« 暴力は人間の本性か 2 | トップページ | 9条、瀕死ですよ! »

2012年12月20日 (木)

不気味な都市伝説

 古代マヤ文明の暦に基づく世界の終末がいよいよ明日(21日)に迫ったということで、中国では騒ぎがひろがっているらしく、それを先導する者約1000人が拘束など処分を受けているという。

 「開けてないなあ」と笑い飛ばすのは簡単だが、塾頭は小学生のころ「赤マント」という得体の知れない怪物が、学校のトイレに現れ、子供の血を吸うという都市伝説がはやったことを思い出した。

 先週はどこどこの小学校に現れ、昨日はどこどこ、いよいよここに近づいてきた。現れるのは明日かも知れない、などのうわさがまことしやかに伝播した。塾頭はその翌年転校しているので、昭和14年のことだということがはっきり言える。

 日本軍は中国で釘づけになったまま、ソ連やアメリカとも対立が激化し、インフレが進行する一方「国民精神総動員」などで窮乏生活をしいられ、国民の「もやもや」感が鬱積していた時期だ。

 この2年後に太平洋戦争に火がついた。幕末、「空からお札が降ってきた。今日はここ、昨日はどこで……」などの風説が広がり、「いいじゃないか」で乱舞するお伊勢参り(今でいえばデモ行進だ)で街道が溢れた、という事実がある。

 こういった一種の都市伝説は、なにか大きな社会変動の前兆のような気がしないでもない。中国の太平天国、朝鮮の東学党の乱など、社会を変革するきっかけの源泉に、なにがしかの信仰や口コミによる伝説が作用していたことは疑えない。

 中国政府が警戒をあらわにする理由がそこあるのだ。そういった意味からしても「都市伝説」などといって一笑にふせないものがあるような気がする。

|

« 暴力は人間の本性か 2 | トップページ | 9条、瀕死ですよ! »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

「野田を緊急逮捕憲法70条総理罷免せよ! 」

ショックドクトリンと言えば常に流血の戦争である。
日本で9条破壊派の安倍が大勝したことでシリアの自衛隊にいつジャッカルが攻撃をかけても不思議は無い程ショックドクトリンの危機がかつて無いまでに高まっている。

