« 小沢強制起訴2審も無罪 | トップページ | 老子の訓え »

2012年11月14日 (水)

身投げ解散

 まさかと思っていた「身投げ解散」が本当になってしまった。自壊作用もあって第一党から転落するのは確実である。あとは、この(身投げ)解散に反対する民主党議員がどういう行動に出るかである。

 選択肢は、そのまま野田民主党と運命を共にし、自民党の腰巾着政党に甘んじるか、党を割って出るかである。後者の場合、首相の辞任後新代表、たとえば細野政調会長などで衣替えをした上、というシナリオは”解散”でなくなったためである。

 そうすると、脱党者が続出してさみだれ的に新党の門を叩くか、団結して分裂新党を急造するかの二つに分かれる。その核になる人物がいるのかどうか、輿石幹事長、鳩山・菅両首相経験者それに前回の代表選で野田対抗馬になった人たちはどう動くのか。

 その新党は、冷や飯を食っている自民党のリベラル議員や生活が第一を中心とする各党、それに社民党まで含めて連携が取れるような党にならないと、いわゆる第三極に位負けする。しかしそのためには、これまでに相当準備が進んでいるという前提がなければならない。

 当塾は相当前からそれを示唆してきた。中道という言葉が出てきてやや気を持たせる場面もあったが主導者がなく具体化しない。「暴走老人」のせめて3分の1であってもいいから、そういう蛮勇の振える人がいればいいと思うのだが、やや悲観的である。

|

« 小沢強制起訴2審も無罪 | トップページ | 老子の訓え »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

野田総理による今回の衆議院解散についてなのですが、むしろ来年の参院選を意識したのではないのでしょうか。

というのは、このまま解散せずに任期満了まで持っていっても、民主党が勝てるとは到底考えにくい。それどころか、与党で迎える来年の参院選でも大敗しかねない。それだったら、早々と解散に打って出て、選挙に負けたうえで、来年の参院選には野党で迎えた方が、勝機があると見たのではないでしょうか。仮にこのまま自民党や維新の会が政権を取ったとしてもそれらがうまく政権をやれるとも限らないし。

・・・といっても、このまま脱党者が続出するようだと、それも難しいですが。

投稿: Luca. | 2012年11月16日 (金) 20時58分

Luca さま
コメントありがとうございました。

そういう説がありますねえ。しかしちょっと無理なのではないでしょうか。

来年の参院選は、07年に民主党が自民党を上回り第一党を獲得した時の議員が改選されるわけで、仮に善戦したとしても非改選議員とのトータルで議席が目減りすることが避けられそうもありません。

また、新たな「ねじれ」が生じるようなことを国民が望むとは思われないという点もあります。

投稿: ましま | 2012年11月16日 (金) 21時44分

野田総理は、結局のところは、騙されたふりをして、自民党と共に崩壊するのを覚悟の上で解散するしかなくなったということになるのでは無いでしょうか。
野田総理は、消費税増税で自民党や公明党と組んで、また、中国との関係に勝手に火をつけた石原慎太郎の仕出かした騒動に油を注ぐような真似を仕出かしたのだから、アメリカや中国からすれば、たまったものでは無いし、まともな日本国民からすれば、こうなったのも野田総理が自ら選択した運命でしか無いのだし、自ら身を滅ぼすことで、その代償を払って頂くしかございませんよね。
自民党にしてみれば、小泉暴政を繰り返し、野田暴政に加担しようとしたというのが真実だとすれば、ただ違うのは、小泉暴政の時には与党であったものが、今回は野党になっただけのことですよね。
ということは自民党が与党になれば、今度は維新の会や慎太郎と組んで安倍暴政を仕出かそうと企んでいるのだとすれば、まともな日本国民からすれば、騙されたふりをして、こうしたところには絶対に騙されてはなりませんし、一切相手にせず、安倍総裁には、本当の意味での自民党最後の総裁ということで歴史に名を残し、そっと静かに滅び去って頂くしかございませんよね。
民主党については、騙されたふりをして、民主党を乗っ取った松下政経塾をはじめ、使い物にならない間抜け議員の皆様は落選させることになれば、何とか生き残る道は開かれても良いのでは無いでしょうか。
公明党に関しては、どうぞご自由に、ということで構わないし、それこそ共産党を見習って、建設的野党として何とか生き残る道が開かれれば、それで良いだけのことですよね。
とすれば、小沢総理を誕生させて、脱原発、消費税増税廃止、脱経済成長により日本を幾らでも小国化することで、世界の中でそっと静かに幸せに暮らせる社会に変えて行くことが出来れば、それが何よりのことでは無いでしょうか。
それが返って、日本の国益にもなると同時に、アメリカの国益にもなるし、中国の国益にもなるのなら、韓国や北朝鮮、ロシアにとっての国益にも繋がるばかりでなく、アジア太平洋地域全体に留まることなく、全世界中に拡大して行くことで、全人類が一つの絆となって、世界経済を共に支え合い、助け合い、分かち合いながら、共に幸せに暮らして参りましょう、ということに繋がって行くことで、国際社会全体の平和と安定に繋がって行くことで、日本がこの中にそっと静かに埋没して行くことになれば、此れ程喜ばしいことは無いのでは無いでしょうか。

