« ちょっと騒ぎ過ぎ | トップページ | 負け組は解党して出直せ »

2012年12月14日 (金)

わが庵は……

わが庵(いほ)は 都のたつみ しかぞすむ
     世をうぢ山と 人はいふなり

                  【古今和歌集】

Photo 《解釈》私の庵は都の東南にあって、このように(平穏に)暮らしてい
 る。(それなのに)、世を憂いて逃れ住んでいる宇治(憂し)山だと、
 人は言っているようだ。

 ちなみに、我が家は、都のうしとら(憂しとら)、しもうさ(しも憂さ)の国である。隣の市では、高放射能焼却灰の置き場がなく、いまだに困っている。平穏に暮らせるのはいつの日か、まだ時間がかかりそう。

|

« ちょっと騒ぎ過ぎ | トップページ | 負け組は解党して出直せ »

エッセイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48324101

この記事へのトラックバック一覧です: わが庵は……:

» 猪瀬都知事(仮)+安倍政権=尖閣諸島沖海戦? [虹色オリハルコン]
金曜日の東京新聞・本音のコラムは、元外務省主任分析官佐藤優氏。 今日の、「都知事選と沖縄」と題されたコラムは、都知事候補の猪瀬直樹氏の近著を紹介していたのだけれど。 猪瀬氏が当選した場合、6年前の「きっこのブログ」じゃないけれど、日本と中国の戦争が誘導さ...... [続きを読む]

受信: 2012年12月14日 (金) 17時58分

« ちょっと騒ぎ過ぎ | トップページ | 負け組は解党して出直せ »