« 集団的自衛権は過去のもの | トップページ | 天皇と沖縄と政治 »

2012年12月25日 (火)

海江田新代表に思う&追記

 「参院選で議員を増やすことが難しくとも、せめて減り方をできるだけ少なくする……」記者会見でこんな要旨の決意表明をしたようだが、なんと気弱な、と思ってしまう。

 たとえそうであっても「増やしてみせます」と強い態度を持ち続けて、ようやくその程度にとどまることができる。経済のベテランとしてアベノミクスへの批判を強めていくそうだが、国民は景気の回復を願って変化を求めているのだ。経済や金融政策論争をしてもどちらが正しいなどわからない。

 馬淵候補と違って、外交・原発など安倍政権との違いに言及し、野党として追及する姿勢を示した。しかし、触れる程度にとどまり具体的な中身はない。また、憲法・安保問題はついに耳にすることがきなかった。

 当塾が懸念するように、これでは改憲阻止勢力を結集するのは難しそうだ。当面公明党に期待し、維新の会などの瓦解を待つしかないのかなあというところか。天気予報ではこの冬寒波が続く。海江田がだめでも夏の参院選に向けて細野、菅、輿石、長妻、生方あたりのヒートアップに期待したい。

 追記 海江田代表は、25日夜のNHK番組で連携相手として維新の会・みんなをあげた。参院選では選挙協力も、というありさまだ。衆院選では敵対政党として両党と戦ったのではないか。

 全く何を考えているのかわからない。これでは民主党を支持政党からはずすことも視野に入れなくてはならない。

|

« 集団的自衛権は過去のもの | トップページ | 天皇と沖縄と政治 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/48465250

この記事へのトラックバック一覧です: 海江田新代表に思う&追記:

« 集団的自衛権は過去のもの | トップページ | 天皇と沖縄と政治 »