« アメリカからの発信 | トップページ | 大きい国と美しい国 »

2012年11月21日 (水)

最大の争点から逃げるな

 塾頭が「放っておけない――言わねばならぬ」と思っていたことを、「日本が危ない!」のmewさまが絶妙な時期・表現で取り上げられました。無断使用でごめんなさいですがこのように書いておられます。

最初に、mewが、問題にしたいことが一つある。
 それは、大手のTV、新聞の大多数が、今回の衆院選の争点を「消費税、TPP、原発」の3つにしぼるような形で、選挙に関する報道を行なっていることだ。(・・)

 次の政権をとる可能性が高い安倍自民党が、本当は最も重視している「戦後レジームからの脱却」=「憲法改正」「集団的自衛権の容認」「教育再生(mew的には教育改悪)」の話が、全くと言っていいほど出て来ないのである。(@@)

中略

 mewは、このまま国民が、安倍自民党が行なおうとしている国政の本質を理解or意識しないままに、<集団的自衛権や教育再生の内容など「???」のままに>、自民党に投票するかも知れない人がいるかも知れないことに、大きな危惧感を覚えている。(-"-)

 民主党は来週中にもマニフェストを完成させるそうですが、前にも書いた通り民主党が惨敗をすこしでも食い止めるためには、自民党との違い、争点を明瞭で誰にでもわかるように大きく訴えなければなりません。

 党員の意見を聞いて細野政調会長が明瞭に訴えようとすると、だれかが「首相の真意?」などを注進してあいまいな表現に変えさせようとし、それでは野党と戦えないという声があってまた修正するなど、民主党らしさが満開です。前に「どじょうの頭は左へ左へ」という題の記事を書きましたが、元来右傾の癖がついている首相の頭は、このところ「頭は右へ左へ」の毎日のようです。

 mewさまのおっしゃるように、マスコミは”故意”と思えるほど憲法・安保を避けているように思えます。しかし最大の責任者はやはり民主党です。塾頭は、安全保障に関しせめて下記の程度のことは書いてほしいと思ってます。しかしこれを採用したら、最大の読売新聞や右派の産経新聞の反民主キャンペーンが生じるのは確実でそれを恐れているのでしょうか?。

 新聞は権力の監視役ですが、政治家が新聞の奴隷になった例は聞きません。対抗紙である朝日・毎日の奮起が望まれるところです。

■当塾が民主党に望む争点

①9条の精神を変える憲法改正はしません。
その特長は
 ・改正を全面的に否定しているわけではない
 ・自民党改正案反対(自衛隊を軍隊にしない)

②専守防衛と自衛権の定義を明確化します。
 ・非核3原則、武器輸出禁止3原則の撤廃に歯止め
 ・集団的自衛権の拡大解釈に歯止め
 ・日本の領域外での武力行使禁止(米軍の日本発進についての事前協議強化)
 ・以上により、自衛隊が国民の安全のために必要不可欠で、憲法に反しないことを宣言

③日米安保条約を堅持するため、地位協定の見直し、米軍基地の縮小(特に辺野古の建設、オスプレー配備の再検討)に向けた努力をします。
 ・必要に応じ、自衛隊の増強・装備の充実も考える

|

« アメリカからの発信 | トップページ | 大きい国と美しい国 »

安保」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

コメント

反自民なのはともかく、反日組織・民主党の政権を願うとか日本人と思えない。死ねよ。

投稿: 名無しさん | 2012年11月25日 (日) 21時56分

岡田克也をはじめ、民主党議員は朝鮮人ばかりですよ。

投稿: tete | 2012年11月25日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/47919215

この記事へのトラックバック一覧です: 最大の争点から逃げるな:

» 橋下徹 維新議員は「一期限り」(腰掛け仕事)を明言 [逝きし世の面影]
『たった数%だった石原慎太郎「太陽の党」の政党支持率』 日本中のマスコミが異口同音に、さも国民的人気があるかのように大宣伝した(都知事を突然辞職した)石原慎太郎の国政進出(新党結成)であるが、本人の『首相を目指す』との大言壮語とは違い現実の世論調査の...... [続きを読む]

受信: 2012年11月21日 (水) 10時20分

» 傀儡国家アメリカ [マスコミに載らない海外記事]
Paul Craig Roberts 2012年11月19日 アメリカ合州国政府とその臣民は、アメリカは“世界唯一の超大国だと考えている”。しかし、政府丸ごと、そして大多数の臣民、とりわけ福音派教会信者達がイスラエル首相の足元にひれ伏している国が、一体どうして超大国で有り得ようか? 中東における自らの外交政策を決定する... [続きを読む]

受信: 2012年11月21日 (水) 14時35分

» TPPに暴走する野田&TPPに揺れる安倍+米財の圧力&党内の抵抗 [日本がアブナイ!]
  これは11月20日、2本めの記事です。 頑張ろう、東日本&ニッポン!一歩一歩、前進を。o(^-^)o  よろしければ、1日1回、2つのランキングの応援クリックをしてくださいませ。m(__)m  昨日、小沢一郎氏の無罪判決が確定して、チョット安堵感から気が抜けてしまったところがあるmewなのだが。_(。。)_  でも、衆院選までは、頑張らなくっちゃだわ。o(^-^)o   最初に、mewが、問題にしたいことが一つある。  それは、大手のTV、新聞の大... [続きを読む]

受信: 2012年11月22日 (木) 04時29分

» クリントン、アメリカのグローバル経済攻勢概要を説明 [マスコミに載らない海外記事]
wsws.org Peter Symonds 2012年11月22日 先週土曜日、シンガポール経営大学で行われた、ほとんど報道されていない講演で、米国のヒラリー・クリントン国務長官は、アジアのみならず対世界的アメリカ経済攻勢の概要を説明した。 オバマ大統領の東南アジア訪問前に演説して、クリントンはこう宣言した。“[アジ... [続きを読む]

受信: 2012年11月23日 (金) 22時25分

» 延期 [つぶやき古道(コミチ)]
選挙の話しばかりで、影が薄れてしまった感じの領土問題ですが、韓国が応じないため日本政府が単独での提訴の準備を終えていた「竹島」について、提訴するかどうかの判断は今回の衆議院選挙の終了後にすることが決ま... [続きを読む]

受信: 2012年11月26日 (月) 21時56分

« アメリカからの発信 | トップページ | 大きい国と美しい国 »