ただちに野田を逮捕して総理罷免し、シリアの自衛隊に憲法違反の戦闘地域から即時武装解除撤収帰国するよう総理代行に命令を出させねばならないことは云うまでも無い。

投稿: 通りがけ | 2012年12月21日 (金) 08時01分

シリア撤退は、自衛隊員の安全が保てないから、を理由にするつもりのようだが、そんなことが恐ろしいような自衛隊なら解散した方がいい。

撤退しないと、戦闘勢力の一方に加担することになるから、なら国連の立場ということで理由は立ちそうだけど……。

投稿: ましま | 2012年12月21日 (金) 09時25分

幕末の「空からお札が降ってきた」なんて風説について、思わずノストラダムスの大予言の「空から恐怖の大王が降ってくる」というのがあったのを思い出してしまいました。
ただこれだけなら、単なるお笑い話で済ませられるのですが、この恐怖の大王というのが、あの中曽根大震災により、大量に撒き散らかせた放射能に置き換えれると、それが変な風評被害に繋がり、最大の被害者であるはずの福島県民へのとんだ差別に繋がり、脱原発に向けてのデモ活動に対する物凄い抵抗により、結局は原発を手放すことで、全人類の大敵にされて見捨てられたくない原発推進利権共同体勢力を利することに繋がってしまう動きになっているとすれば、世界的に見れば、聞いて呆れるどころでは無く、日本人としては此れ程恥ずかしいものは無いと同時に、此れ程悲しいことはございませんよね。
今回の総選挙の結果については、民主党が惨敗したこと自体は、野田総理が自ら選択した運命でしか無いことは間違い無いのですが、だが自民党や維新の会というのは、「反日愛国党」に過ぎない身勝手なタカ派勢力ということで共通している存在でしか無いということも真実として見れば、自民党に政権を与える動きになってしまったことに対しては、何とも言えない不気味さを感じざるを得ないのでは無いかとつくづく感じますね。
ところで、韓国では初めての女性大統領が誕生したことについては、日本でも、女性天皇や女性首相が誕生することになっても構わないのでは無いかとつくづく感じますね。
ただ女性天皇に関しては、女性宮家の問題と同様に、あくまでも日本の皇室に関わる問題であり、最終的には、私たち日本国民の象徴である天皇陛下が決めるべき問題であるので、国民としては勝手に議論できるもんだではないので何とも言えませんが、女性首相については、それこそ日本未来の党を中心とする脱原発勢力が一つにまとまり、それこそ小沢一郎あたりを幕末の勝海舟にでも置き換えれば、安倍晋三を徳川慶喜にして、私たち日本国民が上手く騙されたふりをすることで、韓国の女性大統領を幕末のファーストレディーと言われた「天璋院篤姫」となって頂くというのは如何でしょうか。
そうすることで、自民党ならびに維新の会の「反日愛国党」を滅亡させて、脱原発により、身勝手な原発推進の利権共同体を粉々に崩壊させることで、日本は幾らでも弱体化させて、地球市民社会の中にひっそりと埋没させることで、それで日本で女性首相が誕生すれば、今度は、中国に対して喜んで反面教師となってあげることで、韓国の歴史ドラマの中の「淑賓崔氏」を見習って、上手く騙されたふりをして、「手にした権力は手段と方法を選んで使うべき」ということも見習って、グローバル競争には幾らでも喜んで一人負けして、譲ってあげるところは幾らでも喜んで譲ってあげることで、地位も名誉も一切失っても構わないのだし、国民全体としても、こんな身勝手な共同体なんか、ウチとソトから幾らでも崩壊させてしまうことで、国境の壁を幾らでも低くすることで、開かれた島国となって、人間の命を大切にするだけの尊い外交手段に活かして行くことで、清貧な二流国に転落していくことで、二度と近隣諸国にご迷惑をお掛けすることなく、世界への影響力を小さくして行く変わりに、世界的な経済危機などによる影響も受けることが無い様に、また変な戦争に巻き込まれることも無く、地球環境全体に恩返しすることだけを誇りとして、ただひっそりと静かに生きて行くことで、対米従属からそっと静かに離れて、これを乗り越え、日本の国益がアメリカの国益になると同時に中国の国益にもなり、ロシアの国益にもなり、韓国の国益にもなり、北朝鮮をはじめ、世界中の全ての国益に叶うことが出来る心豊かな外国展開に繋げて行くことが出来れば、韓国に対しては、日本が反面教師になってあげることもなく、むしろ、北朝鮮に対して良いお手本として示してあげることができる様に、これと同じことをすることで、「脱日本型思考のすすめ」という電子テキストの最後ではありませんが、アメリカと中国を相手にしたタレイラン的外交に活かして行くことで、中国に対しては、今度は日本が逆手に取って、上手く騙されたふりをして良いお手本として示してあげることができる様になれば、むしろ、何も悪いことでは無いし、此れ程喜ばしいことは無いし、これが世界的に高く評価されることによって、アメリカ国内における99%の非富裕層の皆様の利益に繋がるし、多くのまともな中国国民の皆様の利益にも繋がるし、全人類が無欲化し、先進国の地位が低下する反面で、多くの途上国の地位が相対的に向上することに繋がって、貧富の格差の縮小を齎し、それにより、誰もが損することも無く、誰もが得することが出来て、共に世界経済を支え合い、助け合い、分かち合いながら、国際社会の平和と安定に繋がり、共に幸せに暮らすことができる様になれば、此れ程素晴らしいことは無いのでは無いでしょうか。

投稿: asa | 2012年12月28日 (金) 00時40分

大論文ですねえ(笑)。
日本はもっとまともな目で世界を見なければならないと思います。維新の会などという狭窄症の人がもてはやされていますが、維新直後の政権幹部・閣僚たちは西郷隆盛を留守番にして何か月も外国を見て回り、外交交渉にもあたった。

