« 過則勿憚改 | トップページ | 身投げ解散 »

2012年11月13日 (火)

小沢強制起訴2審も無罪

 当塾は、小沢一郎氏の政治手法やその時々で違う政策の立て方に信じきれないところがあり、これまで支持したことはない。しかし、西松建設の裏金問題で始まったいわゆる小沢疑惑には最初から疑念を抱いていた。

 「小沢さんは品行方正で、お金に対してもきれい」などとは一度も思ったことがない。彼が若い頃、「政治家としてはまだ雑巾がけが足りない」などという言葉が通用していた。つまり、座敷に上がる前に、汚い仕事つらい仕事がこなせるようになっていなければいけない、ということだ。

 金集め、票集め、違法すれすれのことをしても結果が出せれば良しとする風潮だ。これは政界だけでなく、コンプライアンスなどという言葉のない実業の世界にもある程度常識だった。小沢はそんな中で育っており、秘書も同様であろう。

 ところが小沢の政界での師である田中角栄、金丸信が相次いで金権問題で法の裁きを受けることになった。小沢は一度も欠かさず法廷を傍聴したという。司法試験に挑戦したことのある彼は何が危険かそうでないかにつてい人一倍神経を使っていたはずである。

 秘書にもそれは通じているだろう。しかし、検察は予期していない収支報告書の不実記載というからめ手からはいり、遂に彼の政治生活を頓挫させることに成功した。検察が政治の金権体質を追求するのは当然である。しかし、一政治家の活動を長期間制約し事実上政治生命を奪うことと、捜索や容疑内容とでは著しくバランスを欠く。

 塾頭は、そのアンバランスに不純な動機がないかが一番気にかかる。小沢がどうのこうのではなく、日本の憲政を危うくする一連の動きだからだ。これに対して大手マスコミの動きはにぶい、というより官僚依存、権力迎合から抜け出せない実態が今日13日の大手各社社説から見てとれるのである。

【各社社説タイトル(部分)】カッコ内は塾頭寸評

朝日 政治とカネいつまで
    (使い古しキャッチフレーズいつまで)
読売 検察審制度の見直しは早計だ
    (リークでお世話になっているし)
毎日 「秘書任せ」ゆえの無罪
    (常套句。秘書も無罪になるかもよ)
産経 政治責任は変らず重い
    (なんだか朝日に似ているね)

(頑張っているのが)
日経 強制起訴見直しを迫る
東京 検察の”闇”を調べよ

|

« 過則勿憚改 | トップページ | 身投げ解散 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/47827275

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢強制起訴2審も無罪:

» 小沢一郎氏無罪判決獲得 [Dendrodium]
 陸山会事件:小沢氏、2審も無罪…東京高裁判決 毎日新聞 2012年11月12日 10時33分 資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡り、政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた「国民の生活が第一」代表、...... [続きを読む]

受信: 2012年11月13日 (火) 15時33分

« 過則勿憚改 | トップページ | 身投げ解散 »