« 熱い夏でした。 | トップページ | 越後に前期古墳 »

2012年9月 6日 (木)

尖閣さわぎ…、やっぱり!

 こんな滑稽なオチはそうざらにない。『太陽の季節』でデビューし国際的な買い物失敗でその名を残す。見栄えを気にする石原慎太郎知事にはなんとも気の毒な顛末になってしまった。結局、固執した海難避難施設などの要望は容れられないまま、尖閣3島は20億5000万円で国が買うことになったらしい。

 当ブログが7、8月の2度にわたって書いた「お騒がせマン、石原都知事」http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-ebc8.html
http://hansenjuku.cocolog-nifty.com/blog/2012/07/post-ce60.html
そのままで、騒ぎはまだ続く。政府の見積もりで、5億がいいところとしていたのが、寄付を14億も集めてしまったので価格はスルスルッと急上昇、20億円超は売主が負っている債務(根抵当権)解消に必要という噂まで立つようになった。

 結局”カネ”だったのだ。集まった寄付金はどうするのだろう。国に譲渡するというが、高い買い物を押し付けられた国へのお詫びのしるしでは、寄付者が納得できない。「よきに計らえ」では、猪瀬さんもたまったものではない。

 このお騒がせマンに加担しているのが中国政権だ。明治時代に国有地だった物件を個人が事業目的で買い取り、いまは国に賃貸しているのだから不要になれば国が買収するというのは、ごく自然だ。

 それを「国有化は認められない」などと騒ぎ立て、かつては、民間の日本人がここで仕事をしていたことを中国人にPRするような効果が出てしまった。中国国内の反対運動も、かつて竹のカーテンと呼ばれていた情報管理が、レースのカーテン程度になったらしい。

 しかし、日本大使の乗用車から日の丸の小旗をもぎ取ったという事件の犯人についての報道だが、最初盛んに報道されていたニセ・ナンバープレートがプッツリ報道されなくなり、偶発的行動(矛盾しますね)と変るなど、大本営発表も心もとない。

 庶民には手の届かない高級車を使っての犯行に、最初から「これはウラがあるぞ」と思っていたが、中国市民にしてみれば、そんなのは「想定の範囲」ということらしい。そこが「レースのカーテン」の「レースのカーテン」たるゆえんである。以下、毎日新聞(9/6)のコラム「木語」から引用する。

 日本の大使公用車を襲った男たちを、北京市公安当局が行政拘留処分などにした。

 不思議なことに、処分された人物像が曖昧模糊(もこ)としている。白いBMWに乗った郭という男(23)、夏という男(25)。銀色のアウディの劉という男(27)。いずれも職業が明らかではない。

 中国には郭や劉という姓の男は大勢いるから、隠しているのと同じことだ。本当に実在の人物ではなく、処分をしたという書類の上にだけ存在する人物ではないかと中国人なら考えるだろう。

(中略) 

 郭という男らが当局に身柄拘束された8月29日、北京の日本大使館前で20人ほどの反日デモがあった。

 香港紙「明報」ネット版で記事と写真を見た。中国旗の小旗を手にしているが、活動家ではない。普段着姿の老若男女。路地裏から出てきたような、生活臭の漂う集団だ。

 「ある人は『日本のやり方に腹を立てた』と言ったが、ある人は『警察にデモに行くよう強制された』と言った」と写真説明にあった。

.郭という男らの支援に警察関係者が動いているらしい。

 同じころ「騰訊網(とうじんもう)」というポータルサイトが調査をしたところ、大使車襲撃を「良いこと」とした回答が82%だった。日本のメディアは、ネットで反日世論が高まったと受け止めているが、中国の庶民なら「また五毛党がかせいだ」と思うだろう。

 中国のインターネット界には「五毛党」と呼ばれる人々がいる。治安当局に都合のいい書き込みをすると1回につき5毛(約6円)の手当が出るという。数をこなせばお茶代になる。82%という数字の裏には、「良い」と書けという当局の指示があるはずだ。

 最近、白いBMWやフェラーリに乗った青年が交通警察の取り締まりで言う決まり文句がある。「おれのパパは××だ」。××は地元の高官である。

 もし、郭という男がこのフレーズを使っていたら、××次第では治安当局は捜査どころかお世話しなくてはならない。当局が隠したいのは男の名前より、パパの名前ではないか。そう考えるのが普通の中国人だろう。(金子秀敏専門編集委員)

|

« 熱い夏でした。 | トップページ | 越後に前期古墳 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/46969315

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣さわぎ…、やっぱり!:

« 熱い夏でした。 | トップページ | 越後に前期古墳 »