今よりみんな賢く、開けてましたね。それを解明といいます。当時「ご一新」という言葉はよく使われたが「維新」を使う人は珍しかった。

投稿: ましま | 2012年12月28日 (金) 10時41分

初めまして御免下さい。
10月中旬に、昭和14年2月に東京で流行が始まったとの随筆を目にしたことをきっかけに「赤マント」について調べておる者です。
目下、関西での流行状況について調べ始めたところです。その際に困るのは、体験した方の年齢と学年が確定出来ないことです。
そこで、差し支えなければ、ましま様の学年(昭和13年4月入学か、昭和14年4月入学か、なお差し支えなければ生年月日)と、具体的な地名・学校名をご教示下さいませんでしょうか。
大阪では、どうやら昭和14年の夏休み前が「赤マント」の最盛期だったようで、昭和13年度末には一息ついたらしい(完全に終息した訳ではありませんが)東京とは時差があります。ですから、さらに体験者の学年、それから体験した場所など細部がはっきりしないことには、貴重な証言も十分活用出来ないのです。

都知事に国会と大いに揉めている最中にこんなのんきな調べ物をしていて良いのかと思うのですが、直接体験を語っている方に伺う機会がありませんので、不躾な申し条ながら宜しくお計らい下さいますようお願い申し上げます。

投稿: samatsutei | 2013年12月 7日 (土) 23時54分

大昔の墓をやぶ蚊にさされながら調べた体験がありますが、大変ですね。

お答え

13年春入学、学校は兵庫県武庫郡大庄村・村立大庄尋常高等小学校です。転校先は、隣の校区ですが町村合併があって尼崎市立西小学校、後に同国民学校と改称。校舎も新しくその頃は話も自然消滅したようです。

生年月日は個人情報で特定秘密にしておきます(笑)。
特定秘密……だったかどうか。枚方の陸軍弾薬庫大爆発(天皇行幸妨害のためのテロ)というのも当時はやった秘密でした。

投稿: ましま | 2013年12月 8日 (日) 08時08分

ましま様
早速の御返事有難うございます。御著書のAmazonページの「著者略歴」から、兵庫県での御体験なのだと推察しておりましたがやはり阪神間でしたか。私も3年ですが阪神間に住んだことがあり、但し山の方、阪急沿線だったので大庄小・西小の辺りは行ったことはありませんが、全く知らぬ土地でもありません。

13年春に大庄小学校入学、2年生の14年に「赤マント」、そして15年(3年生?)に西小学校(Wikipediaによると開校当初は「大庄村立第二尋常小学校」、国民学校令を受けて「大庄村立大庄第二国民学校」、尼崎市に編入されて「尼崎市立西国民学校」と改称しているようです)転校ということで宜しいでしょうか? この当時の大庄村は急速に人口増加していますね。

禁野火薬庫爆発はテロでしたか……でも今でも何かあると「テロではない」と発表しますものね。今月中に取締当局関係資料に当たるつもりなので、気を付けて見て置きます。今月中に関西での赤マント流行についても見当を付けているところを調べ、来月にはブログにアップするつもりです。その際にはこちらの記事を紹介(言及・引用)したく存じます。その折にでも、また改めて御挨拶申し上げます。

投稿: samatsutei | 2013年12月 8日 (日) 18時18分

学校名は古いことなので忘れましたがWikipediaでいいのでしょう。両校とも阪神武庫川駅が近いのですが、その後競艇場の駅ができてそこから数分から10分で行けるようです。

当時は、海岸部が火力発電、石油工場などで埋め尽くされ、武庫川対岸には川西飛行機など軍需産業もあってスパイ警戒など防諜をうるさく言われました。阪急は宝塚まで高速バスがあり、夢の楽園のようでした。

投稿: ましま | 2013年12月 8日 (日) 19時40分

その後御無沙汰しております。

本日、漸くましま様の赤マント体験についての紹介記事を上げました。予定では大阪での新聞も総浚えしてから紹介するつもりだったのですが思うに任せません。
訂正を要する箇所等ございましたら遠慮なく御指摘下さい。

投稿: samatsutei | 2014年2月 4日 (火) 20時01分

Web拝見しました。不思議な事件ですね。

「血がべっとり付いていた」などとの話もあったので、もしかして教えていない「初経」が関係しているのかな、などと思ったりしています。

投稿: ましま | 2014年2月 5日 (水) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48399317

この記事へのトラックバック一覧です: 不気味な都市伝説:

« 暴力は人間の本性か 2 | トップページ | 9条、瀕死ですよ! »