやしなえばいいのです。そうしたら「なるほどな」とみんな考え出しますよ。それをしないからこちらも口先だけと人は思うだろうし私も思います。
彼だけではなく全てをさらけ出して考えるべきですが、既得権がそうは。させないでしょう


奇しくも矢沢永吉が未だに人気があるのも分かるような気がします。
他人のせいにするな、自分がのし上がるんだ。

確かにそうだと思います。


投稿: たかし | 2013年1月24日 (木) 12時41分

コメントの追加、どうもありがとうございました。

また昔話で……。労組の専従役員もやったこちがあります。総評・同盟・産別のころで、私の所属上部団体は中立労連でした。

その頃の常識しかないので、今が不思議でなりません。さきに「牧歌的」と書きましたが私が若くて無知だったとは思いません。

安倍首相の嫌う「戦後レジューム」の中にあって、貧しくとも社会全体がまだまだ希望に満ちていたと思います。

投稿: ましま | 2013年1月24日 (木) 13時10分

たかし 様
「従う」ことだけを教える今の日本の教育現場の状況。始まりは、ましまさんのいう各家庭内の父性で「うそをついてはいけない」といって厳しく「道徳教育」をされながらも「貧しくとも社会全体がまだまだ希望に満ちていた」時代が去りゆく当時、「道徳教育」という本来家庭内の父性で行うべき分野まで文科省が学校の道徳教育の時間でやるよう勘違いし下ろしてゆき、それを県が市町村に下ろしてゆくように次第になりだした。
以来、父性や母性の意味すらおぼつかないうえ、しかも自分で子どもを持ったことも「うそをついてはいけない」といって死闘の末、みずからサンドバックになり育て上げたことのない全国の若い現場教師は死ぬような目に遭っています。先ずそこに文科省や学校が気づくことです。
「道徳教育」は各家庭内の父性に任せることです。すると、現場教師と生徒も楽になり、家庭は自分の責任を免れられなくなり、することも昔のようになります。
亡くなった子は帰って来ませんが、大人の責任は重大です。昔のように、二度とそのようなことがないようにしましょう!!
大阪で警察官をやっている貴方の知人へも伝えてください。

それと、「共産党」は「公明党」や「自民党」同様、こと既得権に対してはカルト的ですから自分の考えに基づいた人としか心を開きません。また、矢沢永吉は、「自分がのし上がるんだ」と若者へ向かって”自立”のメッセージを放っているのであって、決して大人に向かっていないことも、大阪で警察官をやっている貴方の知人へも伝えてください。本村

投稿: 本村安彦 | 2013年1月24日 (木) 17時34分

昼前、自殺した桜宮高校の2年生への責任は、「桜宮高校全体の父母と選挙権すら未だ満たない生徒にあるんだ」ーと公言してはばからないTV朝日の報道ステーションに顔を出している「石原=安倍=政治=魑魅魍魎」+法曹界=高慢な橋下を見た。

昨年、5人の子を抱えながら、しかも未だ一人たりとも成人させていない未熟の段階で「浮気亭主」であることが発覚した若造橋下は「戦前のように政治、法曹界が教育に介入する」ー趣旨の発言をくりかえしていた。

投稿: 本村安彦 | 2013年1月27日 (日) 12時53分

「若造」というのは、野田・安倍クラスで、橋下は少年に見えます。法曹界も昔のような権威を感じなくなった根本はなんでしょう。

投稿: ましま | 2013年1月27日 (日) 18時06分

各家庭内の父性で「うそをついてはいけない」といって厳しく「道徳教育」をされながらも「貧しくとも社会全体がまだまだ希望に満ちていた」時代が完全に過ぎ去った後、「道徳教育」という本来家庭内の父性で行うべき分野まで文科省が学校の道徳教育の時間でやるよう勘違いし下ろし、それを県が市町村に下ろしてゆくようになってしまってから生まれ育った世代。だから”うそつき”の少年のまま父親になり、弁護士になり、知事になり、市長になり、少年のまま党首になりだした。

以来、父性や母性の意味すらおぼつかないうえ、しかも自分の子どもを未だ「うそをついてはいけない」といって死闘の末、みずからサンドバックになり育て上げたことがない未熟者にもかかわらず、公私共に経験豊富な全国に無数に存在する50~80代の現場、OB教師を侮れる。それが少年である理由です。


 それと、>法曹界も昔のような権威を感じなくなった根本はなんでしょう

ーですが、根本は上記に書いたとおりです。

そしてそれが露見しだしたのは、2011年3,11で発覚した福島であれ沖縄であれ「放射能汚染については汚染防止法」の、「米軍機飛行については航空法」の適用除外地域であったことと、同年8,13のこれ↓

TBS報道特集:『今タブーを破る!>
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:Ra-DvZEGhH8J:enzai.9-11.jp/%3Fp%3D6202+NBC%E9%95%B7%E5%B4%8E%E6%94%BE%E9%80%81%E3%80%80%E5%B0%81%E5%8D%B0%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E6%A0%B8%E3%80%80%E5%8B%95%E7%94%BB&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp

と、その出演者である私の娘をその前日12日に官憲が拉致。そしてその出演者である私本人を大晦日から2012年元旦にかけて誤認逮捕したため、私がその春先から出所するまでの4ヶ月間、拘置所内からあらゆる当局へ手紙を書いたことでゴビンダ プラサド マイナリ 氏の15年にもおよぶレイシズム冤罪の発覚と、パック3沖縄配備と、4月の石原の沖縄に対するレイシズム尖閣購入騒動と、4,27日の出所以来、私がこうやってネットで沖縄法曹界の実態を「愚直」に暴いている最中の「琉球沖縄離脱、独立」の広がりからです。本村

投稿: 本村安彦 | 2013年1月27日 (日) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48882305

この記事へのトラックバック一覧です: 橋下独壇場をどこまで許すのか:

« シェール革命がやってきた | トップページ | 反戦塾乗13/1/24 »