投稿: asa | 2012年11月16日 (金) 22時27分

asa さま
野田さん、このところひとりで粋がっています。石原太陽党は大爆発してもうなくなった。平沼さんは内心どうでしょう。見事にだまされましたね。

日替わりメニューの政界にはほとほと愛想が尽きます。

投稿: ましま | 2012年11月17日 (土) 08時03分

選挙の結果いかんによっては“出戻り議員”というのも、選挙終了後に起きそうな気がします。
昔あった「新自由クラブ」のように、郵政民営化反対して戻った議員たちのように、要するに落選したらただの人を皆避けたいだけです。

ただ、それも一概に否定もできないのが政界の難解な一面でしょう

投稿: 玉井人ひろた | 2012年11月17日 (土) 16時58分

石破さんも河野洋平さんも幹事長や衆院議長まではいけましたが、「出戻り」では、総裁までは行けないということになるのでしょうか。

出たり入ったりまた出たりという忙しさですが、小沢一郎先生は「出戻り」だけはないようですね。いま気が付きました。

投稿: ましま | 2012年11月19日 (月) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/47844534

この記事へのトラックバック一覧です: 身投げ解散:

» 恐怖の店じまい「在庫売り尽くしバーゲン」狂牛病肉の規制緩和と人権擁護法の閣議決定 [逝きし世の面影]
『前代未聞の予告解散』 勝負事では共通する原則ですが、相手の意表を突くからこちら側の勝目が増す。 普通事前の情報漏れは最大のタブーなので、今度のようにマスコミが先導すると逆に解散風は遠ざかる。 ところが野田佳彦は読売とか産経に情報を1週間も前にリークす...... [続きを読む]

受信: 2012年11月15日 (木) 14時00分

» 自民も民主もTPP参加表明の選挙戦に 山田正彦氏TPP反対で新党結成表明 [Dendrodium]
山田元農相が民主離党表明 2議員も届け出 2012年11月15日 14時02分  民主党の山田正彦元農相(長崎3区)は15日、都内で記者団に、離党する意向を明らかにした。富岡芳忠衆院議員(比例北関東)と山崎...... [続きを読む]

受信: 2012年11月15日 (木) 14時41分

» アメリカ大統領選挙とシリア [マスコミに載らない海外記事]
Thierry Meyssan 2012年11月16日 Information Clearing House アメリカ大統領選挙を世界で最も強力な民主主義の活力の更なる証明だとして、西欧や湾岸のマスコミは讃美した。これと対照的に、年頭その全く同じマスコミ連中が、シリアの国民投票と議会選挙を茶番と表現し、独裁制打倒を呼び... [続きを読む]

受信: 2012年11月17日 (土) 20時33分

« 小沢強制起訴2審も無罪 | トップページ | 老子の訓え »