« 越後に前期古墳 | トップページ | 土佐藩と維新の会 »

2012年9月10日 (月)

日本の政治と飛鳥川

  世中は何か常なる飛鳥川
  昨日の淵ぞ今日は瀬になる
                          (古今和歌集)

 こう詠むむと、日本の美しい自然風景として眼に浮かべることができる。しかし、政治では全くそうはいかぬ。国民の暮らしも命もなんとはなく不安にさらされかねないからだ。

 民主・自民の代表・総裁選の候補が大体決まったようだ。自民が石破・安倍・石原・町村・林で、谷垣現総裁は派閥の長から疎んじられ候補から降ろされた。彼としては野党総裁として限度ぎりぎりの仕事をしてきたつもりがある。無念さは察して余りがある。

 同じ執行部にいてこれを支えた石原だが、明智光秀に見なされ、これが人気のかせとなるだろう。メディアでは石破が地方票を集めて有利だと見る。軍事オタクで強力な日米連合軍を夢見る石破に、9条改憲が「美しい国」と映ずる安倍が組んで2位連合をねらうとされる。

 しかし石破が1位となったらそれはないし、個別政策の違いもあって総選挙後に安倍と維新の会との連携が実効を現すという場面も考えづらい。石破が総裁になったらむしろ町村や他派閥との接近をはかるのではないか。林芳正は参院山口選挙区で、かつて当塾が応援した戸倉多香子の政敵であったことしか知らない。

 民主の方は、野田のほかに原口・鹿野・赤松の計4人である。野田が圧倒的に有力視されているが、仮に過半数の票が取れなかった場合、他の3人のアンチ野田が鮮明で2位候補に票が集まる可能性がある。

 鹿野・赤松は出身が自民・社会とま反対だが、憲法9条改正やTPPに消極的な点は共通しており、代表選の政策論争で脱原発への対応が争点化し、谷垣不出馬で一体改革の行方があいまいになったりすると、菅グループからも2位に票が行くことが考えられる。

 仮に民主の方もトップが変わるなどの事態が起きれば「飛鳥川」、景色は全く違ったものになって、流れの方向も川筋も全く予測のつかない姿になるだろう。

|

« 越後に前期古墳 | トップページ | 土佐藩と維新の会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

レベルの低い下世話な話題で申し訳ないのですが、石原伸晃の眉毛の位置が可笑しいと思いませんか。
眉毛の形ですが骨の位置と一致している筈なのですが、彼だけは一致していないのですよ。
ヤンキーでもない役者でもない普通の男で、しかも政治家で眉毛の形を変えているのは石原伸晃一人ですよ。
石原伸晃ですが別名ジジイ殺しの異名が有り仲間内では信頼されていないが長老には人気がある。
政治家としての言動がえらく軽いのですね。その意味では長老としては使い勝手が良いのでしょう。
北海道の高速道路は自動車よりクマが走っていると世間に向かってお馬鹿発言してしまい、鈴木宗男に噛み付かれて弱っていましたね。

投稿: 宗純 | 2012年9月11日 (火) 14時32分

前からどことなくちぐはぐな顔だなあと思っていたがそういえば……。おやじ同様目の付けどころを誤り、やたらに言動が空を切っているような感じです。

投稿: ましま | 2012年9月11日 (火) 20時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/468248/47023334

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の政治と飛鳥川:

« 越後に前期古墳 | トップページ | 土佐藩と維新の会 »