« オバマ勝利と日本外交 | トップページ | 過則勿憚改 »

2012年11月10日 (土)

野田さんはTPPに反対らしい

 どうもよくわからない。民主党内閣はTPP加入を選挙の争点にするのだそうだ。そんなのは争点にならないでしょ。農業従事者は反対で米倉経団連などは賛成というが、一般国民はなにがどうなるのかさっぱりわからない。

 政府でさえ交渉が始まっていないので中身がわからないものを、国民がどうして判断しなければならないのか。民主党の中でも農水大臣をやった山田さんをはじめ、確信的な反対者がいる。そういった人たちは集団脱党を考えるだろう。

 そんなことで解散をしたら、それこそ塾頭のいう「身投げ解散」となり、見るも無残な惨敗に甘んじることになる。だから自民中心の右派政権が生まれ、争点に上げたTPPは棚上げ凍結となる。野田さんの狙いはそれなのか。

 身投げ解散というより「自爆解散」をした首相として、歴史にその名を残すおつもりとしか思えない。とにかく訳が分からないことが多い。

|

« オバマ勝利と日本外交 | トップページ | 過則勿憚改 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

ジャーナリストのあの「池上章氏」はずっと以前から「日本は‘TPP’に参加すべきである。国際競争力に欠ける日本農業こそTPPに参加しその力を強めなければ、農業は消滅するであろう」と言う内容の本を出版しています

投稿: 玉井人ひろた | 2012年11月10日 (土) 22時09分

追伸

「TPP」の話しで良かったんですよね

投稿: 玉井人ひろた | 2012年11月10日 (土) 22時11分

 自由市場主義経済と農業は両立しない,という結論を出せる経済学者はいないのですか?

投稿: 弥勒魁 | 2012年11月11日 (日) 01時42分

玉井ひろた さま
弥勒魁 さま

コメントありがとうございました。
TPP、問題の間口が広くてわからないのです。

賛成論の中で気になるのは、「バスに乗り遅れるな」や「寄らば大樹」の安易につく官僚精神です。

反対論で気になるのは農業の米作農家の厚い保護を利権と考えることですが、牧畜・食材・林業その他日本固有の自然・文化をどう守るかの議論が不十分です。

自由市場といっても、アメリカが得意とする金融市場の自由が吹き荒れたときどうなるのかもわかりません。それぞれの狭い範囲の利害で賛成・反対をいうのはどうかな?という気分です。

投稿: ましま | 2012年11月11日 (日) 08時00分

 昔は冬に麦を作っていましたので雲雀がたくさんいました。今は,冬の田はほったらかしで,雲雀など影も形もありません。日本の国土は,冬にも立派な食糧を生産できるのに,自由市場主義経済のため,膨大な耕作放棄地を生んでいます。これはオカシイ,と思うセンスが必要なのではありませんか?
 この前,どこのTV局だったか,リビア出身のローマ皇帝セヴェルス(在位193-211)の伝記を放映していましたが,この時代のリビアはローマ帝国の穀蔵だったのですね。しかも,その首都の遺跡は永い間砂漠の砂の下に埋もれていたのですと,今のままだと日本の農村もそうなるのでは?

投稿: 弥勒魁 | 2012年11月11日 (日) 08時59分

誠に恐れ入りますcoldsweats01

環太平洋パートナーシップ協定交渉=「TPP」で間違いないようなので・・・
改めて記事中の「PTT」は勘違いなされている略称かと存じますが、いかがでしょう?

投稿: 玉井人ひろた | 2012年11月11日 (日) 09時31分

玉井人ひろた さま
ご注意ありがとうございました。

どうしたことでしょう。PTTと書いてもTPPと読んでしまい、以前の投稿でも間違っていません。これは勘違いではなく、悪い指癖がついたためですね。

ご注意重ねてお礼します。気をつけます。

投稿: ましま | 2012年11月11日 (日) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/47793421

この記事へのトラックバック一覧です: 野田さんはTPPに反対らしい:

« オバマ勝利と日本外交 | トップページ | 過則勿憚改 »