« 暴力は人間の本性か 1 | トップページ | 不気味な都市伝説 »

2012年12月18日 (火)

暴力は人間の本性か 2

 前回予告した通り、「毎日新聞」(12/12/16朝刊)に載った京都大教授・山極寿一氏のコラム”:「暴力で平和維持」の誤解”を紹介します。それだけなら同紙電子版にリンクを張れば済むことですが、人類の歴史に関する目新しい知見が含まれており、いずれネットから消されても塾の教材として使えるよう、紹介文としました。

 氏は最初に、このたびEUがノーベル平和賞を受けたことと、3年前にオバマ米大統領が同じ平和賞を受賞したことについて、力の信奉者であることに変わりなく不当であると主張します。たしかにEUに加盟している各国はボスニア紛争やアフガン戦争などに派兵しています。

 理屈を言うようですが、これはNATOや有志国の一員として参加しているので、EUに責任があるわけではありません。また、オバマのアフガン撤兵も完成しておらず、アルカイダやイランを敵視した政策が続いていることも事実です。

 この点、塾頭とは考えが違います。ノーベル平和賞は他の科学・技術などの貢献に対する賞と違って、平和に向けた長い過程の中で、有意義な行為があったことを奨励する目的で与えられるものだと思います。

 ことに、欧州共同体発足の前に欧州一体化を望む数世紀にわたる歴史があり、戦争を起こす根を絶とうとした発足当時のことは、すでに歴史として風化しかねないところもあります。その点、経済危機に見舞われているこの機に受賞を決めた意義はあると思います。

 つづいて本論に入ります。「人類は長い進化の歴史の中で狩猟者として成功し、獲物を捕らえるために用いた武器を人間へ向けることによって戦いの幕を開けた。戦うことは人間の本性であり、社会の秩序は戦いによって作られてきた」とする考え方が紹介されます。

 これは、南アフリカで人類の古い化石を発見したレイモンド・ダートによって第二次世界大戦後に提唱されました。ところがその後明らかになった科学的事実は、この考えとは全く違うことがわかりました。

 人類は狩猟者ではなく、つい最近まで肉食獣に狩られる存在だったということです。人間に近縁な霊長類が群れを作る理由は、食物を効率よく採集するためと、捕食者から身を守るためということがわかってきたのです。ダートが主張した人類化石の頭骨についた傷は、人類によるものではなく、ヒョウに殺された痕だと判明したのです。

 ゴリラは、オス同士の衝突で力の弱いメスや子どもが仲裁をするのだそうです。決して力で屈服を強いているとはいえません。人間が同種の仲間に武器を向けたのは約1万年前に農耕が始まってからのようです。

 日本でも縄文時代は平和で武器を持って争うことはなかったとされています。これは、人類の進化700万年のごく最近のことに過ぎないわけで、戦争が人間の本性などとはとても言えないと氏は指摘します。

 そして、戦争が政治と切っても切れない関係があることについて、「人間の仲間を思いやる気持ちと、仲間のために尽くしたいと思う強い願望なのである。戦争という手段はその意識を高め、仲間の結束を促すからこそ政治の格好の手段となる」と分析しました。

 そして氏は最後を次のように締めくくりました。

 今、日本では近隣諸国とのトラブル防止のために武力増強が必要との声が高まりつつある。アメリカの強大な武力を傘にしなければ国土を守れないという声も強まっている。しかし、人間以外の動物は同種の仲間の争いを力で抑えたりはしない。ベトナム、イラク、アフガンなどアメリカの武力介入を受け入れた諸国が幸福になった例はない。日本が武力を強めていく将来に私は強く異を唱えたい。世界はそろそろ暴力とは別の手段を採用して紛争を解決すべきなのだ。現代の科学による正しい人間の理解がその先鞭(せんべん)をつける必要がある。これからの日本の政治はその範となることができると私は信じている。

|

« 暴力は人間の本性か 1 | トップページ | 不気味な都市伝説 »

戦争とは」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48373891

この記事へのトラックバック一覧です: 暴力は人間の本性か 2:

» 野田佳彦(玉砕)自爆解散、史上最低の投票率と日本の右傾化 [逝きし世の面影]
『祝!破廉恥な民主党の大敗』日本として恥ずかしい2011年12月16日  民主党自爆解散の投票日の16日とは、なんと去年の野田佳彦の民主党政権により溶け落ちたウラン燃料が何処にあるか誰にも分からない福島第一原発を『事故そのものは収束に至った』と宣言、...... [続きを読む]

受信: 2012年12月19日 (水) 10時47分

» ダーウィンの『人類の進化』(人間の由来と性淘汰) [逝きし世の面影]
150年前の1859年、『種の起源』(On the Origin of Species)がチャールズ・R. ダーウィンにより刊行され、『ヒトも動物の種のひとつであり偶然と必然が生んだ』とする科学側と『ヒトは神に寵愛されたヒエラルキーの最上位の存在である』とする宗教界との間で神学論...... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 14時40分

» ダーウィンの『人類の進化』と日本国憲法9条 [逝きし世の面影]
『我々は何処から来たのか、我々は何者か、我々は何処に行くのか』 最近のミトコンドリアDNAの分析によると、現生人類(ホモ・サピエンス)の『単一起源』が正しいと考えられ、同時代に同じ地域に生息していた異人種であるネアンデルタール人と現生人類との混血はおきて...... [続きを読む]

受信: 2012年12月20日 (木) 16時53分

» 【東京】猪瀬都知事「橋下氏の発言は多くの女性の名誉や尊厳を傷つけた」 [【2chまとめ】ニュース速報+]
1 :そーきそばΦ ★:2013/05/15(水) 19:23:07.06 ID:???0  日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長が、旧日本軍の慰安婦を必要だったと発言した問題で、東京都の猪瀬直樹知事は15日、記者団に対し、発言内容...... [続きを読む]

受信: 2013年5月16日 (木) 02時02分

« 暴力は人間の本性か 1 | トップページ | 不気味な都市伝説 »