« わが庵は…… | トップページ | 暴力は人間の本性か 1 »

2012年12月17日 (月)

負け組は解党して出直せ

 いやー、ひどい負けっぷりだ。当塾も「身投げ解散」だとか「歴史的惨敗」という言葉を記事で使ってきたが、よもやここまでとは思わなかった。こうなったら思い切って「負けっぷり」をよくすべきだ。民主党の野田代表、早々と辞任を申し出た。

 当然のことながら”立派”と言っておこう。そもそもこの責任の遠因は党分裂にある。その片割れである小沢一郎も同志を50人以上失い6分の1の党にしてしまったのだから当然辞任?、あっもう辞任していたのだっけ。それならば当選したばかりの議員を辞職するしかない。

 「こわし屋」としてこれ以上のこわし方はない。権力に抵抗する姿勢は買っていたが、そのすべも自らが招いた策謀でなくしたのだから、もはや復活の目はないだろう。もうひとり辞職必至の候補がいる。社民党の福島瑞穂だ。ここも衆院半減以下というひどい有様になった。本塾が解党的出直しを主張してからもう何年たつだろうか。

 以上3党は党首が辞任した程度ではおっつかないほどの負けっぷりだ。民主党も連立を組むどころかパーシャル連合するにも相手がいなくなった。早い話、どこからもお呼びがかからないということだ。

 こうなったら、野田後継候補は、脱原発・憲法9条維持・安保見直しを訴える中道左派と、第2自民を進路とする保守回帰をねらう右派が立って雌雄を競い、再分裂または解党に向かうべきだ。そして右傾化に対抗できる新勢力を参院選までに立ち上げる、それしかないだろう。

 あれだけ候補者を立てて、かろうじて1減で抑えられた共産党も負けは負け。解党的出直しをすべきだ。公明党の真似をしろとは言わないが、共通の支持基盤をもちながら、これだけの差がついたことに指導者の責任がないとは言えない。しかし、戦前からの伝統がよりどころの同党には、所詮無理というもの。

 社民党も共産党も、自公だけで改憲の発議ができるようになった、あるいは公明が反対してとしても維新・みんな・その他の改憲勢力があれば可能になるという現実をどうとらえるのか、聞きたいものだ。日本の右傾化の責任は左派にもあるという自覚が必要だ。

|

« わが庵は…… | トップページ | 暴力は人間の本性か 1 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

いまのように、政治の争点がポピュリズムのオンパレードというのでは、次の時代を見据える勢力とはいえず、過去の立ち位置からみた左も右も総じて保守勢力ということではないでしょうか。

こういった閉塞情況の中で革新的な勢力を期待する芽生えが生まれてくるのです。革新的とは言っても全体主義的な政治勢力が台頭する場合もあるので、いまの総保守政治はある意味で全うな情況といえるのかもしれません。

そうなんです、この閉塞情況が長く続けば国家社会主義的な政治勢力がまたぞろ復活してくるのではないかと危惧しています。

投稿: ていわ | 2012年12月17日 (月) 21時04分

ていわ さま
保守といえば、共産党が第一番です。結党以来党名を変えず、マルクス・レーニンから外れないことに専念しすぎて発展しません。

戦後レジュームの脱却を盛んに唱える安倍さんが最も革新的です。国家社会主義的な政治勢力を主導するとすれば石原さんが第一番でしょうね。

保守と革新を逆転して考えることが、今の世にあっているかもしれません。

投稿: ましま | 2012年12月18日 (火) 09時47分

騙されたふりをすれば、自民党と共産党が共に、原子共産主義ということで極めて近いということになりますよね。
そうであるとすれば、自民党と共産党が一緒になるのが好ましいかもしれませんが、だが建設的野党に過ぎない共産党からすれば、迷惑極まりないものでしかありませんよね。
むしろ、自民党と維新の会が一緒になれば、それこそ「反日愛国党」とでも名乗ることにすれば、建設的野党に過ぎないとは言え、共産党にも相手にされないどころか、幾らでも馬鹿にされることになるしか無いのは、自明のことでしか無いし、アメリカや中国をはじめとする全人類にとっての大敵であることに変わり無いと同時に、まともな日本国民全体にとっての大敵であるというのが真実として見れば、何とも皮肉なこととしか言い様がありませんよね。
それこそ、中国の反日活動家やイスラエルで言えば、イスラム原理主義ハマスに置き換えれば、イスラエル軍を中国の人民解放軍に置き換えれば、尖閣諸島付近で物騒なことにでもなれば、沖縄県ならびに台湾が、イスラエルのガザ地区などに居住するパレスチナ住民の皆様と同じ目に遭うことにでもなれば、まともな日本国民ならびに中国国民からすれば、もう此れ程悲しいことは無いと同時に、お互いに何の国益にもならないし、アメリカにとっても何の国益にもならないことを思えば、とんだ邪魔な存在以外の何ものでもございませんよね。
そうであれば、今度はまともな日本国民の方が、幾らでも騙されたふりをすることで、反日愛国党に過ぎない連中に対して、物凄い怒りをぶつけて、崩壊させ、日本から追い出すことで、全人類から邪魔されることが無い様に、何処か人目のつかないところで、そっと静かに幸せに暮らして下さい、と言ってあげて送り出してあげるようにすることで、喜んで弱体化させ、そっと静かに生きて行くことで、誰もが損することも無く、誰もが得することだけをすることで、幾らでも身を縮めて、ひっそりと生きて行くことだけを誇りとして、対米従属からそっと静かに離れて、これを乗り越えて行くことで、喜んで二流国や三旒国に転落してあげることで、ひっそりと自立して生きてくことができれば、それで良いのでは無いでしょうか。

投稿: asa | 2012年12月19日 (水) 19時56分

いつも視覚を変えた長文のコメントありがとうございます。

日本は「かしこく」有らねばならぬのに「幼稚」であることをもって「よし」とする国になってしまいました。

しかし「かしこい」人は少数にしろなきにしもあらず。それに期待しましょう。

投稿: ましま | 2012年12月20日 (木) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48354320

この記事へのトラックバック一覧です: 負け組は解党して出直せ:

» アフガニスタンには一体何人のアメリカ軍兵士が、一体いつまで駐留するのか? [マスコミに載らない海外記事]
ボリス・ヴォルホンスキー Voice of RussiaとStop NATO 2012年12月13日 訪問と議論された話題によって、かって発表されていた、アフガニスタンからのアメリカ軍兵士の“完全撤退”は、そもそもの始めから、だまされやすいアメリカ国民専用の情報だったことに疑問の余地は無くなった。 一つ念頭に置くべきこ... [続きを読む]

受信: 2012年12月17日 (月) 16時27分

« わが庵は…… | トップページ | 暴力は人間の本性か 1 »